« おつまみサイズのピザ … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) | トップページ | トリスメガハイボール … やきとり「戎(えびす)」(西荻窪) »

夏を迎えてきざみ穴子 … 立呑み「やきや」(荻窪)

きざみ穴子

 

 水曜日の今日、「やきや」に到着したのは午後6時半。

 入口からパッと見たところ、いちばん奥の座り席と、いちばん手前の短辺の端っこしか空いていない様子。

 久しぶりに奥で座って飲むしかないかなぁと断念して、カウンター席に並ぶお客さんたちの背後を、店の奥に向かって進んでいたら、カウンターの真ん中あたりに、ちょうど一人分の空間を発見。やったね!

 その場所が「珍味わたあえ」の器のすぐ前だったので、まずは「ホッピー」(320円)と「珍味わたあえ」(200円)からスタートする。

 「ナカ(おかわり焼酎)」(160円)をもらって、つまみに「いかみみ刺身」(200円)を注文すると、残念ながら売切れ。代わりに「いか刺身」(200円)をもらう。

 この「いか刺身」は、あらかじめ刺身に引いたものを、1人前ずつ大葉で仕切ってタッパーに並べ、冷蔵庫で保存しているもの。

 早い時間に来ると、こうやって事前に用意している「いか刺身」を食べることができる。

 このタイプは、ねっとりモチモチとした食感なのがうまい。

 このタッパーの刺身がなくなると、注文を受けてからイカの身を刺身に引いてくれる。こちらはねっとり感はないのだが、シャキリとしたキレのある弾力感がうれしい。

 どちらも捨てがたいんだなぁ。

 ここに通い続けて、こういう違いがやっとわかるようになってきた。イカは美味うまいねぇ!

 3杯めには「いかなんこつ焼」(200円)。

 「げそ揚げ」(200円)にしようか、それとも「いかげそ焼」(200円)にしようかと考えていたら、となりのお客さんから「いかなんこつ焼」の注文が飛んだので、急きょそれに便乗した次第。

 何をたのんでもハズレがないので、結局はその場の気分と流れなんだなぁ。

 「いかなんこつ焼」は、焼きたての熱々のときがいちばん美味おいしいので、あっという間に食べ終える。

 そして、夏らしい「きざみ穴子」(200円)を追加注文した。

 昔に比べると、穴子の量がずいぶん減った感じがするが、なにしろ200円だからねぇ。この値段で穴子のつまみが食べられること自体がむしろ驚きだ。

 「きざみ穴子」の途中で、4杯めとなるナカをもらった。

 穴子のタレが、これまた旨いので、このタレを残さずいただく方法はないものかと注文したのが「漬物」(170円)。白菜のぬか漬けである。

 このまま食べても、もちろん美味しいんだけど、今日はあえて穴子のタレで。これはこれで、コクがあって旨し!

 ゆっくりと1時間半ほど立ち飲んで、今夜のお勘定は1,770円でした。どうもごちそうさま。

Img_7553a Img_7537a Img_7538a
「やきや」 / ホッピー / 珍味わたあえ

Img_7540a Img_7545a Img_7550a
いか刺身 / いかなんこつ焼 / 漬物

店情報前回

《令和元(2019)年6月26日(水)の記録》

(次回)19.08.19 創業20年おめでとう! … 立呑み「やきや」(荻窪)

|

« おつまみサイズのピザ … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) | トップページ | トリスメガハイボール … やきとり「戎(えびす)」(西荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おつまみサイズのピザ … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) | トップページ | トリスメガハイボール … やきとり「戎(えびす)」(西荻窪) »