« 二日連続の飲み会の後 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 休肝日が明けたらここ … 立呑み「やきや」(荻窪) »

てんこ盛り丼で酒2合 … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺)

てんこ盛り丼

 荻窪「やきや」を出て、高円寺駅近くの「ほんずなし」にやって来た。

 三日ぶりの『ひとり呑み』なので、『横に倒したハシゴ酒(1日1軒ずつだけど、毎日、連続的に飲みに行くこと)』のおきてをやぶり、今夜は普通のハシゴ酒だ。

 とは言うものの、すでに「やきや」で4杯のホッピーと、4品のつまみをいただいた後なので、ここはさっくりと、つまみと〆の食事を兼ねて、「ほんずなし」ならではの「てんこ盛り丼」(500円)を注文し、飲みものは「陸奥男山クラシック」(1合500円)をもらった。

 冷酒は例によって、片口の酒器の注ぎ口の下に、お猪口ちょこが置かれ、その片口の注ぎ口から、そのお猪口にお酒がこぼれるまで、たっぷりと注いでくれる。お得感が強いよね。

 すぐにやって来た「てんこ盛り丼」。

 熱々の丼ごはんの上に、「ねぶた漬」「ねぶたホタテ」「子っこちゃん」「ねぶた松前漬」「数の子醤油漬」という5種類の漬物(?)が、文字どおり『てんこ盛り』にされたもの。みそ汁も一緒に出してくれる。

 これらの漬物のつゆが染み込んだ「ごはん」そのものが、これまたいいつまみになるのだ。

 「てんこ盛り丼」の強力な『つまみりょく』に、1合の「陸奥男山クラシック」はあっという間に無くなって、今度は「七力 純米吟醸」(今夜は1合500円)をもらう。

 日本酒は一升瓶のまま冷蔵されていて、開栓して3日ぐらいたつと、手書きボードの『数量限定! 特別価格! 早い者勝ち!』というコーナーに、1合400~500円ぐらいで書き出されるのだ。これは本当にお得です。

 2時間弱の立ち飲みタイム。今夜のお勘定は1,500円のところ、前回のレシートに印刷されている『100円割引券』(お勘定額が1,500円以上のときに利用可能)で、1,400円でした。

 どうもごちそうさま。

Img_9151b Img_9153b Img_9154b
「ほんずなし」 / 陸奥男山クラシック / お猪口にこぼれるまで注いでくれる

Img_9159b Img_9158b Img_9168b
てんこ盛り丼 / みそ汁 / 店内(入口側)の様子

Img_9166b Img_9164b Img_9165b
今日のお得メニューから / 七力 純米吟醸 / これまたお猪口にこぼれるまで

店情報前回

《令和元(2019)年8月22日(木)の記録》

(次回)19.11.17 超お得!ほいどセット … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺)

|

« 二日連続の飲み会の後 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 休肝日が明けたらここ … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 二日連続の飲み会の後 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 休肝日が明けたらここ … 立呑み「やきや」(荻窪) »