« みそダレ焼き3本盛り … 串焼き処「ディズ(Dizz)」(高円寺) | トップページ | 乗り換え前にサク飲み … 大衆食堂「稲田屋(いなだや)」(福山) »

ちょい呑みセット+α … 小魚「阿も珍(あもちん)」(福山)

ちょい呑みセットのつまみ

 因島に向かう途中、同行のKさんと共に福山駅に着いたのは午後1時過ぎ。

 ここで軽く一杯やりながら、昼食をいただくことにする。

 となると、いつもの「自由軒」に向かいたいところだが、残念ながら今日は火曜日。「自由軒」は定休日なのでした。

 「稲田屋」や「たから屋」は駅からちょっと離れているので、今日は福山駅ビルの中にある小魚「阿も珍」に行くことにした。

 ここ「阿も珍」には「ちょい呑みセット」というメニューがあって、3品のつまみに「生ビール(中)」(単品なら540円)が付いて、ちょうど1,000円。

 3品のつまみは日替りで、今日は「鯛わた塩辛」、「イカマリネ」、「ホルモン天」の3種。実に呑兵衛好みのするラインナップである。

 Kさんも、よく呑む方なので、二人とも迷わず「ちょい呑みセット」からスタートした。

 「阿も珍」には、さらに嬉しいことがある。テーブル上に置かれている「ゆずイカ塩辛」が食べ放題なのだ。

 この「ゆずイカ塩辛」は、「阿も珍」を運営する株式会社 阿藻珍味の商品の1つ。

 ここ「阿も珍」の店頭でも、それらの商品を購入することができるようになっているため、その宣伝も兼ねて無料提供してくれているようなのだ。

 我われ呑兵衛は、この「ゆずイカ塩辛」だけで、いくらでも呑めますぞ。

 最初の生ビールを飲み干したところで、「千福」(2合734円)を燗でもらって、この店の名物である「ちーいか天ぷら」(600円)を注文した。

 「ちーいか」というのは、瀬戸内の『いか(小さないか)』のこと。

 この小いかを天ぷらにした「ちーいか天ぷら」は、旨みたっぷり、量もたっぷりで、これまたいいつまみになる。ひとりだと多過ぎるぐらいだけど、二人ならちょうどいいね。(ひとりの場合は、「ちーいか天ぷらハーフ」(350円)というのも選べます。)

 前回は何もつけずに食べた「ちーいか天ぷら」だけど、今回はポン酢醤油をつけて食べたり、だし醤油をつけて食べたりしてみた。こういう食べ方も旨いね。こうやって味変あじへんしながらいただくと、ひとりでフルサイズでもいけるかもね。

「千福」2合の燗酒をもう1本もらって、『本日のおすすめ』メニューから「あんこう唐揚げ」(4個380円)を追加注文。Kさんは「白ご飯(漬物・味噌汁付き)」(324円)を、ご飯少な目でもらっている。

 そして出てきた「あんこう唐揚げ」。あんこうの身のプリプリ感がすばらしいねぇ。

 広島県で「あんこう唐揚げ」をいただいたのは、これが初めてだ。

 1時間ちょっとの昼呑みタイム。お勘定は二人で4,772円(ひとり当たり2,386円)でした。どうもごちそうさま。

Img_0443a Img_0449a Img_0450a
店頭のメニュー / 生ビール(中) / ゆずイカ塩辛

Img_0454aa Img_0454ba Img_0454ca
ホルモン天 / イカマリネ / 鯛わた塩辛

Img_0457a Img_0458a Img_0460a
ちーいか天ぷら / 本日のおすすめメニュー / あんこう唐揚げ

店情報前回

《令和元(2019)年9月17日(火)の記録》

(次回)20.03.30 新幹線の前にもう1杯 … 小魚「阿も珍(あもちん)」(福山)

|

« みそダレ焼き3本盛り … 串焼き処「ディズ(Dizz)」(高円寺) | トップページ | 乗り換え前にサク飲み … 大衆食堂「稲田屋(いなだや)」(福山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« みそダレ焼き3本盛り … 串焼き処「ディズ(Dizz)」(高円寺) | トップページ | 乗り換え前にサク飲み … 大衆食堂「稲田屋(いなだや)」(福山) »