« イカとんびありますよ … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 日本で4年後の誕生日 … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) »

学芸大学前から歩いて … 「牛太郎(ぎゅうたろう)」(武蔵小山)

ガツ酢

 

 学芸大学駅(東急東横線)近くでの仕事を終えたのは午後3時半。

 さぁ、どうする。

 祐天寺「ばん」、中目黒「ばん」の開店時刻は午後4時。中目黒「藤八」は午後5時だ。

 店に着いても、ちょっと待つ感じだなぁ。

 おっ!

 「牛太郎」があるではないか。

 幸い学芸大学駅から、「牛太郎」のある武蔵小山駅までの3分の1ぐらいの地点にいるので、歩いてもあと20分ほどで「牛太郎」に到着することができそうだ。

 さっそく同行のMさん、Tさんとともに、武蔵小山駅に向かって歩き始めた。私以外のお二人にとっては、初の「牛太郎」である。

 ほぼ予定どおりの午後3時50分に店に到着。

 入口引き戸を開けて、『席は空いてるかな?』と店内をのぞくと、なんとコの字カウンター右手で飲んでいるのは、森一起さんだ!

 森さんにご挨拶をして、我われ3人は、空いていたカウンター左手側に入った。

 まずは「ホッピー(白)」(390円)をもらって乾杯し、つまみは名物の「とんちゃん」(120円)、「ガツ酢」(120円)、「煮込」(120円)と、Mさんご希望の「オニオンスライス」(100円)でスタートする。

 いつものことながら、この価格が素晴らしいよねぇ。

 しかもこれが美味うまいんだから言うことなし。まさに『働く人の酒場』。看板に偽りなしだ!

 働く呑兵衛たちは、基本的に安い酒場にしかいかないけれど、味にはすごく敏感。

 安くても不味まずい酒場には、呑兵衛は絶対に寄り付かない。

 呑兵衛たちの間で流行はやっている大衆酒場は、必ず安くて美味いのだ。

 ナカ(おかわり焼酎)をもらいつつ、「ポテトサラダ」(120円)と「おしんこ」(90円)も追加する。今の季節の「おしんこ」はキュウリだ。

 白ホッピーのソトが無くなったあと、今度は「ホッピー(黒)」(390円)をもらって、つまみはいよいよ「もつ焼」(100円)に突入だ。

 「もつ焼」は、「かしら」、「しろ」、「がつ」、「はつ」、「こぶくろ」、「てっぽう」、「なんこつ」、「レバー」、「たん」の9種類。

 同行者の中に、レバーが苦手という方もいたので、「しろ」「かしら」「はつ」を、それぞれ3本ずつと、「にらキムチ」(120円)をいただいた。

 そこへやって来たのは、地元在住の東京自由人・小西康隆さんだ。ご無沙汰しております!

 ゆっくりと2時間ちょっと楽しんで、お勘定は3人で4,440円(ひとり当たり1,480円)でした。どうもごちそうさま。

Img_7309a Img_7310a Img_7311a
ホッピー(白) / オニオンスライス / 煮込

Img_7312a Img_7314a Img_7315aa
ガツ酢 / とんちゃん / ポテトサラダ

Img_7315ba Img_7316a Img_7317a
おしんこ(キュウリ) / ホッピー(黒) / しろ3本

Img_7318a Img_7319a Img_7321a
かしら3本 / はつ3本 / にらキムチ

Img_7322a Img_7324a Img_7323a
あぶら / 森さん、小西さんと / 「牛太郎」

店情報前回

《令和元(2019)年6月20日(木)の記録》

|

« イカとんびありますよ … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 日本で4年後の誕生日 … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イカとんびありますよ … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 日本で4年後の誕生日 … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) »