« 白菜漬物で冷酒を一杯 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 〔コラム〕初めての佐世保から長崎へ »

宿題だったAセットを … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山)

おでんとAセット

 

 前回来たときに、となりの席の常連さんから、その存在を教えてもらった「Aセット」。

 次に来たときは、絶対に「Aセット」を注文しようと思いながら、はや2ヶ月。

 やっとその『次の機会』がやって来た。

 店に着いたのは、まだ真っ昼間の12時45分。

 祝日ということもあって、カウンター席だけの店内は、お客さんがいっぱいだ。

 でも、右側の長い辺の中央部に、空間はひとり分ないんだけど、椅子が1席だけ余っていて、店のお姉さんが「そこにひとり入れてあげてねぇ!」と両側のお客さんに声をかけてくれて、なんとか着席することができた。

 そして注文。

「Aセットを…… お願いします」

 なにしろメニューにはないものなので、恐る恐るという感じで注文してみると、

「はいはい。Aセットね。(と振り返って)Aセット、ひとつぅ~っ!」

 と飲みものを作る場所に注文が通された。

 いやぁ、常連さん以外がたのんでも大丈夫だったんだ、「Aセット」。

 飲みものができるまでの間に、おでんも注文する。いつもの「豆腐」(150円)と「スジ」(300円)である。「スジ」は牛スジのこと。どちらにも、この店ならではの味噌ダレをかけてくれる。

 おでんが出てくるのとほぼ同じタイミングで、「Aセット」もやって来た。

 「Aセット」は、チロリに1杯(1合かな?)の焼酎と、350ml缶のウーロン茶、そして氷入りのグラスの3点セットだ。

 これで自分でウーロンハイを作るのだ。

 この店には、もともと焼酎は「焼酎」(350円)というメニューしかない。

 これで「麦」か「芋」かが選べ、「ロック」「水割り」「湯割り」という飲み方が選べる。

 つまり、チューハイやウーロンハイは、メニューにはないんですね。

 ソフトドリンクも、メニュー上は「ノンアルコール」(400円)というのしかない。これはノンアルコールビールのことなのかなぁ?

 そこで「Aセット」だ。

 お勘定したときにわかったことだが、この「Aセット」の値段が550円。

 焼酎は他と同じく350円だとすると、缶のウーロン茶が200円ってことだ。

 これでウーロンハイが2杯ちょっと作れるから、1杯あたり250円ほどということになり、常連のおじさんが言ってたとおり、たしかに「お得」だ。

 これが「Aセット」ということは、もしかすると、他にも「Bセット」や「Cセット」があったりするのかなぁ?

 おでんの後、今日のホワイトボードメニューから「小かれい唐揚」(450円)を注文すると、残念ながら売切れ。

 ホワイトボードには「ねぶと(テンジクダイ)」や「小いわし」も見当たらないので、「アジフライ」(450円)をもらうことにした。

 瀬戸内海の小魚は、旨みが強いのがいいんだな。

 さっくりと1時間ほど楽しんで、お勘定をお願いすると、おねえさんから、

「飲みものはウーロン割りでしたね?」

 と確認された。

 ということは「ウーロン割りください」と注文しても、「Aセット」と同じものが出されるのかも。

 今日のお勘定は1,450円。このお勘定から逆算して、「なるほどAセットは550円だったのか」とわかったのでした。

 どうもごちそうさま。「Aセット」、いいね!

Img_7945a Img_7938a Img_7939a
「自由軒」 / 豆腐 / スジ

Img_7940a Img_7941a Img_7943a
Aセットで / ウーロンハイを作る / アジフライ

店情報前回

《令和元(2019)年7月15日(月)の記録》

|

« 白菜漬物で冷酒を一杯 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 〔コラム〕初めての佐世保から長崎へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白菜漬物で冷酒を一杯 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 〔コラム〕初めての佐世保から長崎へ »