« ニッポンぶらり鉄道旅 … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | 赤羽からバスで野方へ … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

川崎から電車1本35分 … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽)

Dsc00797a

 川崎での仕事を終えて、同行のAさんと共に、川崎駅からJR東海道本線(上野東京ライン)に乗り込むと、乗り換えることなくそのまま直通で赤羽駅に到着する。

 所要時間は約35分。近いもんだなぁ。

 そして向かうは「まるます家」。

 通常の仕事帰りの時間に比べると早い時間に着いたので、余裕で入れるかと思いきや、我われ2人が1階のカウンター席に入ると、それでピッタリと満席になった。

 平日の、早めの夕方に来てもこんな感じなんだなぁ。さすが大人気店だ。

Dsc00780a

 まずは「ジャン酎(ジャンボ酎ハイ)」(1,100円)を、2人分の「モヒートセット」(100円)と一緒にいただいて、乾杯である。

 同行のAさんは、「まるます家」に初来店なので、注文は私に任された。

Dsc00781a

 そこで、1品めには、この店の看板メニューでもある「鯉あらい」(400円)をいただいた。

 佐久から仕入れているというこの店の鯉は、川魚独特の臭みなんてまったくなくて、生刺しでも美味しい。

 それを洗いにして、酢味噌でいただくので、ただひたすらに旨いのだ。

Dsc00782a

 2品めは、「いかのげそ天」(350円)。

 揚げたての熱々で出される「いかのげそ天」は、量も多くて、チューハイやビールのつまみとして、ぴったりなのだ。

Dsc00784a

 3品めは大好物の「なまずから揚」(600円)。

 とっても上質な白身魚の唐揚げで、この唐揚げが嫌いだという人は見たことがない。

Dsc00785a

 とそこへ「まぐろ中トロのブツ切り、いる人ぉ~っ?」と店のおねえさんから、客席のみんなに声がかかる。

 「はいっ! お願いします!」と手を挙げて、その「まぐろ中トロぶつ切」(600円)をいただいた。

 この店では、ときどきこういう声がかかることがある。その場合は、チャンスがあればもらっておくのがいい。

 あっという間に無くなってしまうので、もらうかどうかの決断はお早めに!

Dsc00787a

 5品めとして出てきたのは、少し前に注文しておいた「どじょうとぢ」(750円)だ。

Dsc00789a

 今日は「うなぎカブト焼」(2本300円)もありました。

 うなぎも、この店に来たら食べておきたい看板メニューである。

Dsc00790a

 ここで1本めのジャン酎を飲み干して、2本めのジャン酎を注文するとともに、ジョッキへの氷の追加もお願いしたら、アイスペールにたっぷりと入った「氷」(250円)を出してくれた。

 ちなみに「まるます家」では飲みものは一人3杯まで、ジャン酎の場合は一人1本まで。今日は二人で来てるので、2本めのジャン酎を注文することができたってことですね。

Dsc00791a

 その時また、「いる人ぉ~~っ!」のコールがかかり、出てきたのは「白菜漬け切り落とし」(100円)。これまた「はいっ!」といただきました。

Dsc00792a

 8品めとなるつまみは、これまたこの店に来たら外せない「里いもから揚」(350円)。

 これは煮込んだ里芋に、衣をつけて唐揚げにしたもの。

Dsc00793a

 里芋そのものに煮汁の味が染み込んでいて旨みたっぷりなところに、一緒に出してくれる宮古島の「雪塩ゆきしお」をちょっと振りかけていただくと、より旨みが増すのだ。

Dsc00794a

 本当は「名物スッポン鍋」(850円)も食べたいところだったが、同行のAさんが「スッポンは食べたことがないけど、コラーゲンの多い料理が全般的に苦手にがて」とのことだったので、今日は注文せず、「たぬき豆腐」(500円)をもらって〆とした。

Dsc00796a

 「たぬき豆腐」は、ひとりで食べるときは崩さずにいただいたほうが、個々の具材の味わいがより楽しめるのでいい。

 でも二人以上で食べるときは、具材にかたよりが出ないように、よくかき混ぜていただくのがおすすめだ。

 崩さない「たぬき豆腐」も、崩した「たぬき豆腐」も、それぞれ美味しいので、機会があればぜひ両方を食べ比べてみてください。

 ゆっくりと2時間ほど楽しんで、二人でジャン酎2本+氷に、つまみが9品。お勘定は6,600円(ひとり当たり3,300円)でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和元(2019)年12月13日(金)の記録》

(次回)20.04.14 毎年恒例の赤羽新年会 … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽)

|

« ニッポンぶらり鉄道旅 … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | 赤羽からバスで野方へ … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ニッポンぶらり鉄道旅 … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | 赤羽からバスで野方へ … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »