« 複数人での最後の会食 … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) | トップページ | 思いもしなかった結末 … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) »

野方に戻ってモツで〆 … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

Dsc03437b

 「まるます家」を出て、JR線で帰るみんなと赤羽駅で解散し、私は赤羽駅前から高円寺行きの路線バスに乗りこんだ。

 環七を走るこのバスは、35分ほどで野方に到着するのだ。

 そして時間はまだ5時半。寄るよねぇ、「すっぴん酒場」。

Dsc03438b

 奥に向かって細長い店内に沿って、縦に長~い「コ」の字型になっている立ち飲みカウンターの真ん中あたりに立ち、まずはやっぱり「黒ホッピー」(450円)である。

 ちなみにこの店のホッピーは、黒しかありません。そして荻窪の「やきや」には白しかありません。どちらも自分の行きつけの店なのに、面白いね。

Dsc03439b

 追いかけるように出される「お通し」(150円)は、定番の大根、カブ、キュウリのお新香。

 このお通しが出たところで、「両方合わせて600円です」と、目の前のカゴに置いたお金から、600円がもっていかれる。お釣りが必要な場合は、カゴの中にお釣りを入れてくれる。

 出てきた品物と引き換え払いのキャッシュ・オン・デリバリー方式なのだ。

 そして、これまたいつものように「れば」「ちれ」「しろ」(各100円)の3本を注文し、お通しのお新香をつまみながら、それらの焼き上がりを待つのである。

Dsc03440b

 まず真っ先に焼き上がってくるのは、いつも「れば」。

 味付けは指定せず、店主のお任せにしているのだが、「れば」はタレ焼きで出してくれる。

 ちょっと「よく焼き」気味(ミディアム・ウェル)なのが、この店の「れば」の大きな特長だ。

Dsc03441b

 続いては「ちれ」。こちらは塩焼きで。

 串に刺さっている、それぞれのチレの間に、網脂が挟まれていて、脂の旨み(コク)が加わるようになっている。

Dsc03443b

 そして人気の「しろ」のタレ焼き。

 外はカリッと、中はトロッと。この焼き加減がたまんない。

Dsc03444b

 「ナカ(おかわり焼酎)」(250円)をもらって、「えのき巻」(200円)を追加注文。

 こういう、もつ焼き以外の串も美味しいのだ。

Dsc03446b

 さらに「ナカ」をもらって、大好物の「煮込み」(400円)をもらう。

 この「煮込み」は、具材のみならず、汁(つゆ)まですべてがつまみになるだなぁ。

 いつも必ず汁まですっかり飲み干しているのでした。

Dsc03447b

 ゆっくりと2時間ほど立ち飲んで、キャッシュ・オン・デリバリーでの総支払額は2,300円でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年3月28日(土)の記録》

(次回)20.06.17 在宅勤務も土日は休み … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

|

« 複数人での最後の会食 … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) | トップページ | 思いもしなかった結末 … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 複数人での最後の会食 … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) | トップページ | 思いもしなかった結末 … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺) »