« 食堂であり酒場であり … 食堂「モンキー」(本庄) | トップページ | 外勤の帰りに途中下車 … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) »

本庄から戻ってイカ刺 … 立呑み「やきや」(荻窪)

Dsc02758a

 本庄(埼玉県)での仕事を終え、湘南新宿ライン、中央線と乗り継いで荻窪。

 八戸のイカ料理を安価に楽しむことができる「やきや」にやって来た。

Dsc02748a

 一番奥の、大常連さんたちが囲んでいる立ち飲みテーブルの一角に立たせてもらい、まずはやっぱり「ホッピー」(360円)である。

 ックゥ~~ッ。

 前回、ここ「やきや」で飲んで以来、実に11日ぶりの氷入りホッピーである。

 先週、横浜・野毛の「ホッピー仙人」で、氷なしの美味しいホッピーもいただいたのだが、この氷入りの、アルコール度数が強めのホッピーも捨てがたいんですよねぇ。

Dsc02750a

 冬場だけの「いか大根」も前回で終了したので、今日の一品めは「いか刺身」(240円)にした。

 標準的に付けられる山葵わさびの代わりに、生姜しょうがを添えてもらう。

 この「いか刺身」だけで、ホッピーが2杯(最初のセット+ナカ)いける。

Dsc02751a

 さらに「焼酎おかわり(ナカ)」(170円)をもらって、「いかみみ焼」(230円)を焼いてもらう。

 このところ、「いかみみ焼」はない(仕入れがない)ことが多いので、久しぶりの「いかみみ焼」である。

Dsc02753a

 奥のテーブルを囲む常連さんたちとの話で盛り上がっているうちに、ホッピーもソト1・ナカ4で飲み切ったので、「きざみ穴子」(230円)と「酒一杯」(280円)を燗酒で注文した。

Dsc02756a

 すぐに燗酒もやってきた。

 「酒一杯」は冷酒、冷や(常温)でもらう場合には、受け皿付きのコップで出してくれるが、燗酒の場合は徳利と猪口で出してくれるのだ。

 ゆっくりと2時間ほど立ち飲んで、今日のお勘定は1,850円でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年3月2日(月)の記録》

(次回)20.05.23 春はメカブの季節です … 立呑み「やきや」(荻窪)

|

« 食堂であり酒場であり … 食堂「モンキー」(本庄) | トップページ | 外勤の帰りに途中下車 … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 食堂であり酒場であり … 食堂「モンキー」(本庄) | トップページ | 外勤の帰りに途中下車 … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) »