« イカ大根の季節が到来 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | メニューが外税表記に … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

泣きのカニわさびマヨ … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺)

カニわさびマヨ和え

「カニはもう無くなったんですか?」

 サオリさん(店を手伝っている女性)にそう確認してみたところ、

「はい。もうないんですよ」

 という返事。やっぱりなぁ。そうじゃないかと思ってたんだ。

 丸ごと1杯のカニの代わりにはならないけれど、今日のメニューの中から、泣く泣く「カニわさびマヨ和え」(440円)を注文。

 おぉ~っ。これもボリュームがあって美味しいではないか! ちょっと救われた気分になった。

 塩釜への出張の道中、「ほんずなし」のFacebook(2019/11/22(金)の投稿)を見て驚いた。

 なんと! 丸ごと1杯のカニが400円で提供されているとのこと!

 しまったなぁ。気づくのが遅かった。あっという間に売り切れるんだろうなぁ。

 ところが、その翌日(2019/11/23(土))の投稿にも、やっぱり丸ごと1杯のカニが出ているほか、豪勢な「カニの味噌汁」(250円)もあるという。

 っくぅ~~っ。汁物好きにはたまりませんなぁ。

 さらにその翌日(2019/11/24(日))にもカニが紹介されている。

 その翌日の月曜日が臨時休業で、私が塩釜から帰って来る予定の火曜日は定休日。

 となると、水曜日に来るしかないな!

「ほんずなし」

 そんなわけで、満を持して水曜日の今日、意気揚々と「ほんずなし」にやって来たのでした。

得得セット

 ところが。店内のメニューをざっと見渡してみたところ、楽しみにしていたカニの表記がどこにもない!

ホッピーセット(白)

 そこで、まずはいつものとおり、「得得セット」(550円)を「ホッピーセット(白)」(単品500円)と「イカ三升漬け」(単品設定なし)からスタートした。

イカ三升漬け

 「イカか三升漬け」は、細切りにしたスルメイカの身を、青なんばん・麹・醤油で作った調味液に漬け込んだ、北海道や東北地方の郷土料理。イカ塩辛とは違う味わいなんだけど、こっちもまたいい酒の肴(さかな)になること間違いなした。

季節のメニュー

 ホッピーの「なか」(180円)をもらうついでに、サオリさんと冒頭のやり取りをして、週末(金・土・日)の3日間だけでカニが完売したことを知ったのでした。

 で、改めて今日のメニューを確認し、「カニわさびマヨ和え」(440円)にするか、「カニの煮こごり」(420円)にするか、ちょっと迷って、初めてとなる「カニわさびマヨ和え」を注文したのでした。

 1時間半ほどの立ち飲みタイム。今夜のお勘定は1,170円でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和元(2019)年11月27日(水)の記録》

(次回)20.01.24 限定・棒ダラの煮付け … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺)

|

« イカ大根の季節が到来 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | メニューが外税表記に … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イカ大根の季節が到来 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | メニューが外税表記に … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »