« ホッピーとイカを充填 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | オススメの料理が旨し … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) »

もつ焼き&もつ煮込み … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

Dsc01678a

 西日本方面に2週間ほど出張すると、ホッピー切れになるとともに、もつ切れにもなる。

 出張から戻って2日めの今日は、もつの補充のために「すっぴん酒場」へとやってきた。

Dsc01680a

 今日は、カウンターの奥のほうは満員状態で、焼き台に近い入口近くに立って、まずはやっぱり「黒ホッピー」(450円)である。

 ここのホッピーも氷入りで、普通に飲んでソト1・ナカ4のペースになる。

Dsc01681a

 すぐに出される「お通し」(150円)は、マカロニサラダだった。

 ここの定番の「お通し」は、カブ、大根、キュウリのお新香なんだけど、そのお新香がなくなると、マカロニサラダだったり、ポテトサラダだったりするのである。

Dsc01682a

 もつ焼きも、いつものとおり「れば」「ちれ」「しろ」(各100円)からスタートである。

 3種3本を同時に注文すると、たいてい「れば」が最初に焼き上がってくる。

 注文時に味付けを指定しないと、自動的に『おまかせ』になり、「れば」やタレ焼きで出してくれる。

 常連さんたちのほとんどは、味付けは指定せず『おまかせ』にしているようだ。

Dsc01684a

 「ちれ」は脾臓ひぞうの塩焼き。

 間に網脂あみあぶらが挟まれているので、「ちれ」の味わいに、網脂の旨みが加わってコクが出るのだ。

Dsc01685a

 「しろ」は腸のタレ焼き。カリッとした表面の中は、とろりと軟らかい。

Dsc01686a

 ホッピーの「ナカ」(250円)もおかわりだ。

 食べ終わったもつ焼きの串は、カウンターの奥にある串入れに入れる。

 「お通し」に付いてくる2本の新品の串は、はしとして使用する。

 この箸としての串は、最後まで使わないといけないので、親子鍋の取っ手になる部分に刺しておくと、落ちたり、なくなったりすることがない。

Dsc01687a

 冬場は「はくさい漬け」(150円)も外せない一品だ。

 もちろんこの「はくさい漬け」も、箸代わりの2本の串でいただきます。

Dsc01688a

 もつ焼きの2ラウンドめは、「さがり」と「かしら」(各100円)を注文。

 「さがり」は横隔膜おうかくまくなので、正肉に近い味わいだ。

 間に挟まっている白ネギも美味しいね。

Dsc01689a

 「かしら」は、豚の頭部の肉。脂分も多いのが特徴で、旨みが強い。

Dsc01693a

 なにしろ2週間ぶりの『豚もつ』なので、もつ焼きだけで終わることなく、「煮込み」(450円)もいただいた。

 ここ「すっぴん酒場」の「煮込み」と、立会川「鳥勝」の「煮込(牛)」、横浜「豚の味珍」の「牛もつ煮込み」、阿佐ヶ谷「川名」の「牛すじ煮込み」、新橋「美味ぇ津゛」の「芝浦牛にこみ」が、現時点のマイベスト5かなぁ。

 こうして並べてみて初めて、「すっぴん酒場」の「煮込み」(豚)以外は、すべて牛の煮込みであることに気がついた。

 確かに、豚もつ煮込みに比べると、牛もつ煮込みのほうが濃厚なんだよなぁ。

Dsc01697a

 最後は久しぶりとなる「しょうがみょうが」(200円)で締めくくる。

 これは、その名のとおり、生姜しょうが茗荷みょうがを豚肉で巻いて焼いたもの。

 一串に6個刺さっている肉巻きの、先のほうから順に生姜、生姜、生姜、茗荷、生姜、生姜という並び。先っぽから4個めだけが茗荷巻きなのだ。

 たっぷりと3時間半ほど立ち飲んで、黒ホッピーは予定どおりソト1・ナカ4。

 品物と引き換え払い(キャッシュ・オン・デリバリー)での総支払い額は2,850円でした。

 どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年1月25日(土)の記録》

(次回)20.04.11 最後は野方で締め括る … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

|

« ホッピーとイカを充填 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | オススメの料理が旨し … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホッピーとイカを充填 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | オススメの料理が旨し … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) »