« 冬休みの前によじかわ … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 〔コラム〕初めてのミャンマー出張(2日め、午前の部) »

〔コラム〕初めてのミャンマー出張(1日め)

Img_6246a

 初めてのミャンマーへの出張は、現地1泊、機中1泊の2泊3日。まさに弾丸出張である。

 これだけ短期間の出張だと、エコノミークラスは割引が効かなくて普通運賃となってしまい、ビジネスクラスの割引運賃のほうが安くなるんだそうな。

 そんなわけで、今回の出張は、久しぶりとなるビジネスクラス。席に着くなりウェルカムドリンクのシャンパンを出してくれた。

Dsc00541a

 そのウェルカムのシャンパンを飲み干して、一眠りして起きた時の写真が、上の写真。

 残念ながら、関東地方はあいにくの雨で、成田空港も降り続く雨のなか、多くの飛行機が離陸の順番を待って行列をなしている。

 私の乗った飛行機も、出発ゲートを離れて1時間ほどたってから、やっと離陸する順番がやってきたのでした。

Myanmar01

 ミャンマーがどこにあるかというと、上の地図のとおり、中国の南、タイの西、バングラデシュの東側にあって、その形は魚のエイに似ている。

 大きな胴体の部分に加えて、マレー半島の西岸を南にのびる尻尾のような土地もミャンマーの一部。南北にとても長いのが大きな特徴だ。

 緯度で言うと、北緯10度から28度の間の、角度で言うと18度の長さ。日本が島しょ部も含めて北緯25度から45度までの20度ぐらいなので、ほぼ同じぐらいだろうか。

 でも日本列島が海の部分が多いのに比べて、ミャンマーはほぼ陸地。だから国土の面積は日本が38万平米なのに対して、ミャンマーは68万平米と、倍近い大きさなのがすごいよね。

Myanmar02

 今回の目的地は、かつての首都であったヤンゴン(旧名ラングーン)。エイの胴体に当たる部分の南端のあたりに位置している。

 2006年に首都がネピドーに移ったものの、ヤンゴンの都市圏の人口は5百万人超と、今でもミャンマー最大の都市である。

Dsc00543a

 離陸して、雲の上に出ると、さっきまでの雨とはうって変わって、真っ青な空と真っ白い雲の絨毯(じゅうたん)の世界が現れた。

Dsc00544a

 水平飛行に移ったところで飲み物とつまみを出してくれる。銘柄が選べるビールは「キリン一番搾り」を選択。

Dsc00545a

 ビールに合わせて出された、つまみの中身はあられ。ビールにちょうどいいですね。

Dsc00547a

 目の前のモニターには、飛行予定ルートが示されている。行きの飛行時間は約8時間である。

 日本との時差は2時間半。日本が正午のとき、ミャンマーは朝の9時半だ。

Dsc00548a

 紀伊半島沖ぐらいに差し掛かったところで、食事の支度が始まった。

Dsc00551a

 和食と洋食が選べる機内食から、和食を選び、ビールに続く飲み物として日本酒を選択すると、長野の「真澄 奥伝寒造り」を出してくれた。

Dsc00557a

 すぐに料理もやってきた。

Dsc00558a

 前菜は「かに味噌豆腐」、「雲丹うに烏賊いか焼き」、「鶏レーズン松風まつかぜ」、「ブロッコリーえごま味噌掛け」。

Dsc00559a

 小鉢は「燻製帆立貝白掛け」。

Dsc00561a

 主菜は「カラスガレイ氷温熟成粕漬け」。日本酒(冷酒)が進む料理がそろっている。

Dsc00562a

 ひとりきり飲んだところで、〆の「俵御飯」に突入する。

Dsc00560a

 日本酒を飲んでる間、ずっと放置していたので、残念ながら「味噌汁」は冷めてしまった。

Dsc00563a

 ご飯を食べ終えて、甘味の「かぼちゃパイ」に進むと、CAさんがお茶を出してくれた。

Dsc00564a

 せっかくのビジネスクラスなのに、残念なのはWiFiが有料であること。飛行中、ずっとWiFiを使いたい場合には20米ドルほど(機種によって違いがある)必要となるのだ。

 国内線は無料なのにね。

 この記事を書くために調べててわかったことだけど、WiFiが使えるのは、公海上空及び衛星使用許可国の上空のみ。この飛行機が通過する中国は未許可国なので、たとえ料金を支払ったとしても、中国上空ではWiFiは使えなかったってことですね。

Dsc00576a

 成田空港を正午前に出て、8時間も飛んだのに、2時間半の時差があるため、ヤンゴンに到着したのは現地時間の午後5時半ごろ。

Dsc00593a

 ヤンゴン空港を出て街なかに向かうと、さすが「黄金の国」と呼ばれているだけあって、通り沿いのあちこちで、きらびやかな宗教関係の施設を目にすることができる。

Dsc00595a

 なかでも、やっぱり一番多いのは仏教系の建物だろうなぁ。町のいたるところに僧侶の姿があるし、子供の修行僧もすごく多い。

Dsc00580a

 ここが今夜の宿舎(ホテル)。チェックインしてすぐに、こちらに赴任している方たちとの会食に出かけた。

 向かったのはヤンゴンの中心部にある、「鎌倉」という和食の店。(→公式サイト

 ミャンマービールをもらって乾杯すると、お通しは小さいロールキャベツ。

 意外と言っては失礼だけど、このミャンマービールがすごく美味しい!

 料理のほうも、きんぴらごぼう、サラダ、キスの天ぷら、とん平焼き、肉じゃがと続く。

 初めてお会いする方々と一緒だったので、その場でカメラを出して写真を撮るのは控えたが、「なんちゃって」ではない、完全なる日本料理を出してくれた。

 店員さんも、ほとんどは現地の人だが、日本人スタッフも何人かいて、和のクオリティを保っているようだ。

 店内は日本人客で大にぎわい。大勢の宴会で盛り上がっている人たちもいて、日本で飲んでるような気分になった。

 飲みものは、ミャンマービールをジョッキで数杯にいただいたあとは、芋焼酎「黒霧島」のロックに移行。完全に日本の居酒屋で飲んでるのと同じパターンである。

 「こちらに来られても、和食しか召し上がらない方もいらっしゃるので、この店によく来るんですよ」と、こちらの会社のIさん。

 「私は多分、こっちの食事でも大丈夫だと思います。ブラジルに赴任していたこともあるので」とお話しすると、

 「じゃ、明日の夜行便に乗る前の食事は、こちらのシャン料理の店に行きましょう。おすすめですから!」

Myanmar03

 シャン料理というのは、ミャンマー東部のシャン州に住む、シャン族が生み出したの料理のこと。中国にも近いこの地の料理は、日本人の舌にもよく合うんだそうな。

 これはまた明日の大きな楽しみができたなぁ。

 「鎌倉」での料理の最後は、ネギトロ巻き&かっぱ巻きで締めくくった。

Dsc00578a

 ホテルに戻って、とっても広いキングサイズのベッドに横になったのは午後9時半。でも、日本時間だとちょうど日付が変わる午前0時なので、もう眠くて眠くて。なんとも長い1日であったことよ。

 ほんの1泊のミャンマーの夜なのに、あっという間に眠りに落ちてしまった。

 2日めに続く……

《令和元(2019)年12月2日(月)の記録》

次の記事→

|

« 冬休みの前によじかわ … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 〔コラム〕初めてのミャンマー出張(2日め、午前の部) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬休みの前によじかわ … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 〔コラム〕初めてのミャンマー出張(2日め、午前の部) »