« 初めてのカウンター席 … 「丸千葉(まるちば)」(南千住) | トップページ | 南千住ハシゴ酒3軒目 … 「大坪屋(おおつぼや)」(南千住) »

名物ホイスハイボール … 「うぐいす酒場」(南千住)

Dsc03238b

 南千住での2軒めは、南千住駅前まで戻って、「うぐいす酒場」である。

 「うぐいす酒場」がオープンしたのは、前の東京オリンピックが開催された昭和39(1964)年。今年で創業56年となる老舗大衆酒場なのだ。

 もともとは、駅前ロータリーの向こう側の建物の2階にあったが、その一帯が再開発されて大きな駅前ビルになり、「うぐいす酒場」も、もつ焼き「カミヤ」などと一緒にその地下1階にある「北口飲食店街」に入った。

Dsc03195b

 以前は冒頭の写真の暖簾のれん提灯ちょうちんに書かれているとおり、「鶯酒場」という漢字表記だったが、今は上の写真のような読みやすい看板も掲げられている。

Dsc03196b

 営業時間は午後4時半から午後10時までの5時間半。

 コの字カウンターだけの店内だが、そのコの字の入口側の1辺は、回転ずし屋のテーブル席のように、カウンターに連接したテーブル席になっている。

 店に着いたのは開店15分後の午後4時45分。店内にはすでに3~4人の先客がおり、我われ4人はテーブル席の1つを囲んだ。

Dsc03240b

 「うぐいす酒場」と言えば、なんといってもその名物は「ホイスハイボール」(350円、以下すべて税別表記)。

 さっそくその「ホイスハイボール」を4杯もらって乾杯である。

 ホイスというのは、ホッピーなどと同じような焼酎の割りもの。

 ホッピーが『庶民のビール』を目指したのに対し、ホイスのほうは『庶民のウイスキーハイボール』を目指して昭和30年ごろに登場した。

 当初はホイスキーと呼ばれていたそうだが、それが転じてホイスとなった。

Dsc03239b

 飲みものと相前後して、ひとり1つずつの「お通し」も出される。

 ちなみに飲みものは、名物のホイスハイボール以外にも、「焼酎25°正一合」(250円)、「清酒二級正一合」(250円)、「清酒一級正一合」(320円)、「ビール(小)一本」(350円)、「ビール(大)一本」(550円)、「酎ハイ」(300円)(梅干し1個100円)、「レモンハイ」(300円)(生レモン1個200円)、「ウーロン割り」350円、「お茶割り」350円、「水・お湯割り」300円などが並んでいる。

Dsc03241b

 つまみには自家製の「甘酢らっきょう」をいただく。

 壁のメニューに並んでいるのは、「おでん一皿」(450円)、「串カツ」(1本300円)、「肉野菜炒め」(480円)、「煮込み」(320円)、「くじらベーコン」(680円)、赤魚粕漬け」(600円)、「フライドポテト」(300円)、「チーズ」(320円)、「いかさし」(450円)、「しめさば」(420円)、「まぐろぶつ」(380円)、「まぐろ納豆」(450円)、「アジフライ」(2枚450円)、「イカフライ」(2本380円)、「えびフライ」(2本460円)、「ゆどうふ」(450円)、「とりつくね鍋」(650円)、「キムチ鍋」620円)などなど。

 さすがは南千住。全体的に安いよね。

Dsc03242b

 ホイスハイボールをおかわりしつつ、次なるつまみは「そら豆」(400円)だ。

Dsc03243b

 そして「煮込み」(320円)もいただきます。

Dsc03244b

 これまたゆっくりと2時間ほど楽しんで、ホイスハイボールはひとり2~3杯ずつ。お勘定は4人で6,200円(ひとり当たり1,550円)でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年3月21日(土)の記録》

|

« 初めてのカウンター席 … 「丸千葉(まるちば)」(南千住) | トップページ | 南千住ハシゴ酒3軒目 … 「大坪屋(おおつぼや)」(南千住) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初めてのカウンター席 … 「丸千葉(まるちば)」(南千住) | トップページ | 南千住ハシゴ酒3軒目 … 「大坪屋(おおつぼや)」(南千住) »