« 横倒しハシゴ酒4軒め … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 収録の事前打ち合せで … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) »

気軽に個室で楽しめる … 「土風炉(とふろ)」(品川)

Dsc00898a

 先日、『安心のチェーン居酒屋』ということで、「テング酒場」のことを書いた。

 もう1軒、このところよくいく居酒屋チェーン店がある。

 それが、このブログでも何度かご紹介した「土風炉」である。

 「テング酒場」が『大衆酒場』をチェーン店化した業態なのに対して、こちら「土風炉」は『個室もあり、宴会もできる和食居酒屋』というをチェーン店化している。

 自分があまり知らない地域で飲むときは、その地域に勝手知ったる居酒屋チェーンの店舗があると、とても頼りになる。

 他の地域であっても、店の雰囲気はほぼ同じだし、料理の質や値段もたいてい同じだからだ。

 だから自分があまり知らない土地で飲むことになると、気軽にリーズナブルに飲みたいときは「テング酒場」を、じっくりと話がしたいときは「土風炉」を探してみるようにしているのだ。

 今日は4人で予約して、「土風炉 品川店」にやって来た。

 横浜在住の人と都内在住の人が混在しているので、ちょうどその中間地点である品川あたりがいいということになり、この店を予約してくれたのでした。

 「土風炉」の個室は比較的ゆったりとしていて、となりの個室の声も、ほとんど気にならないのがいい。(コートをかけるところがフックだけで、ハンガー等がないのがやや難点だろうか。しかもそのフックが2個しかないので、4人全員のコートはかけられないのだ。)

Dsc00900a

 まずは「キリン生ビール(ジョッキ)」(638円)をもらって乾杯すると、すぐに「お通し」(385円)の海鮮漬が出される。

Dsc00901b

 ここ品川店では、お通しは毎回、海鮮漬である。

 これが「土風炉」の定番化と思いきや、先日、他地区の「土風炉」に行ったら別のお通しが出された。

 お通しは店舗ごとに決めてるのかなぁ?(未確認)

Dsc00899a

 「土風炉」では、いつもの定番メニュー(グランドメニュー)の他に、季節ごとのメニュー(上の写真)が用意されている。

Dsc00902a

 「土風炉」に来ると、必ずといっていいほど注文するのが「ほっけ焼き」だ。

 1尾丸ごとが2,068円、ハーフ(半身)だと1,078円と、けっこう値がはる一品なんだけど、これがうまい。

 2人だとハーフでもいいが、今日のように4人だと1尾丸ごとでも、あっという間になくなってしまう。

Dsc00904a

 「かぼちゃの黒糖焼き」(528円)。このカボチャは、北海道湧別町ゆうべつちょうにあるの自社農園でとれたものなんだそうな。そういう取組みもしてるんですね。

Dsc00907a

 「ぷりぷり海老春巻き」(1本495円)を注文すると、店のおねえさんから、

「春巻は1本が20センチぐらいの長さで、これが1本の値段です。ご注文は1本でよろしいですか?」という確認が入る。

 1本を4人で分けるのもなんなので、つい4本注文してしたが、4本でなんと1,980円である!

Dsc00908a

 飲みものを、キープしている芋焼酎「黒霧島」の一升瓶に切り替えて、つまみは「鶏もも肉 白味噌西京漬け焼き」(792円)である。

Dsc00918a

 この「黒霧島」。メニュー上には『期間限定 特価キャンペーン 一升瓶がお得』(ボトルキープ3ヶ月)と書かれていて、この期間中だけ通常3,740円のものが、特価3,278円と、1割以上お得になっているのだ。

 我われが一升瓶のキープを始めて、すでに2年以上が経ったが、その間ずっと特価キャンペーンの期間が続いている。

 一升瓶は安いが、アイスペールの「氷」が110円、割り材の「佐渡 海洋深層水 500ml」や「ウィルキンソン炭酸水」が209円、ポット入りの「お湯」が110円、カットまたはスライスで出してくれる「レモン」が220円と、それぞれに別料金が発生する仕組みである。

Dsc00913a

 こちらは「長茄子ホイル焼き」(605円)。生姜醤油でいただく。

Dsc00916a

 「旬の刺身5種盛り」は1人前が1,078円で、注文は2人前以上から。上の写真が2人前(2,156円)である。

Dsc00919a

 「カマンベールフライ」(594円)は、その名のとおりカマンベールチーズに衣をつけて揚げたもの。

Dsc00923a

 「とろ~りチーズの厚焼玉子」(869円)。これもよく注文する一品である。

Dsc00926a

 その名のとおり、その内部はトロ~リとしていて、とろけ出てくる。

Dsc00927a

 最後の〆は「生ハムポテトサラダ」(528円)。

 店頭で手打ちして作る「本格自家製 幌加内ほろかない蕎麦」も名物なのだが、今夜は残念ながら、もう満腹。そこまでたどり着けなかった。

 個室でゆっくりと、たっぷりと、4時間半近く楽しんで、今夜のお勘定は4人で18,205円(ひとり当たり4,551円)でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和元(2019)年12月20日(金)の記録》

(次回)20.04.28 一升瓶キープがお勧め … 「土風炉(とふろ)」(品川)

|

« 横倒しハシゴ酒4軒め … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 収録の事前打ち合せで … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横倒しハシゴ酒4軒め … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 収録の事前打ち合せで … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) »