« 今治名物!焼豚玉子飯 … 中華料理「蓬莱閣(ほうらいかく)」(壬生川) | トップページ | 日曜午後も大にぎわい … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) »

呑んべえ向けの夜定食 … 居食屋「声聞(せいもん)」(今治)

Dsc01486a

 壬生川にゅうがわから今治に移動して、夕食にやってきたのは2年ぶり3度めとなる居食屋「声聞」だ。

 カウンター席もテーブル席もある店内に、同行のKさんと二人で入ると、奥のテーブル席に案内してくれた。

Dsc01472a

 Kさんはいつものとおり「芋焼酎」(400円)のお湯割りを、私はアサヒとキリンが選べる「ビンビール(大瓶)」(650円)をアサヒでもらって乾杯である。

 横浜でキリンがよく選ばれるように、このすぐ近く、西条の地にアサヒビール四国工場を有する愛媛ではアサヒがよく選ばれるのだ。

Dsc01476a

 ここに来ると絶対にオススメなのが、小鉢がたくさん付く定食。

 横浜に単身赴任している時代によく通った、今はなき杉田「はまや食堂」の特別定食を彷彿させる定食なのだ。

 そんな「はやま食堂」の特別定食に相当する「声聞」のメニューが「おまかせ定食」(1,000円)。

 今日もその「おまかせ定食」にしようと思ってたんだけど、同行のKさんが、「焼魚定食の焼魚はなに?」と質問したところ、「今日は太刀魚たちうおです」という返事。

 おぉ~~っ。瀬戸内でとれる太刀魚の焼魚は絶対に食べるべき逸品!

 私も方針変更して「焼魚定食」(1,000円)に便乗した。

Dsc01475a

 すぐに出されるお通し(300円)の「鯛湯引き」をつまみにビールを飲みながら「焼魚定食」のできあがりを待つ。

Dsc01485a

 そして出てきた「焼魚定食」。

 メインは太刀魚塩焼き。そこに平天の入った煮物、かぼちゃ煮、イカとキュウリの酢の物、切り昆布の煮物という4つの小鉢と、ごはん、みそ汁、漬物が付く。

Dsc01485aa

「毎晩、お酒を飲みながらの夕食で来られるお客さんも多いので、できるだけ野菜をたくさんにしようと思って」

 と女将さん。その野菜たっぷりの小鉢が、呑兵衛にとってはたまらない酒の肴になるんですねぇ。ありがたや、ありがたや。

Dsc01484a

 ビンビール(大瓶)を飲みきったところで、太刀魚塩焼きに合わせて燗酒を注文すると、その銘柄はわが生まれ故郷の「雪雀ゆきすずめ」(1合450円)だった。

 この「雪雀」燗酒をもう1合いただいて締めくくる。

Dsc01467a

 今夜のお勘定(私の分)は2,850円でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年1月16日(木)の記録》

|

« 今治名物!焼豚玉子飯 … 中華料理「蓬莱閣(ほうらいかく)」(壬生川) | トップページ | 日曜午後も大にぎわい … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今治名物!焼豚玉子飯 … 中華料理「蓬莱閣(ほうらいかく)」(壬生川) | トップページ | 日曜午後も大にぎわい … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) »