« 超お得!ほいどセット … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) | トップページ | いろんな肉を少しずつ … 「肉山(にくやま)」(吉祥寺) »

タレも必ず食べ尽くす … 立呑み「やきや」(荻窪)

塩辛のタレでげそわさ

 今日は入口のすぐ近く、焼き台横の暗い場所しか空いていなかったので、そこに立ち、「ホッピー」(320円)と「自家製塩辛」(200円)からスタートした。

 店に入ったのは午後6時15分ごろなんだけど、すでに「いかみみ刺身」(200円)は売り切れている。早いなぁ。

 すぐに「ナカ(おかわり焼酎)」(160円)をおかわりし、その2杯めのホッピーを飲み終えるころ、「自家製塩辛」も食べきって、「げそわさ」(200円)を注文した。

 「自家製塩辛」の残りダレを、小鉢に残したまま洗い場に返してしまうのはもったいない。この残りダレの旨みを活かすべく、「げそわさ」を注文したのでした。

 この「自家製塩辛」の残りダレには、「げそわさ」のみならず、刺身系のつまみならなんでも合う。

 添えられているワサビを、塩辛の残りダレに溶かし、醤油をちょっとだけ加える。

 これで完璧だ。

 「やきや」の塩辛は、旨みが強くて、しょっぱさは少ないタイプ。だから、醤油をちょっと加えると、刺身にちょうどよくなるのだ。これはうまいよ!

 「珍味わたあえ」の残りダレもそう。その残りダレに「げそ揚げ」をつけていただいたり、残りダレにワサビを溶かして刺身類をいただいたり。

 「もつ煮込み」の残りダレ(この場合はむしろ残り汁というべきか)には、豆腐がいい。「もつ煮込み」の具材を食べ終えてから、「冷奴」を注文し、それを「もつ煮込み」の残りダレの中に投入していただくのだ。

 まだ試してみたことはないけれど、「もつ煮込み」の残りダレには、「いかしょうが棒」も合うかもね!

 3杯めのホッピーには「枝豆」(170円)である。

 ここの枝豆は、生の枝豆(=冷凍してない枝豆)が出回る季節にだけ出される、とってもレアな季節もので、登場する期間は1ヶ月ほどしかないのだ。

 だから常連さんたちの多くは、枝豆の季節には、枝豆を注文する。

 これでソト1・ナカ4の4杯めとなる「ナカ」ももらって、最後の一品として「きざみ穴子」(200円)をもらった。

 この「きざみ穴子」にも、蒲焼きのタレのようなタレがかけられているのだが、これは穴子と一緒に盛られている、刻みキュウリにからめていただくと、完食することができる。

 ゆっくりと1時間半ほど立ち飲んで、今夜のお勘定は1,570円でした。どうもごちそうさま。

Img_9343a Img_9334a Img_9335a
「やきや」 / ホッピー / 自家製塩辛

Img_9338a Img_9340a Img_9342a
げそわさ / 枝豆 / きざみ穴子

店情報前回

《令和元(2019)年8月29日(木)の記録》

|

« 超お得!ほいどセット … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) | トップページ | いろんな肉を少しずつ … 「肉山(にくやま)」(吉祥寺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 超お得!ほいどセット … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) | トップページ | いろんな肉を少しずつ … 「肉山(にくやま)」(吉祥寺) »