« 日曜午後も大にぎわい … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) | トップページ | 店情報: 魚河岸料理「うおぎん」(神戸) »

新幹線の前にもう1杯 … 小魚「阿も珍(あもちん)」(福山)

Dsc01558b

 空席待ちの人もいるほどの大にぎわいに、早めに「自由軒」を出たものの、予約している新幹線の時間まで、まだ50分ほどある。

 もう1軒、軽く飲んでいきましょう。

 こんなときにちょうどいいのが、駅ビルの中にある小魚「阿も珍」だ。

 ここからだと改札口も近いので、ギリギリまで飲むことができるのだ。

Dsc01548b

 「ひとりです」と店内に入ると、店のおねえさんが「こちらにどうぞ」と4人掛けのテーブルのひとつに案内してくれる。

 そしてすぐに出されるお茶と、昼の刺身定食のメニューボード。

 刺身定食の刺身は、日替りらしく、昼過ぎに来ると、必ずこのメニューボードを出してくれる。(昼食は午後3時まで)

 今日の刺身はカンパチ、サーモン、紋甲イカ。これに「ねりもの天ぷら」も付いて1,100円だ。

Dsc01550b

 が、しかし!

 ここで軽く飲むときに、注文するものは決まっている。

 「阿も珍」名物の「ちーいか天ぷら」だ。

 瀬戸内の小いか(小さないか)を使った天ぷらだから、「ちーいか天ぷら」と言うんだそうな。

 普通の量(638円)と、半分の量(385円)が選べるが、普通の量はけっこう多いので、半分にした。

 そしてお酒は呉の「千福」(二合徳利748円)を熱燗で注文。

Dsc01555b

 テーブル上には、『ご自由にお召しあがり下さい』と書かれた「ゆずイカ塩辛」が置かれているので、「ちーいか天ぷら」ができあがって来るまでの間は、その「ゆずイカ塩辛」をつまみに、チビチビと熱燗をいただく。

 この「千福」の熱燗がうまいよねぇ。「ゆずイカ塩辛」にもよく合う。

Dsc01556b

 そして「ちーいか天ぷら」(ハーフ)もやってきた。

 この天ぷら、しっかりと下味が付いているので、このままいただくのが一番うまい。

 しかも、熱々の間が絶対に美味しいので、1個食べてはまた1個と、連続的にいただきつつ、その合いの手に熱燗だ。

 なんとか40分ほどで完食、完飲し、お勘定は1,133円。

 Suicaでピッと支払って、新幹線ホームへと向かったのでした。

 どうもごちそうさま。

 40分はちょっと短すぎて、あわただしいなぁ。

店情報前回

《令和2(2020)年1月19日(日)の記録》

|

« 日曜午後も大にぎわい … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) | トップページ | 店情報: 魚河岸料理「うおぎん」(神戸) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日曜午後も大にぎわい … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) | トップページ | 店情報: 魚河岸料理「うおぎん」(神戸) »