« なまず唐揚げ150円 … 立ち飲み「いこい本店」(赤羽) | トップページ | 店情報: 大衆酒場「いごっそ」(小山) »

おばんざいで鳳凰美田 … おばんざいと酒処「夕凪(ゆうなぎ)」(小山)

おばんざい3点盛り

 

 小山(栃木県)に到着し、ホテルに荷物を置くやいなや、さっそくAさんと出かけたのが、おばんざいと酒処「夕凪」である。

 この店には、昨年5月に、やはりAさんと二人で初訪問した。

 残念ながら、昨年、カウンターの中で頑張っていたトミーさんの姿は見えず、ホールをニコニコと仕切っていた沖縄出身のおねえさんもいらっしゃらないようだ。

 まずは地元・小山の地酒「鳳凰美田ほうおうびでん(純米吟醸酒)」(900円)をもらって乾杯すると、すぐに出された「お通し」(290円)は漬物の盛り合せである。

 店名の前に『おばんざいと酒処』と書かれているとおり、日替りの『おばんざい』が、この店の売りのようだ。

 今日は「きんぴらゴボウ」(480円)、「明太ポテピッザ」(780円)、「ミックスピッザ」(780円)、「おつまみ玉こんにゃく」(380円)、「うな肝串」(380円)、「ままん家のとん汁」(500円)、「小松菜のしぐれ和え」(480円)、「ほっこり肉じゃが」(680円)、「自家製チャーシュー」(780円)、「ポテトサラダ」(480円)、「さっぱりあさづけ」(480円)、「小山和牛ステーキ串」(1,200円)といった『おばんざい』が、手書きメニューに書き出されている。

 この『おばんざい』、単品で注文するほか、お店にお任せの「今日のおばんざい3点盛り」(1,380円)、「今日のおばんざい5点盛り」(2,140円)も注文することができる。

 「今日のおばんざい3点盛り」をお願いすると、今宵のお任せ3点は、「小松菜のしぐれ和え」、「ほっこり肉じゃが」、「きんぴらゴボウ」だった。

 3品を単品で注文した場合の合計金額は1,640円なので、盛り合わせにすると240円(約16%)お得ってことですね。

 この店のメニューには、その『おばんざい』について、『四季折々の素材を使って作る京都の家庭料理のことをいいます。お惣菜といった意味です』と説明されている。

 こうして『おばんざい』が前面に押し出されているような感はあるが、入口近くには「夕凪の絶品!人気メニュー(グランドメニュー)」というボードも出されている。

 それによると、「No.1 海鮮メンチカツ」(340円)、「No.2 〆さばファイヤー」(780円)、「No.3 昔ながらのポテトサラダ」(480円)、「No.4 本場のゴーヤーちゃんぷるー」(680円)、「No.5 地鶏の唐揚げ(岩手のさいさいどり)」(680円)の5品が、人気ベスト5なんだそうな。

 これらはグランドメニューなので、いつでもあるようです。(詳細なメニューは公式サイトに載ってます。)

 「鳳凰美田」に続く2杯めとして、Aさんは「抹茶ハイ」(500円)を、私は芋焼酎「海」(500円)をロックでいただいた。

 2時間近く楽しんで、今夜のお勘定は2人で4,760円(ひとり当たり2,380円)でした。どうもごちそうさま。

Img_6562b Img_6560b Img_6553b
「夕凪」 / 入口は2階 / 今夜のおばんざい

Img_6554b Img_6555b Img_6557ab
お通し(漬物) / 鳳凰美田 / ほっこり肉じゃが

Img_6557bb Img_6558cb Img_6559b
きんぴらゴボウ / 小松菜のしぐれ和え / 芋焼酎「海」ロック

店情報前回

《令和元(2019)年5月21日(火)の記録》

|

« なまず唐揚げ150円 … 立ち飲み「いこい本店」(赤羽) | トップページ | 店情報: 大衆酒場「いごっそ」(小山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なまず唐揚げ150円 … 立ち飲み「いこい本店」(赤羽) | トップページ | 店情報: 大衆酒場「いごっそ」(小山) »