« 新幹線までの間に軽く … 「白頭山(はくとうざん)」(小倉) | トップページ | イカ、ニシン、鮭カマ … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) »

東京に着いてホッピー … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

Img_1693b

 午後1時半ごろ新幹線で小倉を出て、阿佐ヶ谷「川名」に到着したのは午後7時前。九州も近くなったもんじゃのぉ。

Img_1680b

 さっそくカウンターの1席に座り、4日ぶりの「赤ホッピー」(380円、以下価格はすべて税別表記)をもらうと、今日のお通し(サービス)は「みかん」である。

 なお「赤ホッピー」というのは、他の店で言う「白ホッピー」のこと。「白ホッピー」の王冠の色が赤いので、ここ「川名」では「赤ホッピー」と呼んでいるのだ。

 ちなみに「黒ホッピー」は、王冠の色も黒なので、「川名」でもやっぱり「黒ホッピー」と呼ぶ。

Img_1682b

 1品めのつまみには、「刺身盛合」(440円)を注文。この一皿には、8種ほどの魚介類が1切れずつ盛られているほか、玉子焼きまでのっているのが嬉しいねぇ。

Img_1685b

 マスターが「これも食べてみて」と出してくれたのは、ブルーベリーと柿。この柿、見た目は普通の柿なんだけど、実は渋柿なんだって!

 渋柿の渋を抜くには、干し柿にするしかないのかと思ってたんだけど、こんな渋抜きの方法もあるんですねぇ。

Img_1687b

 「こんなのもあるよ」ともう1品。これも同じ渋柿なんだけど、これまた渋抜きの方法が違うんだそうな。こっちはとろりと軟らかくて甘い。

Img_1681b

 「焼酎のみ(なか)」(340円)をもらって、改めてホワイトボードのメニューを確認する。

 この店の「焼酎のみ(なか)」は、新しいジョッキで、氷入りで提供される。ジョッキが大きいので、中に入っている焼酎の量も多い。

 他の店(荻窪「やきや」、野方「すっぴん酒場」、高円寺「ほんずなし」など)では、ホッピーはソト1・ナカ4ぐらいで飲むことが多いが、ここ「川名」の場合はソト1・ナカ2ぐらいで、それと同じような酔い具合になる。横須賀ホッピー並みの濃さなのだ。

Img_1690b

 ホワイトボードのメニューからは「カレイ中骨煮」(300円)をもらった。

 かなり大きいカレイだったようで、中骨も大きい。でもそれがしっかりと煮込まれていて、骨がホロホロと崩れてとても旨いっ!

 振りかけられたゴマの風味も良く効いてるなぁ。

 1時間半ほど楽しんで、今夜のお勘定は1,716円。Paypayで支払って、どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和元(2019)年11月6日(水)の記録》

(次回)20.01.11 閉店間際に駆け込んで … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

|

« 新幹線までの間に軽く … 「白頭山(はくとうざん)」(小倉) | トップページ | イカ、ニシン、鮭カマ … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新幹線までの間に軽く … 「白頭山(はくとうざん)」(小倉) | トップページ | イカ、ニシン、鮭カマ … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) »