« 宿題だったAセットを … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) | トップページ | 八戸に着いて青森定食 … いかめしや「烹鱗(ほうりん)」(八戸) »

〔コラム〕初めての佐世保から長崎へ

「ささの離」

 初めての佐世保の夜。ひとりで呑みに出かけたのは、佐世保駅からほど近いところにある「ささのはなれ」である。

白すりみ揚げ

 長崎に来たらこれ! 「白すりみ揚げ」(520円)だ。

 すりみ揚げというのは、その名のとおり魚のすり身を団子状にして揚げたもの。ここのは、練りものとして最高級のエソを使っているそうだ。

鯛の塩辛と麦焼酎

 「鯛のあら煮」(680円)にするか、「鯛の塩辛」(390円)にするか、ちょっと迷って塩辛を選択。それに合わせて、地元・長崎の麦焼酎「壱岐スーパーゴールド」(370円)をロックでもらう。

 この「鯛の塩辛」が驚くほどうまい。大当たりだなぁ。思わず麦ロックもおかわりした。

佐世保港の客船

 帰り道に佐世保港に出てみると、中国からの客船が停泊していた。

 客船は、朝やって来て、昼間は佐世保港に停泊し、夜になると次の寄港地に向けて出発する。

 乗客が寝てる間に移動してしまうので、朝起きると、また別の土地にいる。それが客船の大きな楽しみなのだ。

 見た目も美しいよねぇ!

「大善」

 佐世保2日めの昼食は、佐世保駅のすぐ横にある、長崎ちゃんぽんの「大善」にやって来た。

 「大善」の目の前には、同じく長崎ちゃんぽんの「香蘭」があって、しのぎを削っているらしい。(→参考となるブログ

 両店が開いていたら、大いにい悩むところだったかもしれないが、「香蘭」は今日は休業日。迷うことなく「大善」に入った。

ちゃんぽん(並盛)

 そして基本の「ちゃんぽん」(750円)を注文。

 「ちゃんぽん」は、+50円で玉子入り、+150円でカキ入りになるほか、「大盛ちゃんぽん」(950円)、「特上ちゃんぽん」(1,050円)もある。

 『当店の特上はけっこう大盛りになります』という注意書きがあるのが面白い。

 今や、日本中どこでも食べることができる「ちゃんぽん」だけれど、長崎で食べると、なんだか違って感じるんだよなぁ。ここの「ちゃんぽん」も美味しいや。

「吉宗」の茶碗むし

 3日めは長崎市に移動して、昼食は「吉宗よっそう 本店」で、名物の茶碗蒸しである。

 ここの茶碗蒸しは、茶碗むしと蒸寿しが一対となった夫婦蒸し。この「御一人前(茶碗むし・蒸寿し揃)」が1,350円だ。

 2階の広々とした座敷の造りもいいね!

アオリイカの姿造り

 長崎での最後の夜は「雑魚屋ざこや 長崎思案橋店」で、アオリイカの姿造りなどをつまみに、大いに飲んだ。

 いろいろと美味しいものが多くていいね、長崎県!

《令和元(2019)年7月15日(月)~17日(水)の記録》

|

« 宿題だったAセットを … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) | トップページ | 八戸に着いて青森定食 … いかめしや「烹鱗(ほうりん)」(八戸) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宿題だったAセットを … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) | トップページ | 八戸に着いて青森定食 … いかめしや「烹鱗(ほうりん)」(八戸) »