« パリッと串刺フランク … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | しめさばはサバ半身分 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

スッポン鍋を独り占め … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽)

スッポン鍋

 

 「まるます家」の看板メニューは『鯉とうなぎ』だが、「スッポン鍋」もまた一押しメニューのひとつだ。

 なにしろ、高級料理として知られる「スッポン鍋」が、ここでは1人前850円で食べられる。

 2階の座敷席だと、3~5人前で、雑炊まで付いて4,000円という、土鍋の「スッポン鍋」もある。

 こんな値段で「スッポン鍋」を楽しめるお店、他には知らないなぁ。

 今日はダブル「コ」の字カウンターのちょうど真ん中あたり。お店全体を指揮しながら、お勘定なども担当するおねえさんの近くに座り、まずは「ジャン酎」(ハイリキ1L瓶、1,100円)」と「モヒート」(100円)をもらう。

 「モヒート」は、生ライムとミントのセット。これをハイリキの中に入れると、いい風味になるのだ。

 そしてつまみにはもちろん「スッポン鍋」(850円)を注文し、それが出てくるまでの間のつまみとして、「鯉あらい」(400円)も注文すると、予想どおり、「鯉あらい」はあっという間にやってきた。

 「スッポン鍋」も、そんなに長くは待たない。10分ほどでやって来る。

 これを小鉢に取りながら、七味唐辛子を振りかけていただく。

 ポイントは、スープを取り過ぎないこと。

 スッポンの出汁だしが出たスープは、そのまま飲んでももちろん美味しいんだけど、あとでご飯を入れてもらって(+200円)、スッポン雑炊にするのが楽しみなのだ。

 そのためには、スープを取り過ぎずに、鍋の中に残しておく必要がある。

 今日も鍋の後はスッポン雑炊にしてもらった。

 そのスッポン雑炊に合わせて、漬物がわりに「キムチ」(400円)も注文。

 スッポン雑炊が、ほんわりと薄味なので、キムチのピリッとした辛さが際立つね。

 雑炊が終わっても、もうちょっとジャン酎が残っているので、もう1品、何かもらうことにした。

 改めて、厨房との間の壁の上部に貼り出されている「本日のおすすめ品」のメニューを確認すると、「ワラビおひたし」(400円)、「本場大阪岸和田 水ナス新香」(600円)などと並んで、赤字で「枝豆始めました」(400円)と書かれたメニューを発見。よし、これにしよう!

 出てきた枝豆は、実はまだ小さいものの、香りが高くて素晴らしい。

 やっと店に出せそうな枝豆に出会って、今日から出し始めたんだそうな。

 今年も枝豆の季節になりましたねぇ!

 1時間半ほど楽しんで、今日のお勘定は3,450円でした。どうもごちそうさま。

Img_7794a Img_7779a Img_7776a
「まるます家」 / ジャン酎+モヒート / 鯉あらい

Img_7782a Img_7783a Img_7785a
スッポン鍋 / スープを残して / スッポン雑炊にしてもらう

Img_7787a Img_7791a Img_7790a
キムチ / 本日のおすすめメニュー / 枝豆

店情報前回

《令和元(2019)年7月4日(木)の記録》

|

« パリッと串刺フランク … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | しめさばはサバ半身分 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パリッと串刺フランク … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | しめさばはサバ半身分 … 立呑み「やきや」(荻窪) »