« 店情報: 「ブンカ堂(ぶんかどう)」(京成立石) | トップページ | 3年ぶりの若鳥唐揚げ … 「鳥房(とりふさ)」(京成立石) »

こだわりのお酒と料理 … 「ブンカ堂(ぶんかどう)」(京成立石)

Dsc03062b

 立石での2軒めは「ブンカ堂」にやってきた。

 「ブンカ堂」は、「旧・二毛作」~「おでん丸忠」を切り盛りされていた西村浩志さんが独立され、2018年末にオープンした、お酒と料理が美味しい小さな酒場。

 オープンしてまだ1年半もたっていないが、すでに立石の人気酒場の1軒になっている。

Dsc03064b

 ざっくりと『お酒と料理が美味しい』と書いたが、その酒にしても日本酒あり、ワインあり、ビール、ウイスキーありと幅広く、その品揃えにも西村さんの姿勢が感じられる。

Dsc03067b

 先ほど「宇ち多゛」で一緒になった小西康隆さんは、オレンジワインを注文。

 店主・西村さんのていねいな注ぎ方がいいよね!

Dsc03068b

 私は2種類ある生ビールの中から「プレミアム熟撰」(600円)をいただいた。

 うすはりグラスに注がれたビールの泡が、とても美しい。

 味はもちろんなんだけど、このビジュアルだけで、すでに感動を与えてくれるよね。

Dsc03074b

 今日の「お通し」(250円)は貝のサラダ。おかわりしたいぐらい旨い。

Dsc03073b

 こちらが料理の品書き。西村さん独自の料理がずらりと並んでいる。

 「おでん丸忠」時代にも人気が高かった「発酵ソーセージ」や「カルー」(ライスなしのカレーのルーのみ)などは、こちらでもやっぱり食べることができるんですね。うれしいなぁ。

 ちなみに、店の公式サイトでは、『自然派ワインと相性抜群!』という「豚タン塩煮込み」(600円)と、『日本酒、ワイン、ハイボールと相性抜群!』という「合鴨のロース煮」(700円)の2品が、おすすめ料理として紹介されています。

Dsc03075b

 そんな品書きの中から、まずは「せり・油揚げ・豚バラの煮びたし」(500円)をいただいた。

Dsc03072b

 そしてこちらが魚介類のメニュー。仕入れによって変わるそうだ。

Dsc03079b

 「シャコ刺」(550円)。この時季のシャコは『子持ちシャコ』。卵がたっぷりと入ってるのが嬉しいね。

Dsc03080b

 「〆サバ刺」(600円)も呑兵衛の定番である。

 料理を盛ってくれる器の種類が多くて、しかもそれぞれの皿がが個性的で美しい!

Dsc03083b

 仕事を終えた宇ち中さんも来られて、2杯めには、もう1つの生ビール、「琥珀の時間」(600円)をもらった。

Dsc03082b

 そしてつまみは、満を持しての「発酵ソーセージ」(400円)である。

 私はこの「発酵ソーセージ」が大好きなんです。

 酸味が効いた強い旨みが、どんな酒にも合うよねぇ! 幸せじゃ。

Dsc03084b

 午後6時を回ったころからお客さんも増えてきたので、我われもそろそろ席を空けることにした。

 1時間15分ぐらい楽しんで、お勘定は一人当たり2,000円ずつぐらいでした。どうもごちそうさま。

 いやぁ、ずっと課題になっていた「ブンカ堂」で飲むことができて、本当に良かった。

店情報

《令和2(2020)年3月13日(金)の記録》

|

« 店情報: 「ブンカ堂(ぶんかどう)」(京成立石) | トップページ | 3年ぶりの若鳥唐揚げ … 「鳥房(とりふさ)」(京成立石) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店情報: 「ブンカ堂(ぶんかどう)」(京成立石) | トップページ | 3年ぶりの若鳥唐揚げ … 「鳥房(とりふさ)」(京成立石) »