« 自家製塩辛と燗酒で〆 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 年明けもオススメ3品 … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) »

もつ初めは今年もここ … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

Dsc01310a

 荻窪「やきや」での『いか初め』から一夜明けた今日は、野方「すっぴん酒場」での『もつ初め』である。

Dsc01315a

 飲みものは、いつものように「黒ホッピー」(450円)でスタートする。

 ちなみにこの店のホッピーは、『黒』しかない。『白』ホッピーはないのだ。

 逆に荻窪「やきや」は『白』のみで『黒』は置いていない。

Dsc01334a

 「お通し」(150円)は、定番のお新香。お新香がないときだけ、別のお通しが出されるようだ。

Dsc01335a

 つまみもいつもの「れば」「ちれ」「しろ」(各100円)を注文すると、今日は一番最初に「ちれ」(塩)がやってきた。

Dsc01336a

 追いかけるように「れば」(タレ)も到着。これを食べなきゃ始まらない。いつも真っ先にいただいている逸品である。

Dsc01337a

 そして人気の「しろ」(タレ)。表面がカリッと焼きあがっていて、内部はチュルトロ系なのがいいね。

Dsc01339a

 次はやっぱり「煮込み」(450円)ですね。

 大好物の3種3本のもつ焼きに続いての煮込み。これで完璧な『もつ初め』となった。

Dsc01340a

 ソト1・ナカ4の4杯めとなるホッピーには、久しぶりの「トマとん」(200円)をいただいた。

Dsc01341a

 本来なら、ここで飲み終えるはずだったのに、常連さんたちとの話も弾み、さらに「はくさい漬け」(150円)と「酎ハイ」(400円)をいただいて〆とした。

 たっぷりと3時間ちょっとの立ち飲みタイム。品物と引き換え払いの支払合計は2,850円でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年1月8日(水)の記録》

(次回)20.04.03 もつ焼き&もつ煮込み … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

|

« 自家製塩辛と燗酒で〆 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 年明けもオススメ3品 … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自家製塩辛と燗酒で〆 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 年明けもオススメ3品 … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) »