« 店情報: おでん「三吉(さんきち)」(本塩釜) | トップページ | イカ大根の季節が到来 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

スルミはサンマすり身 … おでん「三吉(さんきち)」(本塩釜)

スルミ

 「スルミって、どんな具材なんですか?」

 おでんのメニューを見ながら、これまで見たことのない一品が気になった。

 「秋刀魚(さんま)のすり身なんですよ」

 と大将。さっそく注文してみたら、その強い旨みがすばらしい。燗酒に合うなぁ。

おでん三吉

 日曜日の今日は、本塩釜への移動日。東京を昼過ぎに出発し、仙台でちょっと寄り道して、本塩釜に到着したのは午後4時半。

 駅近くのホテルにチェックインして、酒場を探してフラリと出かけた。

 開いていれば、前回、本塩釜に来たときにもやってきたホルモン料理「ひょうたん」に再訪したいところだが、残念ながら「ひょうたん」は日祝休。今日はお休みなのだ。

おでん三吉

 たどり着いたのが、駅から歩いて5分ほどの場所にある「おでん三吉」。なにやら気になるたたずまいではありませんか。

お酒・剣菱

 店内は、左手に奥に向かってL字のカウンター席。右手は小上がり席。さらに奥には個室風の座敷席がある造り。

 私はL字カウンターの奥のほう、カウンターが角になっている手前に座り、燗酒2合(剣菱、500円)をいただいた。

お通し・枝豆

 すぐに出されるお通しは枝豆。

おでん1皿5品

 1品めのつまみとして、看板メニューの「おでん一皿」(5品500円)をもらうと、さつまあげ、ホタテ、こんぶ、糸こん、ロールキャベツの5品が出された。

 東北というとずっと、しょっぱい(塩味が強い)イメージがあったのだが、実際に東北に来てみると、そんなにしょっぱくはない。

 このおでんだって、とても上品な味つけだ。これは旨いねぇ。

焼魚・さんま

 店は大将の阿部三男さんとママの他、若い女性が二人の合わせて4人で切り盛りしている。

 店内には常連さんたちが多くて、みんながまるで家族のようなやり取りだ。この雰囲気が老舗大衆酒場のいいところだよねぇ。

 おでん5品のあと、にしん、あじ、ほっけ、いわし、さんま、銀たら、ししゃもが選べる「焼魚」(500円)から「にしん」を選ぶと、なんと「にしん」だけが売り切れ。

 「他のは全部あるんですけどねぇ」と大将。

 そう言われて、今シーズンはまだ「さんま」を食べていないことに気づき、「さんま」の焼魚を注文した。

 そして出てきた「さんま焼き」。やっぱり秋刀魚はうまいねぇ。

黒霧島・水割り

 日本酒2合を飲み終えたところで、次なるお酒を選ぶ。

 「甘くないのがいいんですけど」と大将に尋ねると、

 「焼酎の水割り(300円)はどうですか。「眞露じんろ」か「黒霧島」が選べます」

 という返事。芋焼酎「黒霧島」の水割りをいただいた。

 店内に低い音量でゆるやかに流れるのは「乾杯」(長渕剛)、「傷だらけのローラ」(西城秀樹)、「北酒場」(細川たかし)、「やさしい悪魔」(キャンディーズ)、「京都慕情」(渚ゆう子)などなどの、わが青春の懐かしの歌謡曲。これまた癒されるなぁ。

たこ、スルミ、焼とうふ

 秋刀魚を食べ終えたあと、「最後の〆に、もう一度、看板メニューのおでんを」と注文したのが、たこ、スルミ、焼とうふの3品だったのだ。

 スルミももちろんだけど、タコと焼とうふもいいねぇ。

おでん三吉

 店の創業は昭和52年頃。大将のお母さんが始め、大将は二代目なんだそうな。

 後継者がいない(お子さん達は継ごうとしないし、親も継がせたいとは思っていない)のが最大の課題で、ママと二人で「今日で辞めようか、明日で辞めようか」と言いながら営業してるんだと、冗談半分・本気半分に語ってくれた。

 大衆酒場ファンとしては、ぜひとも長く続いてほしい酒場なんだけどなぁ。

 ゆっくりと2時間ほど楽しんで、今夜のお勘定は2,500円。

 「どうもごちそうさまでした」と席を立つと、

 「ありがとうございました。また明日あした!」と見送ってくれた。うれしいなぁ。

店情報

《令和元(2019)年11月24日(日)の記録》

|

« 店情報: おでん「三吉(さんきち)」(本塩釜) | トップページ | イカ大根の季節が到来 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店情報: おでん「三吉(さんきち)」(本塩釜) | トップページ | イカ大根の季節が到来 … 立呑み「やきや」(荻窪) »