« 青森海産加工品と地酒 … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) | トップページ | 宇ち入り話をつまみに … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

刺身盛合せが380円 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

Dsc02790a

 阿佐ヶ谷駅北口から、旧・中杉通り(松山通り)に沿って歩くこと約8分(600mほど)の商店街の中に焼鳥「川名」がある。

 「川名」の創業は昭和46(1971)年(来年で創業50年)。もとは肉の卸をされていた店主・川名茂さんが始めた焼鳥店だ。

 店内はカウンター7席、4人用テーブル×3卓、そして奥の小上がりに4人用座卓×4卓の合計35席。

 さらに店頭では持ち帰り用の焼鳥の販売も行っており、そのすべてを店主とエミさんのお二人で切り盛りされている。

Dsc02792a

 まずは「赤ホッピー」(380円、以下すべて税別表記)を注文すると、サービスで出されるお通しはオレンジ2切れ。

 「川名」のお通しは必ずフルーツなのだ。

 「赤ホッピー」というのは、通常のホッピー、いわゆる白ホッピーのこと。

 通常のホッピーは王冠の色が赤、黒ホッピーは王冠の色が黒なので、この店ではその王冠の色によって、「赤ホッピー」「黒ホッピー」と呼び分けているのだ。

Dsc02793a

 さてつまみ。カウンター内の壁、中央部に掲げられている手書きのホワイトボードメニューを確認する。

 ここに日替りのオススメ料理が書き出されていて、売り切れると消されていく。

Dsc02795a

 そんな中から「刺身盛合せ」(380円)を注文すると、「刺身盛合せ」はそれで売り切れとなり、代わりに「昆布しめさば」(380円)が書き出された。

 「刺身盛合せ」が380円というのも「川名」ならではの価格だが、そこにもまたフルーツが盛り合されているのも「川名」流だ。

Dsc02796a

 と、そこへ。店主が「これ、食べてよ」と出してくれたのは、大人のこぶしぐらいの大きさのクリガニである。

「えっ! いいんですか!?」

 驚いて確認すると、

「今日のオススメ料理にしようと3匹仕入れたんだけど、中がスカスカで出さなかったんですよ。これだけが、スカスカの中でもかろうじて身が入ってるから、良かったら食べて」と店主。

 なるほどなぁ。そんなこともあるんですねぇ。

Dsc02797a

 パカッと甲羅こうらを開けてみると、たしかに身がギッシリという感じではない。

 でもそれぞれの足や爪の中には、キッチリと身が詰まっているので、これはこれで美味しいぞ!

Dsc02800a

 「焼酎のみ(ナカ)」(340円)をもらうと共に、つまみには「豚ガツ酢」(280円)を注文。

 「川名」のジョッキは大きいので、ホッピーもソト1・ナカ2ぐらいでいただくと、それでけっこう効くのである。

 「焼酎のみ(ナカ)」は、継ぎ足しではなくて、新しいジョッキで出してくれる。

 氷なしのホッピーが好きな人は、氷なしも選ぶことができる。

 「豚ガツ酢」は、ゆで冷ました豚ガツ(胃袋)を細かく切って酢醤油をかけ、刻み白ネギをトッピングしたもの。

 クセがない豚ガツは、モツが好きじゃない人でも食べることができる一品だ。

Dsc02804a

 その「豚ガツ酢」を食べ終えたところで、「だしきのこ煮」(220円)を追加注文した。

Dsc02805a

 上にのせられているとろろ昆布を、ちょっとずらしてみると、その下にはエノキダケがたっぷり。

 ブナシメジ、ナメコなどの食感を楽しみながら美味しくいただきました。

Dsc02807a

 「だしきのこ煮」を食べ終えるころ、店主がサービスで「みたらし餅」を配ってくれた。

 店主はとにかく『お客さんが喜ぶ』ということが大好き。

 何か出せるものがあると、すぐに、それが好きそうな常連さんたちに出してくれるのだ。

 ぜひ何度か通って、自分がどんなものが好きなのかということを、店主に覚えてもらってください。

Dsc02808a

 2時間ほどの『酒場浴』。席料100円と消費税が加わって、今日のお勘定は1,870円でした。どうもとちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年3月5日(木)の記録》

|

« 青森海産加工品と地酒 … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) | トップページ | 宇ち入り話をつまみに … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青森海産加工品と地酒 … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) | トップページ | 宇ち入り話をつまみに … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »