« 〔お知らせ〕「ニッポンぶらり鉄道旅」 2月13日(木) | トップページ | にごり酒 親玉 北の誉 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

青森の生姜味噌おでん … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺)

生姜味噌おでん

 「ほんずなし」では、12月から青森市民の味、「生姜味噌しょうがみそおでん」(470円)が始まった。

 青函連絡船の待ち時間に、少しでも温まってもらおうと、おでんにつける味噌ダレに、おろし生姜を入れたのが始まり。

 今では青森市内のほか、津軽地方一帯でも、おでんと言えばこの「生姜味噌おでん」が一般的なんだそうな。

 1人前のお椀には、大根、玉子、竹輪、こんにゃく、昆布、そしてこれが決め手の大角天だいかくてんの6品が盛り合わせられる。

 大角天というのは、薩摩揚げを薄く、大きく、四角く仕上げたもので、青森の生姜味噌おでんに欠かせない具材だという。

 この店には、珍味系のつまみは多いんだけど、煮込みや煮物の系統は少なかったので、この「生姜味噌おでん」の存在はうれしいなぁ。

イカ三升漬け

 月曜日の今日は、まずはいつものように「ホッピーセット(白)」と「イカ三升漬け」の「得得セット」(550円)からスタートし、合わせて「生姜味噌おでん」も注文した。

 「生姜味噌おでん」の存在は、店のFacebookで知って、早く食べに来たいと思っていたのだ。

 おでんは注文を受けてから仕上げてくれる。

 ボリュームのあるおでんとイカ三升漬けで、ホッピーを3杯(最初のセット+ナカ2杯)飲むことができた。

ニシンの切り込み

 4杯めとなる「なか(おかわり焼酎)」(180円)をもらって、『期間限定サービス品』の「ニシンの切り込み」(通常310円のところを200円で提供)をもらう。

 ニシンの美味しさは、この店で覚えたといっても過言ではない。

三戸のどんべり

 いつもならこのホッピー4杯で終わるところだが、今夜は話も弾んでもう1杯。

 ずらりと並ぶ青森の地酒の中から、『冬季限定』と書かれた「三戸のどんべり(純米にごり酒)」(1合800円、半合450円)を1合でいただいた。

 どうも『限定』という言葉に弱いなぁ。

鮭ハラスとジャガイモのバターいため

 つまみには、今日の黒板メニューの「鮭ハラスとジャガイモのバターいため」(250円)をもらう。

 たっぷりと3時間弱の立ち飲みタイム。お勘定は合計2,810円のところ、前回のレシートに印刷されている「まんだこいへ~ 100円割引券」で、2,710円でした。

 どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和元(2019)年12月9日(月)の記録》

(次回)20.02.20 小さな魚卵の醤油漬け … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺)

|

« 〔お知らせ〕「ニッポンぶらり鉄道旅」 2月13日(木) | トップページ | にごり酒 親玉 北の誉 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 〔お知らせ〕「ニッポンぶらり鉄道旅」 2月13日(木) | トップページ | にごり酒 親玉 北の誉 … 立呑み「やきや」(荻窪) »