« てんこ盛り丼で酒2合 … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) | トップページ | つぶ貝のエスカルゴ風 … 大衆酒蔵「酔の助(よのすけ)」(神保町) »

休肝日が明けたらここ … 立呑み「やきや」(荻窪)

みみ刺身をワタだれで

 週明けの月曜日、吸い寄せられるように荻窪「やきや」にやって来た。

 2015年11月末にブラジルから帰ってくるまでの14年間(単身赴任していた期間)は、基本的に月曜と火曜の2日間を連続休肝日になるようにしていたのですが、今は自宅で過ごす土曜と日曜が休肝日になっている。

 だから休肝日明けの月曜日は、万全の態勢で酒場に臨むことができるのでした。

 いつものとおり「ホッピー」(320円)と「珍味わたあえ」(200円)からスタートし、ギュギューッと1杯めのホッピーを飲み終えたら、「ナカ(おかわり焼酎)」(160円)と「いかみみ刺身」(200円)を注文し、「珍味わたあえ」の残りダレで「いかみみ刺身」をいただく。この流れは、もはやルーチンになっている感が強い。

 なぜ単身赴任中は月・火が休肝日だったかというと、横浜に単身赴任しているときに、東京の酒場で飲むことができる機会は、週末、土・日に都内の自宅に帰宅しているときしかなかったため、土・日を休肝日にすることができなかったから。

 『土・日がダメなら、平日のどこかを連続二日間の休肝日にしよう』ということで、週の頭の月・火を、できるだけ休肝日になるようにしていたのでした。

 単身赴任を終えた今は、出張があるとき以外はずっと都内の自宅から通勤してるので、土・日にがんばって都内の酒場巡りをする必要はなくなった。

 そこで、月~金の5日間を、「会社の帰りに1日1軒ずつだけど、毎日、どこかの酒場に行く」という、『横に倒したハシゴ酒』の日として、土・日を休肝日にするようにしたのでした。

 もちろんこれは、あくまでも「基本的に…」という程度の決め事であって、土・日に飲みに行くこともあれば、平日、ついつい普通のハシゴ酒をしてしまうこともある。そのあたりは極めて柔軟な対応としております(笑)。

 3杯めとなる「ナカ」には、このところ毎回もらっている「枝豆」(170円)をもらい、ソト1・ナカ4の4杯めは「みそきゅうり」(170円)で締めくくる。

 1時間半ちょっと立ち飲んで、今宵のお勘定は1,540円でした。どうもごちそうさま。

Img_9256a Img_9247a Img_9249a
「やきや」 / ホッピー / 珍味わたあえ

Img_9250a Img_9252a Img_9254a
いかみみ刺身 / 枝豆 / みそきゅうり

店情報前回

《令和元(2019)年8月26日(月)の記録》

(次回)19.11.19 タレも必ず食べ尽くす … 立呑み「やきや」(荻窪)

|

« てんこ盛り丼で酒2合 … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) | トップページ | つぶ貝のエスカルゴ風 … 大衆酒蔵「酔の助(よのすけ)」(神保町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« てんこ盛り丼で酒2合 … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) | トップページ | つぶ貝のエスカルゴ風 … 大衆酒蔵「酔の助(よのすけ)」(神保町) »