« また1軒、名店の灯が … もつ焼「ホルモン」(沼袋) | トップページ | 学芸大学前から歩いて … 「牛太郎(ぎゅうたろう)」(武蔵小山) »

イカとんびありますよ … 立呑み「やきや」(荻窪)

イカとんび

 

 店に到着すると、午後7時過ぎ。

 今日は焼き台に女将さん、センターにヨーコさん、奥にカイトくん。

 すぐにヨーコさんがホッピー(320円)を出してくれると、女将さんから「今日は『イカとんび』がありますよ!」と声がかかった。

 おぉ~っ。それはいただかねば。

 いつもあるわけではない「イカとんび」(200円)。それがある時には必食の品なのだ。

 さらにカウンターの目の前に並ぶ大皿料理群を見ると、「げそ揚げ」(200円)が、1人前取れるかどうか。

 『どうかな?』と思いながら「『げそ揚げ』、まだいけますか?」と聞いてみると「大丈夫」とのこと。私のところからは死角になっていた部分にも、もう1切れの「げそ揚げ」があって、結果的に通常の1人前よりも1切れ分ほど多いラスト「げそ揚げ」になった。

 その「げそ揚げ」をほぼ食べ終えて、2杯めとなる「ナカ(おかわり焼酎)」(160円)をもらうころに、ちょうど「イカとんび」も焼き上がってきた。

 「イカとんび」は、スルメイカの口のまわりの身のこと。

 1串に5個刺さっている「イカとんび」が、1人前で2串。つまりは1人前でスルメイカ10匹分ということだ。

 しっかりとした弾力感がたまらない逸品だ。

 3杯めとなるナカには、久しぶりの「しめさば」(270円)を注文する。

 ここのシメサバは、市販されている袋入りの半身のシメサバ。これが1人前だ。

 注文を受けてから袋から出し、刺身状にスライスしてくれる。

 ほぼ生に近いような、サッと〆たシメサバももちろん美味しいんだけれど、ここのシメサバはそれとは真逆。

 袋の中でしっかりと浸かった、酸っぱいシメサバ。

 でも、これが旨いんだなぁ。

 生に近いシメサバにはない、『よく浸け』ならではに味わいなのだ。

 そして最後、4杯め(ソト1・ナカ4)となるナカをもらって、つまみは、これまた久しぶりの「みそきゅうり」(170円)をもらう。

 キリっとよく冷えた、パキッパキのキュウリがいいね! 熱い夏場は、これに限る!

 さっくりと1時間ほど立ち飲んで、ホッピー4杯、料理4人でのお勘定は1,640円でした。

 どうもとちそうさま。

Img_7306a Img_7300a Img_7301a
「やきや」 / ホッピー / げそ揚げ

Img_7302a Img_7304a Img_7305a
イカとんび / しめさば / みそきゅうり

店情報前回

《令和元(2019)年6月19日(水)の記録》

(次回)19.08.14 夏を迎えてきざみ穴子 … 立呑み「やきや」(荻窪)

|

« また1軒、名店の灯が … もつ焼「ホルモン」(沼袋) | トップページ | 学芸大学前から歩いて … 「牛太郎(ぎゅうたろう)」(武蔵小山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« また1軒、名店の灯が … もつ焼「ホルモン」(沼袋) | トップページ | 学芸大学前から歩いて … 「牛太郎(ぎゅうたろう)」(武蔵小山) »