« しめさばはサバ半身分 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 白菜漬物で冷酒を一杯 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

フォアグラに魅かれて … ビストロ「樽や(たるや)」(神田)

フォアグラコロッケ

 

 先日、初めて注文して、そのあまりの旨さに魅了されまくった「フォアグラのクリームコロッケ」(1個700円)。

 今日はその「フォアグラのクリームコロッケ」を主目的に、同僚のAさんと二人でビストロ「樽や」にやって来た。

 「二人です。予約してないけど入れますか?」と店に入ると、「あらあら。いらっしゃい」と女将さんが笑顔で迎え入れてくれて、「お二階にどうぞ」と案内してくれた。

 ここ「樽や」は、山手線のガード下にあるんだけど、他の多くの店と同じように2階がある。

 というか、厨房やトイレなどがある1階には8人ぐらいしか座れなくて、客席の主要な部分は2階なのだ。

 そんな2階は、うなぎの寝床のように細長い造りで、その壁際に4人掛けのテーブル席が1列にずらりと並んでいて、30人ほど入れる。

 我われも、その1卓に座り、Aさんは「マルセイユ風 赤いビール」(750円)からスタート。私は最初から今日のおすすめの白ワイン「カステロ・ルエダ・ベルデホ」(スペイン、3,580円)にした。

 そして料理。Aさんは「樽や」に来たのはこれが初めてなので、「フォアグラのクリームコロッケ」はもちろんとして、この店の名物料理である「牛タンストロガノフ」(900円)と「ジャンボオムレツ」(680円)も食べてもらわないとね。

 日替りの黒板メニューからは、「夏の定番ラタトゥイユ」(680円)も注文した。

 すぐに出される「お通し」(たぶん400円/人)のカナッペ(チーズとピクルス)をつまみに飲んでるうちに、まずラタトゥイユがやって来た。

 順番は指定せずに一気に注文しておいても、頃合いを見計らいながら、1品ずつ、順々に出してくれるのが「樽や」のいいところ。

 テーブルの上が、置き場に困るほど料理でいっぱいになったりすることは、この店では絶対にないのだ。(あえて「なるべく一気に出して」と注文すれば、もしかするとやってくれるかもしれないけど……。)

 そして、オムレツ、ストロガノフと名物料理が続き、いよいよ「フォアグラのクリームコロッケ」である。

 コロッケの中から、とろりと出てくる熱々のフォアグラ・ホワイトソース。口に含むと、これがすばらしいコクで、白ワインが進む進む。

 今日の目的だった「フォアグラのクリームコロッケ」を食べ終えた後は、「エダムチーズ」(650円)を追加注文。

 白ワインのボトルが空いたあとは、Aさんは「ジントニック」(550円)を、私はグラスの赤ワイン(600円)をもらった。

 2時間半ほど楽しんで、今日のお勘定は二人で10,960円(ひとり当たり5,480円)でした。どうもごちそうさま。

Img_7834a Img_7835a Img_7836a
ビストロ「樽や」 / スペインの白ワイン / お通しのカナッペ

Img_7838a Img_7844a Img_7841a
今日の手書きメニュー / ジャンボオムレツ / 夏の定番ラタトゥイユ

Img_7846a Img_7848a Img_7851a
牛タンストロガノフ / フォアグラのクリームコロッケ / とろりとフォアグラ

Img_7854a Img_7858a Img_7859a
エダムチーズ / ジントニック / ハウスワイン赤

店情報前回

《令和元(2019)年7月5日(金)の記録》

|

« しめさばはサバ半身分 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 白菜漬物で冷酒を一杯 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« しめさばはサバ半身分 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 白菜漬物で冷酒を一杯 … 立呑み「やきや」(荻窪) »