« ブラジル同窓会の後に … 居酒屋「なりた屋」(鷺ノ宮) | トップページ | 勤務後に寄り道したら … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

いろんな味でゲソ揚げ … 立呑み「やきや」(荻窪)

Dsc03291a

 彼岸を過ぎたというのに、会社からの帰り道が寒い。

 こんな寒い日に「いか大根」がないのが残念だ。(「いか大根」は毎年11月末から、翌年2月末までの季節メニューなのだ。)

Dsc03277a

 午後6時過ぎの店内は、いつものとおり超満員。

 かろうじてもうひとり入れるかどうかという一番奥の立ち飲みテーブルの奥に、無理やり入れてもらって、まずは「ホッピー」(360円)からスタートした。

Dsc03278a

 最初のつまみは、いつもは〆にいただくことが多い「自家製塩辛」(230円)にした。

 こうやって旨味が強いつまみを最初にいただくのも美味しいよね。

Dsc03279a

 「ナカ(焼酎おかわり)」(170円)をもらって、2品めのつまみには「いかみみ焼」(230円)を注文。

 この「いかみみ焼」は、最初から仕入れがない日が多い。

 となりの人が「いかみみ焼」を注文したところ、スルッとその注文が通ったので、

「えっ? 今日はミミ焼きがあるんですね。じゃ、私も!」

 と、まだ「自家製塩辛」が残っているのに、あわてて「いかみみ焼」を便乗注文したのだった。

 「いかみみ焼」があるとわかると、みんなから一斉に注文が飛んで、あっという間に売り切れますからねぇ。急がないといけないのだ。

Dsc03280a

 2杯目のホッピーで塩辛もミミ焼も食べ終えて、3杯めとなる「ナカ」と共に「げそ揚げ」(230円)をもらった。

 店が開店する前に揚げ終えて、カウンター上のバットに置かれている「げそ揚げ」は、注文するとすぐに出てくる一品だ。

 揚げたてカリカリのゲソ揚げも美味しいけど、しっとりと衣がやわらかくなったこの「げそ揚げ」も旨いんだなぁ。

Dsc03281a

 その「げそ揚げ」で、塩辛の残りタレをぬぐうように絡めて食べるのもまた旨い。

 なにしろ『塩辛の旨み』+『げそ揚げの旨み』の相乗効果だもんね。

Dsc03283a

 その「げそ揚げ」を一切れだけ残して、4杯めとなる「ナカ」と共に「煮込み」(190円)を注文。

 ここの「煮込み」は、ツユだくなのが大きな特徴だ。

 しかもそのツユが、味噌汁よりちょっと濃い程度のやわらかい味付けなので、ツユまでつまみになるのである。

Dsc03287a

 具材は豚シロ(腸)とコンニャク。そしてトッピングの刻みネギ。

 これで190円なんだから驚くよね。

Dsc03288a

 ひとしきり具材をいただいたところで、残った「煮込み」のツユに、一切れだけ残しておいた「げそ揚げ」を投入していただく。

 この食べ方は初めてだけと、これが実にうまかった! いい食べ方を発見したなぁ。

 ここのつまみ類は、値段は安いけど手間ひまはかかっている。

 女将さんは朝の7時半には店にやってきて仕込みを始めているそうだ。

「自宅にいるのは夜中の12時から朝の6時までの6時間ほど。それ以外の時間は、ずっと店にいるのよ」

 まったくもって頭が下がる話である。

 2時間弱の立ち飲みタイム。ホッピー4杯(最初のセット+ナカ3回)と4品で、今日のお勘定は1,750円でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年3月24日(火)の記録》

(次回)20.06.14 串刺フランク皿の前で … 立呑み「やきや」(荻窪)

|

« ブラジル同窓会の後に … 居酒屋「なりた屋」(鷺ノ宮) | トップページ | 勤務後に寄り道したら … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブラジル同窓会の後に … 居酒屋「なりた屋」(鷺ノ宮) | トップページ | 勤務後に寄り道したら … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »