« 会社帰りにさっくりと … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 店情報: 地酒ミュージアム「信州おさけ村」(新橋) »

野菜に始まり串焼で〆 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

Dsc01764a

 会社を出るのが遅くなり、「川名」に到着したのは午後9時。

Dsc01766a

 いつもなら「ホッピー」(380円、以下すべて税別表記)か「生グレープフルーツサワー」(380円)を注文するところだが、今夜はシンプルに「酎ハイ(生レモン)」(380円)を選んだ。

 サービスのお通しはミカンである。

Dsc01779a

 ちなみに他の飲みものメニューは、上の写真のようなもの。

 「あかねハイ」(380円)や「めかぶ茶お湯割」(380円)も、しばらく飲んでないなぁ。

Dsc01769a

 こちらは今日のホワイトボードメニュー。この他に、いつもある定番のメニューが、店内に短冊たんざくなどで掲示されている。

Dsc01768a

 そんなホワイトボードメニューから、今日の1品めとして「ごぼうれんこんサラダ」(280円)を注文した。

Dsc01773a

 「酎ハイ(生レモン)」をおかわりして、2品めは「だし大根煮」(180円)。

 おでんの大根のような料理なんだけど、ダシがよく染みた大根がうまいね。

Dsc01774a

 続いては、店の看板メニューでもある焼鳥を注文する。

 店内には『串焼の注文は2本からです』という掲示があるが、複数の種類が混ざってもかまわない。合計が2本以上になればOKなのだ。

Dsc01778a

 そこで、今夜は「白もつ」(120円、写真左)と「鳥皮」(120円、写真右)を、タレで焼いてもらった。

 「白もつ」は『もつ焼き(やきとん)』で、「鳥皮」は『焼き鳥』。

 「川名」にはどっちもあるので、両方を楽しむことができる。

 だから「豚レバ」(120円)と「鳥レバ」(120円)を食べ比べてみる、なんてこともできます。

Dsc01782a

 そうこうしているうちに、もう閉店時刻の午後11時が近づいてきた。

 席料100円と消費税が加わって、今夜のお勘定は1,716円。

 PayPayで支払って、どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年1月30日(木)の記録》

(次回)20.04.21 骨も軟らかブリアラ煮 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

|

« 会社帰りにさっくりと … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 店情報: 地酒ミュージアム「信州おさけ村」(新橋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 会社帰りにさっくりと … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 店情報: 地酒ミュージアム「信州おさけ村」(新橋) »