« まんだこいへ~割引券 … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) | トップページ | 店情報: 煮込「蔦八(つたはち)」(大森) »

春はメカブの季節です … 立呑み「やきや」(荻窪)

Dsc03129a

 火曜日の今日は、2週間ぶりとなる荻窪「やきや」にやってきた。

 ほぼ週1で来てるので、こんなに間があくのは久しぶりだ。

 本当は昨日、「やきや」に来たかったんだけど、高円寺「ほんずなし」が火曜定休なので、先に「ほんずなし」に行って、今日が「やきや」になった次第。

 月曜「ほんずなし」→火曜「やきや」という流れは、このところ、けっこう多い気がする。

Dsc03122a

 いつものように「ホッピー(ソト+ナカ)」(360円)をもらって、つまみは「いか刺身」(240円)を「生姜しょうがで」のオプションで注文した。

 「生姜で」のオプションでお願いすると、普段は練りワサビが添えられるところを、おろし生姜にかえてくれるのである。

 どちらもそれぞれの美味しさがあるので、その日の気分によってワサビにしたり生姜にしたりしている。

 同じように「いか刺身」と「いかみみ刺身」もそれぞれに美味しさがあるので、これもまたその日の気分次第。

 その場で引いてくれる「いかみみ刺身」は、コリッとした硬めの食感が特徴。

 一方で「いか刺身」のほうは、今日のように早い時間帯だと、あらかじめ刺身に引いて準備してある「いか刺身」があって、身のねっとり感が、たまらなくうまいのだ。

 このあらかじめ準備されている刺身がなくなると、そこからは「いかみみ刺身」と同様に、「いか刺身」も注文を受けてから刺身に引いてくれるようになる。これもこれで、またうまい。

Dsc03124a

 「焼酎おかわり(ナカ)」(170円)をもらって、2品めのつまみは昨日に続いて「しめさば」(300円)である。

 ここの「しめさば」も青森・八戸産の、『よくシメ』タイプのもの。

 半身丸ごとでこの値段(300円)なのが嬉しいねぇ!

 たっぷりの「しめさば」で、もう1回「焼酎おかわり(ナカ)」をもらったところで、ソト(瓶入りホッピー)がなくなった。

 いつもソト1・ナカ4で飲んでるんだけど、今日はソト1・ナカ3。

 焼酎の量は常に定量なので、今日は氷の量が少なかったのかな。

 薄め(=アルコール度数が低め)のホッピーが好きな人は、「ホッピー(ソト+ナカ)」を『氷なし』で注文したり、「焼酎おかわり(ナカ)」を注文するときに「氷は足さないでください」とお願いしたりしている。

 これによりソト1に対して、ナカが1~2杯分の分量になって、アルコール度数が低いホッピーになるのだ。

Dsc03126a

 ホッピー3杯(ソト1・ナカ3)では、ちょっと飲み足りないので、「酒一杯」(280円)をかんでもらって、つまみには「めかぶ」(190円)である。

 燗酒と「めかぶ」の組み合わせ。実に相性抜群ですねぇ。春は「めかぶ」の季節です。

 ゆっくりと2時間ほど立ち飲んで、今日のお勘定は1,710円でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年3月17日(火)の記録》

(次回)20.05.28 いろんな味でゲソ揚げ … 立呑み「やきや」(荻窪)

|

« まんだこいへ~割引券 … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) | トップページ | 店情報: 煮込「蔦八(つたはち)」(大森) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まんだこいへ~割引券 … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) | トップページ | 店情報: 煮込「蔦八(つたはち)」(大森) »