« 日本で4年後の誕生日 … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) | トップページ | 夏を迎えてきざみ穴子 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

おつまみサイズのピザ … 炭火串焼「テング酒場」(麹町)

チーズピザ

 

 「テング酒場」の『手伸ばしピザ』。

 大きさは両手で輪を作ったぐらいと小ぶりなんだけど、これが酒のつまみとしてはちょうどいいのだ。

 このピザ、「パルマ産生ハムピザ」(390円、価格はすべて税別表記)、「ガーリックペペロン風ピザ」(290円)、「ソーセージとベーコンのピザ」(490円)、「4種のチーズを使ったトマトソースピザ」(320円)と4種類あって、値段もまた、おつまみ価格なのがうれしいところ。

 今日は「4種のチーズを使ったトマトソースピザ」を注文した。

 月曜日の今日は、仕事帰りに「テング酒場」。

 まずは「ホッピーセット(白)」(390円)をもらって乾杯し、つまみは定番の「もつ煮豆腐」(360円)、「カシューナッツ」(290円)、「しゅうまい」(1個130円)の他、サラダ代わりに「オニオンスライス」(190円)ももらった。

 「中(焼酎60ml)」(210円)をおかわりしつつ、2巡めは「砂肝」(1本90円)、「豚レバー」(1本80円)、「はつ」(1本80円)に、「手作り牛たんメンチカツ」(1個220円)を注文した。

 串焼きは、「テング酒場」の看板メニューだけに、もつ焼き専門店じゃないにしては意外と(失礼!)美味しいのだ。値段も安いし。

 3巡めは初めての「あつあつ水餃子」。5個(340円)、10個(620円)、20個(1,100円)が選べるところ、今日は10個をいただいた。

 メニューには『自社工場で豚肉をミンチし、包んだ自家製餃子を使用しています。皮をツルッともっちり仕上げました。にんにくを使用しておりません』と書かれている。

 さらに「新らっきょう漬け」(320円)と「ポテトフライ(ガーリックバター付)」(290円)も追加して、ホッピーをグイグイと飲み進める。

 「テング酒場」には、〆の食事ものも種類が多い。

 「昔ながらの炒飯」(390円)や「鶏スープ雑炊」(290円)、「鶏釜飯」(390円)、「おにぎり」(1個150円)、「焼きおにぎり」(1個150円)、「ソース焼きそば」(390円)、「鶏だしラーメン」(小290円、大390円)などなど。

 どれにしようか、とちょっとだけ迷って、決めたのが冒頭でご紹介した「4種のチーズを使ったトマトソースピザ」だったのでした。

 そして最後は「きなこバニラアイス」(240円)で〆。

 ホッピーは二人でソト3・ナカ9。お勘定は7,395円(ひとり当たり3,698円)でした。

 どうもごちそうさま。

Img_7487a Img_7490a Img_7491a
ホッピー / オニオンスライス / もつ煮豆腐

Img_7493a Img_7496a Img_7498a
カシューナッツ / しゅうまい2個 / ナカおかわり

Img_7500a Img_7501a Img_7503a
ハツ、豚レバ / 砂肝 / 手作り牛たんメンチカツ

Img_7504a Img_7509a Img_7510a
新らっきょう漬け / あつあつ水餃子 / 酢醤油でいただく

Img_7512a Img_7516a Img_7518a
ポテトフライ / 4種のチーズピザ / きなこバニラアイス

店情報前回

《令和元(2019)年6月24日(月)の記録》

|

« 日本で4年後の誕生日 … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) | トップページ | 夏を迎えてきざみ穴子 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本で4年後の誕生日 … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) | トップページ | 夏を迎えてきざみ穴子 … 立呑み「やきや」(荻窪) »