« 野毛に出て都橋商店街 … BAR「野毛ハイボール」(日ノ出町) | トップページ | 店情報: 「久松(ひさまつ)」(清水) »

野毛の〆は黒ホッピー … 「ホッピー仙人」(日ノ出町)

Dsc00983c

 野毛に来たら、ここにも絶対に来なければ。

 「野毛ハイボール」を出て、同じ「野毛都橋みやこばし商店街ビル」の2階を歩くこと約10メートル。

 「ホッピー仙人」である。

 店内には立ち飲んでいるお客さんも多いが、ちょうど店に入るタイミングで、L字カウンターの角の席が空き、立ち飲んでるお客さんたちから「どうぞどうぞ」と勧められてその席へ。まるでシルバーシートのような……(笑)。

 となりの席は大常連のタケーダさん。すっかりご無沙汰しております。

Img_6283c

「今日はサーバーはなくて、瓶の白黒だけです。」

 と仙人(=店主)から声がかかる。

「それじゃ、瓶黒びんくろをお願いします。」

 と黒ホッピー(500円)を注文した。

Dsc00982c

 ここは全国でも珍しいホッピーバー。

 ホッピー以外の飲みものもないことはないんだけど、ほとんどのお客はホッピーを注文する。

 そしてさっき仙人の言葉にあったように、通常はサーバーで提供される樽ホッピーの白黒と、瓶ホッピーの白黒の4種類がすべてそろっていて、それぞれのホッピーの味を比較して楽しむことができる。

 さらに通常は焼酎を割って作るホッピーのベースを泡盛にしたり、ジンにしたりという変化球も楽しむことができるのだ。

 午後7時から10時まで、3時間だけの営業スタイルも変わっていない。

 さっくりと黒ホッピーを1杯(500円)。30分ちょっとで店を後にした。

Dsc00984d

 日ノ出町駅から京急本線で帰ろうと歩いていると、台湾料理「第一亭は、すでに後片付け中。

 「第一亭」の二代目店主・中山政彦さんが2階にオープンしたワインバー「J.J.returns」(17:00-23:00、火休)はまだやっている。

 ここはワインバーながら、「第一亭」の料理も食べることができるんだって。

 土曜日の午後10時台のこの時間帯、日ノ出町から京急戦で品川を経由し、山手線で新宿までは、みんなが帰ろうとする逆方向ということもあってか、座って帰ることができた。

 新宿で乗り換えた中央線はギュッと満員。この電車はいつも混んでいる。

店情報前回

《令和元(2019)年12月21日(土)の記録》

(次回)20.04.30 基本に忠実3冷が旨い … 「ホッピー仙人」(日ノ出町)

|

« 野毛に出て都橋商店街 … BAR「野毛ハイボール」(日ノ出町) | トップページ | 店情報: 「久松(ひさまつ)」(清水) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野毛に出て都橋商店街 … BAR「野毛ハイボール」(日ノ出町) | トップページ | 店情報: 「久松(ひさまつ)」(清水) »