« 基本に忠実3冷が旨い … 「ホッピー仙人」(日ノ出町) | トップページ | 思いっきり飲む1軒め … おでん「あさひや」(日ノ出町) »

懐かしい横浜の思い出 … バー「野毛ハイボール」(日ノ出町)

Dsc02547c

 「ホッピー仙人」を出て、同じフロアにある「野毛ハイボール」へ。

 さっきハルさんから、『今夜はプー子ちゃんがやってる』という話を伺ったので、久しぶりにお会いしたいと思ってやって来たのでした。

Dsc02558c

 「野毛ハイボール」は立ち飲みはNG。カウンターの席数(8席)分しか入ることができないので、なかなか入れないのである。

 入口扉を開き、『入れるかなぁ?』と恐る恐るのぞき込んだ店内は、予想どおり、ほぼ満席状態。

 かろうじてL字の角に1席分だけ空きスペースがあり、そこに入らせてもらうことができた。

Dsc02552c

 さっそく中のプー子ちゃんに、お久しぶりのご挨拶をして、「氷なしハイボール」(800円)をいただいた。

 プー子ちゃんもすばらしい手際で、美味しいハイボールを出してくれた。

Dsc02553c

 追いかけるように出されたのは、この店の定番のお通し(サービス)、カレー味のえびせんである。これがハイボールとよく合うのだ。

 いやぁ、それにしても懐かしいなぁ。プー子ちゃんはちっとも変っていない。

 私が野毛で本格的に飲み始めたのは、今から15年前、平成17(2005)年頃のことだった。

 その頃から、「ホッピー仙人」や「福田フライ」、「トモ」などの酒場には、若い女性のひとり客も数多く来られていて、驚いたものだった。

 その中の一人がプー子ちゃんだったのだ。

Dsc02557c

 2杯めは「メキシカンハイボール」(900円)。

 お店は満員なのに、さらに新しいお客さんが扉を開けて店内をのぞいては、「ごめんなさい。満席なんです」と言われ、残念そうに扉を閉めていく。

 そんな状況なので、残念ながらプー子ちゃんを独り占めして、思い出話に花を咲かせるわけにはいかないが、それでも合い間、合い間でちょっと話ができたのが良かった。

 横浜の酒場に最もはまってた時期だったからなぁ。いろんなことを懐かしく思い出した。

 ぜひまたプー子ちゃんが手伝ってる日にも来なきゃね。どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年2月27日(木)の記録》

(次回)20.05.03 2、3をすっ飛ばして … バー「野毛ハイボール」(日ノ出町)

|

« 基本に忠実3冷が旨い … 「ホッピー仙人」(日ノ出町) | トップページ | 思いっきり飲む1軒め … おでん「あさひや」(日ノ出町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 基本に忠実3冷が旨い … 「ホッピー仙人」(日ノ出町) | トップページ | 思いっきり飲む1軒め … おでん「あさひや」(日ノ出町) »