« 旬モノ・水ナスお刺身 … やきとん「たつや」(沼袋) | トップページ | イカとんびありますよ … 立呑み「やきや」(荻窪) »

また1軒、名店の灯が … もつ焼「ホルモン」(沼袋)

コブクロちょい焼き

 

 沼袋のもつ焼きの名店、「ホルモン」が2019年6月21日(金)をもって閉店する。

『閉店のお知らせ』
 平素よりお引き立ていただきありがとうございます。
 突然ですが、6月21日をもちまして、お店を閉店させていただきます。
 昭和38年、東京オリンピックの年にオープンしてから、親子二代にわたってご愛顧を賜りましてありがとうございました。
 心から御礼申し上げます。
ホルモン 店主

 店頭にはそんな張り紙が出されている。

 店主が膝を悪くされて、手術をされることになったそうで、術後のリハビリなども含めると2~3ヶ月かかりそうとのこと。

 確たる後継者もいらっしゃらなかったこともあり、このタイミングでお店を閉める決心をされたそうだ。

 ここ数年、名酒場の閉店が続いているが、また1軒、名店の灯が消える。

 木場きばの名店「河本」も、7月いっぱいで営業を終えるとのこと。

 両店の閉店は残念でならない。

 「ホルモン」に私が初めて来たのは平成13(2001)年8月のこと

 そのときは、現在の店主とともに、先代の女将さん(店主のお母さん)も働いておられた。

 それ以来、18年。店主が同郷(愛媛県出身)ということもあって、この店には本当にお世話になった。

 閉店が決まっている店は、いつもとは違うお客さんたちも集まって来て、普段とは違う酒場の雰囲気になってしまうため、あまり行かないようにしている。

 それ以前の、普段営業のときの自然な姿を、心の中に留めておきたいからだ。

 でもここ「ホルモン」には、どうしてももう1度、来ておきたかった。

 実は「たつや」の前に、「ホルモン」をのぞいてみたんだけれど、そのときはびっしりと満席。このところずっと、こんな状態が続いているとのことだった。

 そこで「たつや」を出た後、午後8時前に、改めて「ホルモン」にやってきた次第。

 今度は、かろうじて1席が空いていて、そこに滑り込むことができた。

 この時間帯の店内には、常連さんたちの姿も多くて安心した。

 「焼酎」(250円)をもらって、まずは「煮込」(350円)と「おしんこ」(120円)をもらう。

 この店に来たら、「ちょい焼き」(レバ、コブクロ、各1本130円)を食べねば。

 「ちょい焼き」という名のとおり、豚の生食禁止より前は、本当にちょい焼きで出してくれていた。

 今も、その頃のままの名称が使われているが、その実態は「よく焼き」で、味付(生姜醤油しょうがじょうゆ+刻みねぎ)だけが以前と変わらない。

 残念ながらレバはすでに売り切れていたので、「ちょい焼きコブクロ」を2本、焼いてもらった。

 そして「焼酎」もおかわりし、梅割りにしていただく。

 「ホルモン」系の各店(現在でも残っているのは練馬の「金ちゃん」ぐらいか)の特徴のひとつが、焼き台に続く二の字の平行カウンターの存在と、ちょっと醤油の味が効いた濃厚なタレだろう。

 もつ焼きのネタで、この店ならではのものが、「おっぱい」「あぶら」「ひら」(各120円)である。

 早い時間から大勢のお客さんたちでにぎわったため、色んな部位が売り切れていて、「おっぱい」「あぶら」「ひら」の中で残っているのは「ひら」だけだった。

 その「ひら」を1本、タレで焼いてもらって〆とした。

 1時間半ほどの「ホルモン」。お勘定は1,350円でした。どうもごちそうさま。

Img_7297b Img_7286b Img_7287b
もつ焼「ホルモン」 / 閉店のお知らせ / にぎわう店内

Img_7273b Img_7276b Img_7293b
焼酎 / おしんこ / ひら(タレ)

Img_7289b Img_7290b Img_7278b
もつ焼きメニュー / サイドメニュー / 飲みものメニュー

店情報前回

《令和元(2019)年6月17日(月)の記録》

|

« 旬モノ・水ナスお刺身 … やきとん「たつや」(沼袋) | トップページ | イカとんびありますよ … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旬モノ・水ナスお刺身 … やきとん「たつや」(沼袋) | トップページ | イカとんびありますよ … 立呑み「やきや」(荻窪) »