« できたてのイカメンチ … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) | トップページ | 店情報: おでん「三吉(さんきち)」(本塩釜) »

煮込みの汁で冷やっこ … 立呑み「やきや」(荻窪)

「やきや」

 仕事を終えて、午後6時過ぎに荻窪「やきや」に到着した。

 この時間帯であればまだ、スルッと「やきや」に入れる可能性が高い。

 本当は午後5時半から6時の間ぐらいが、開店時刻(午後4時)に入った人たちとの入れ替わり時間になって入りやすいのだが、残念ながらその時間帯に店に到着することができないんだなぁ。

ホッピー

 午後6時過ぎのこの時間帯でも、立ち飲みカウンターには空きはなく、一番奥の立ち飲みテーブルのすき間に入れてもらって、今夜も「ホッピー」(白セットのみ、360円)からスタートした。

珍味わたあえ

 1品めのつまみは「珍味わたあえ」(230円)。七味唐辛子を振りかけていただくのがおすすめ。

いかみみ刺身

 「珍味わたあえ」で1杯めのホッピーを飲み干したところで、「ナカ(焼酎おかわり)」(170円)と「いかみみ刺身」(240円)を注文。

 「いかみみ刺身」は、この注文で売り切れた。危なかったなぁ。

 とは言うものの、「いかみみ刺身」のコリッとした弾力感もいいし、「いか刺身」のねっとりとした弾力感も捨てがたい。

 「ミミ刺よりもイカ刺のほうが好き」という常連さんも多いのだ。

 「いか刺身」は、「いかみみ刺身」よりは売り切れるのが遅いので、「いかみみ刺身」が売り切れているときは、ぜひ「いか刺身」を食べてみてください。

 ちなみに、ひとりで注文できるのは「いか刺身」か「いかみみ刺身」か、どちらか1品のみ。両方を一度に食べ比べたい場合は、二人以上で来る必要がある。

わたダレでミミ刺

 「いかみみ刺身」はもちろん、「珍味わたあえ」の残りダレにワサビを溶きこんだタレでいただく。

げそ揚げ

 今日は「いかみみ刺身」を食べ終えても、まだ「珍味わたあえ」の残りダレが残っていたので、3杯めとなる「ナカ」とともに、「げそ揚げ」(230円)も注文。「げそ揚げ」もまた、「珍味わたあえ」のタレによく合うのだ。

もつ煮込

 4杯め(最初のセット+ナカ3回)となる「ナカ」をもらって、「もつ煮込」(190円)を注文すると、なんと「もつ煮込」もこれで売り切れた。1日に2回も売り切れに当たるのは、とても珍しい。

 売り切れの1杯だったので、煮込みの汁も多めに入れてくれたため、上の写真では具が見えないが、汁の中にたっぷりと入っている。これが190円というのは激安だ。

ウイスキー水割

 4杯めのホッピーで、「もつ煮込」を食べきれば、いつもと同じく、ホッピー4杯に料理が4品で終了するところなのだが、せっかく「もつ煮込」を『ツユだく』にしてくれたので、このツユを活かしたい。

 そこで、ホッピー4杯のあとに「ウイスキー水割」(420円)を追加注文した。

 「ウイスキー水割」を注文すると、「ブラックニッカ クリア&ウォーター350ml瓶」と、氷入りのサワーグラスが出される。これで2杯分のウイスキー水割りが飲めるのだ。

冷奴

 そして「冷奴」(190円)を注文。

 パックの豆腐に、カツオ節と刻みネギをかけただけのシンプルな冷奴なんだけど、毎回、必ずこの冷奴を注文する常連さんも多い人気の品だ。

煮込みの汁で冷奴

 いつもはサッと醤油をかけていただく冷奴だが、今日はこの冷奴を「もつ煮込」の汁(ツユ)でいただいた。

店頭のメニュー

 今夜もまた2時間半ほど立ち飲んで、お勘定は2,370円でした。どうもごちそうさま。

 今まで気がつかなかったけど、店頭のメニューも新しくなってるんですね。しかもこっちには「焼酎おかわり」(170円)もちゃんと載ってるし!(店内のメニューには「焼酎おかわり」は多分ないのだ。)

店情報前回

《令和元(2019)年11月22日(金)の記録》

(次回)20.01.21 イカ大根の季節が到来 … 立呑み「やきや」(荻窪)

|

« できたてのイカメンチ … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) | トップページ | 店情報: おでん「三吉(さんきち)」(本塩釜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« できたてのイカメンチ … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) | トップページ | 店情報: おでん「三吉(さんきち)」(本塩釜) »