« 時短の影響で再び休業 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 連休が明けて営業再開 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

信玄どりもまた美味し … もつ焼「ふじ井」(都立家政)

Dsc03582a

 3月末に突然閉店(その経緯)となった「竹よし」の『ボトル・思い出の品のお持ち帰り会』が開催された。

 「竹よし」では、いつも日本酒をいただいていた私は、キープしている焼酎などはなかったが、お店を手伝っていた女性陣(竹よしシスターズ)や常連のお客さんと会うことを目的に、「竹よし」に出かけて行った。

 あるお店が閉店するということは、そのお店を核として形成されていた小さなコミュニティーがなくなるということ。

 これまでも何度も経験したが、その店が閉店すると、その店でお会いしていた面々と一堂に会することは、二度とできなくなってしまうのだ。

(ご常連さんたちのうちの何人かと、別の店でばったりとお会いしたりすることはあるんだけれど……。)

 そんな「竹よし」からの帰り道。駅近くの路地をのぞくと、もつ焼き「ふじ井」が営業していたので、吸い込まれるように店に入った。

Dsc03583a

 見るたびに、いつも満席状態が続いている「ふじ井」にすんなりと入れるのは、緊急事態宣言下ならではだろう。嬉しいような、悲しいような……。

 その「ふじ井」も、要請に従って午後8時までの営業で、お酒の提供は午後7時まで。

 まずは「ホッピー白」(390円、以下すべて税別表記)をもらって、喉をうるおす。

Dsc03585a

 つまみは「もつ煮込」(350円)から。

 ここの「もつ煮込」は、立石「宇ち多゛」の煮込みのように、いろんな部位(たん、がつ、ふわ、なんこつ、小腸、こぶくろ、はつもと等)が入っていて、味噌で味付けしたもの。

 西武線沿線のもつ焼き屋は、それぞれの店が特徴のある煮込みを食べさせてくれるのが楽しい。

Dsc03586a

 もつ焼きの1本めには、これまたこの店ならではの「づけもつ焼き」(120円)を焼いてもらった。

 これは、シロを特製のみそだれに漬け込んだもつ焼きで、やわらかいシロの味わいがすばらしい。

Dsc03588a

 2本めは、生から焼き上げる「自家製つくね」(180円)。これも旨い。

 カウンター席では、「竹よし」の常連さんでもある玉井さん、小野さんが飲んでいる。

 一緒に来られたわけではなくて、それぞれひとり客としてやってきたもの。

 玉井さんは、鷺ノ宮「なりた屋」の常連さんでもある。

 その玉井さんによると、「なりた屋」は要請どおりに時間短縮した上で、『会員制』にすることで、常連さんたちを中心とした営業にして、感染拡大の防止を図っているとのこと。

 みなさん、厳しい環境の中で、様々な工夫をされてるんですねぇ。

Dsc03589a

 カウンター席には、ホッピーと一緒に、トマトジュース(ソト)とレモン(くし切り)をもらって、ホッピーをレッドアイ風にして飲んでる常連さんがいる。これはいいかも!

 ソト1・ナカ4のペースでホッピーを飲んでいた私も、4杯めのナカの代わりに「トマトハイ」(390円)をもらい、そこに残っていたホッピー(ソト)を投入した。

 う~~ん、残念。ホッピー(ソト)の量が少な過ぎて、あまりホッピーらしさを感じない。

 レッドアイ風にするには、ホッピー(ソト)とトマトジュース(ソト)のうまいバランスをとる必要があるようだ。

Dsc03590a

 3本めは、もつ焼きではなくて焼き鳥。「信玄どり正肉大串」(160円)を注文した。

 メニューにも、あえて『大串』と書いているとおり、そのずっしりとした重量感がいいねぇ!

 他にも「信玄どりせせり大串」(160円)と「豚バラ大串」(160円)という『大串』メニューがある。

Dsc03592a

 さらには「酢もつ」(250円)。

 本来はガツとミミが入るそうだが、今夜はガツのみのシンプル版だ。

 ゆっくりと2時間ほど楽しんで、席料100円と消費税が加わって、今日のお勘定は2,730円なり。どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年4月18日(土)の記録》

|

« 時短の影響で再び休業 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 連休が明けて営業再開 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 時短の影響で再び休業 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 連休が明けて営業再開 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »