« つぶ貝のエスカルゴ風 … 大衆酒蔵「酔の助(よのすけ)」(神保町) | トップページ | タレも必ず食べ尽くす … 立呑み「やきや」(荻窪) »

超お得!ほいどセット … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺)

マグロ切り身

 高円寺の「ほんずなし」には、平日のみの「得・得セット」(500円)という設定がある。

 『お好きなドリンク(日本酒一合は除く)』に、「味よし」(粒状の数の子、刻んだ大根・キュウリ、ねばる昆布、スルメをほどよい味に仕上げた醤油漬。単品なら250円)、「子っこちゃん」(ししゃもの卵、バラ数の子、スルメ、昆布、緑豆はるさめの醤油漬。単品なら300円)、「数の子醤油漬」(旨味成分を生かした塩分控えめな醤油と、良質な昆布エキスでまろやかに仕上げた数の子。単品なら380円)のいずれかをつけて合計500円なんだから、『お好きなドリンク』は、1杯あたり120~250円で飲めるということだ。

 しかもこれ、ひとり1回という縛りもないらしく、前回、となりで立ち飲んでいた人は1杯めから3杯めまで、すべて「得・得セット」。そうやって飲むと、結果的に『お好きなドリンク』3杯と3品のつまみで、合計1,500円ということになる。

『なるほどなぁ。次に平日に来たときは、私も「得・得セット」にしてみよう!』

 と思いつつ、今日の日を迎えたのでした。

 まずはその「得・得セット」を、『お好きなドリンク』に「ホッピーセット白」(単品なら450円)を、つまみは「子っこちゃん」を選んで注文した。

 すぐに出されたホッピーを飲みながら、改めて「得・得セット」のメニューを確認していたところ、さらにその下のほうに「ほいどセット」(850円)というのがあって、これは「得・得セット」(500円)に、さらに「マグロ切り身」(単品なら500円)が付いているようだ。

 「ほんずなし」は、青森料理が自慢の立ち飲み店。青森だからマグロもうまいに決まってる。

「すみません。さっき注文した『得・得セット』だけど、『ほいどセット』に変更していいですか?」

 店のおねえさん(サオリさん)にそうお願いすると、快く変更してくれて、「子っこちゃん」に加えて、「マグロ切り身」もやって来た。これはいいねぇ!

 ちなみに「ほいどセット」の『ほいど』というのは、青森の言葉で『欲張り』という意味なんだって。つまりこれは「欲張りセット」ってことだ。

 すぐにホッピーの「中(ナカ)」(150円)をおかわりし、さらにもう1回「中」をおかわりしたところで、「ほいどセット」のつまみを食べ終えた。

 次なるつまみとして注文したのは、「珍味三種盛り」(380円)。

 これは「あさりのなめろう」、「あさりの佃煮」、「イカ三升漬」の三種が盛られたつまみで、特に「あさりのなめろう」が、ものすごく旨い。単品もあるらしいが、メニューには見当たらないなぁ……。

 もう1杯、「中」をもらって、今夜もホッピーはソト1・ナカ4。このくらいがちょうどいい。

 今日の店内には、カリフォルニア(米国)から旅行でやって来たというカップルもいて、いつもとはまた違うにぎわいで盛り上がった。「ほんずなし」のメニューに英語のページがあることを初めて知った!

 たっぷりと2時間弱の立ち飲みタイム。お勘定は1,580円のところ、前回レシートの『100円割引券』で、1,480円なり。アップルウォッチのSuicaでピピッと支払った。

 どうもごちそうさま。

(注: この記事内の商品と価格は、2019年8月のものです。10月の消費税改定で現在の価格は変わっており、また現在はメニューに載っていない商品も含まれています。)

Img_9311a Img_9322a Img_9314a
「ほんずなし」 / 得・得セットのお知らせ / ほいどセット

Img_9312a Img_9321a Img_9320a
ホッピー / 子っこちゃん / マグロ切り身

Img_9316a Img_9323a Img_9325a
ずらりと日本酒 / 壁のメニューから / 珍味三種盛り

Img_9325aa Img_9325ba Img_9325ca
あさりのなめろう / あさりの佃煮 / イカ三升漬

店情報前回

《令和元(2019)年8月28日(水)の記録》

(次回)19.12.04 カニの煮こごりが旨い … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺)

|

« つぶ貝のエスカルゴ風 … 大衆酒蔵「酔の助(よのすけ)」(神保町) | トップページ | タレも必ず食べ尽くす … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つぶ貝のエスカルゴ風 … 大衆酒蔵「酔の助(よのすけ)」(神保町) | トップページ | タレも必ず食べ尽くす … 立呑み「やきや」(荻窪) »