« 店情報: バー「カモメ」(日ノ出町) | トップページ | 日本のバー160周年 … バー「R(アール)」(桜木町) »

BGMは昭和ポップス … バー「カモメ」(日ノ出町)

バー「カモメ」の入口

 思いっきり飲むつもりで野毛の町に来たものの、1軒めの「あさひや」を出た後、「第一亭」に満席でふられ、「ホッピー仙人」は臨時休業で、なんとか「野毛ハイボール」に滑り込んで、やっと2軒めとなったところである。

 今夜の3軒めは、「野毛ハイボール」の店主・ハルさんにご紹介いただいた、バー「カモメ」にやって来た。

コースター

 このバーもまた、なんとも横浜っぽい。

 横浜ではバーもまた、広く大衆酒場として愛されていて、普通の酒場に行くのと同じような感覚で行けるバーが多いのである。

 「野毛ハイボール」もそんなバーの1軒だし、考えてみれば「ホッピー仙人」だって、ホッピー・バーだもんね。

 そんな意味で『横浜っぽい』バーなのだが、ここバー「カモメ」は、なんと『昭和歌謡バー』なんだそうで、店内には懐かしい昭和時代の歌謡曲が流れている。

 昭和時代の歌謡曲といっても、けっして演歌系ではなくてポップス系、いわゆる昭和ポップスである。

カモメハイボール

 空いていたカウンタ席のひとつに座り、まずは店名が冠された「カモメハイボール」(800円)を注文した。

 これはレモン入りのハイボールのこと。

お通しの小袋菓子

 お通し(たぶんサービス)として出されたのは、小さな袋菓子が2袋。

バックバーの様子

 バックバーには、酒類のほかに、昭和っぽいグッズやブロマイドなども並んでいる。

2台のプレーヤー

 なによりも驚いたのがこれ!

 店内に流れている昭和ポップスは、カウンター上に置かれた2台のレコードプレーヤーで、シングルレコード盤(ドーナツ盤)で流されているのだ。

 店は、カウンターの中にいる女性ひとりで切り盛りされている。

 その女性が、自らディスクジョッキーとしてレコード盤の交換もしているのがすごいねぇ。

 4~5分ごとにレコード盤を入れ替えないといけないから大忙しだ。

 現在かかっているレコードのジャケットは、バックバーに置かれ、今なにが流れているのかが、一目でわかるようになっている。

昭和ハイボール

 2杯めには「昭和ハイボール」(800円)をもらった。

 ゆるゆると1時間半ほど昭和ポップスを楽しんで、お勘定は1,600円でした。

 どうもごちそうさま。

 さすが野毛。いろんな酒場があるなぁ!

店情報

《令和2(2020)年2月28日(金)の記録》

|

« 店情報: バー「カモメ」(日ノ出町) | トップページ | 日本のバー160周年 … バー「R(アール)」(桜木町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店情報: バー「カモメ」(日ノ出町) | トップページ | 日本のバー160周年 … バー「R(アール)」(桜木町) »