« この酒場はヤバイぞ! … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) | トップページ

貝刺盛合せが432円 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

貝刺盛合せ
貝刺盛合せ

 仕事が終わって、今日は阿佐ヶ谷の「川名」にやってきた。

 午後6時半の店内は、一瞬満席かと思ったほどのにぎわい。

「いちばん奥にどうぞ」

 と言われて、もう一度よく見ると、カウンターのいちばん奥、テレビに最も近い席が空いていた。良かった良かった。

 まずは「ホッピー」(411円)を『赤』で注文すると、今日のお通し(サービス)はオレンジ2切れ。ここのお通しは、必ず果物なのだ。

 「ホッピー」の『赤』は、白ホッピーのこと。白ホッピーは王冠の色が『赤』くて、黒ホッピーは王冠の色が『黒』なので、この店では白と赤の代わりに、『赤』と『黒』と呼んでいるのだ。

 もう一つの特徴は、ホッピーやチューハイが出される『生ビール用のジョッキ』が大きいこと。

 氷入りのジョッキに、半分ぐらいの焼酎が入って出てくるのだが、これで焼酎が1合(180ml)ぐらい入ってるんじゃないかと思う。

 ジョッキが大きいので、ソトが入る量も多くて、たいていソト1・ナカ2ぐらいで飲み切ってしまうのだが、体感的な酔い具合は、普通の店のソト1・ナカ4と同じぐらい。

 とにかく濃いのである。

 さて、つまみ。

 まずホワイトボードに書き出された、日替りメニューを確認する。

 おぉ。今日は「刺身盛合せ」(648円)、「貝刺盛合せ」(432円)、「するめいか下足」(324円)、「縞ほっけ焼」(389円)と、かなりかれる魚介系メニューが多いなぁ。

 そんな中から、まず「貝刺盛合せ」をもらい、「焼酎のみ(なか)」(368円)をおかわりした2杯めに、「するめいか下足」を注文した。

 「貝刺盛合せ」に玉子焼きが付いてきたり、「するめいか下足」に半熟ゆで卵が付いてきたりするところが、さすが「川名」ですねぇ。

 そこへ、店主が「これ食べて」と、フォアグラ、チェダー、ハモンセラーノの盛り合わせと、グラスの白ワインを出してくれた。

 店主とエミさんは、早い夏休み(アーリーサマー・ヴェイケーション)でフランスに旅行に行かれたそうで、これらはそのお土産。うれしいおすそ分けをありがとうございます。

 フォアグラの“つまみ力”が素晴らしいね!

 ホッピーをソト1・ナカ2で飲み切って、「酎ハイ(生レモン)」(411円)と、グランドメニュー(いつもあるメニュー)から「なすみそ」(346円)を注文。

 料理の多くは店主が調理するのだが、「なすみそ」はエミさんが作ってくれた。

 ゆっくりと2時間ほど楽しんで、今日のお勘定は2,400円でした。どうもごちそうさま。

Img_8476a Img_8478a Img_8479a
「川名」 / ホッピーとお通し(オレンジ) / ジョッキがでかい!

Img_8480a Img_8483a Img_8485a
今日のホワイトボードメニュー / するめいか下足 / フランス土産

Img_8487a Img_8493a Img_8495a
白ワイン / 酎ハイ(生レモン) / なすみそ

店情報前回

《令和元(2019)年8月1日(木)の記録》

|

« この酒場はヤバイぞ! … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« この酒場はヤバイぞ! … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) | トップページ