« 新名物の予感!豚皮焼 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 10周年、おめでとう! … やきとん「たつや」(沼袋) »

日本酒とトンカツの店 … 「天志乃(てんしの)」(大崎)

Dsc03299a

 大崎にある日本酒とトンカツの店、「天志乃」にやってきた。

 日本酒とトンカツ!? と思うかもしれませんが、店の看板にも、店名の前に「とんかつ」「夜はお酒」と書かれてる。

Dsc03299aa

 この写真(↑)がそのアップ。

 「とんかつ」の前が黒く塗りつぶされているが、きっと昔は「昼はとんかつ」と書かれてたんじゃないかなぁ。(あくまでも推測です。)

 今は夜のどのコースにも必ず「とんかつ(ひれかつ)」が付いてるので、『昼は』の部分を塗りつぶしたのに違いない。

Dsc03300a

 夜の部は『予約のみの営業』(前日までの完全予約制)となっていて、予約客は2階のテーブル席へと通される。

Dsc03301a

 席にはすでに前菜の3点盛りが用意されていて、さっそくビールをもらって乾杯である。

Dsc03302a

 そしてすぐに出される「お造り」の盛り合わせ。(ピンボケ失礼!)

 私が一番最後に店に到着したため、先に到着したお二人にはしばらく待っていただいてしまった。

 この店に来たのは、実に12年ぶり。

 大崎駅のまわりの景色や、この店まで来る間の周辺の景色が、すっかり大都会になっていて驚いた。

 東京の街はどこも、どんどん変わってますねぇ!

Dsc03303a

 こちらが今の「飲み放題メニュー」。

 日本酒10種、焼酎5種が選べるようになっている。

Dsc03305a

「今日はこちらも選べますよ」

 と出してくれた地酒の品ぞろえもすばらしい。

 大好きな呉の「雨後の月」も並んでいるではありませんか。

Dsc03306a

 まずは1番の「雨後の月 ブラックムーン 生」から。

 お酒はガラス製の徳利型酒器に入れて出してくれる。

 おそらく2合分ぐらい入っているので、注ぎ分けていただくと、ちょっとずつ色んなお酒を楽しむのに、ちょうどいい分量になる。

Dsc03307a

 このところ、すいぶん呉に行ってないなぁと反省しつつ、2本めも「雨後の月 十三夜」をいただく。

Dsc03308a

 続いての料理は焼き物。プリップリの車海老を出してくれた。

Dsc03309a

 3本めのお酒は、福井の「ぼん つや」。

Dsc03310a

 そして料理は看板メニューの「ひれかつ」である。

Dsc03312a

 お酒は4本め。静岡の「磯自慢 青春」。

Dsc03311a

 料理は「おつまみ」の丸干し。これはいい酒の肴になるよねぇ。

Dsc03313a

 「南 無濾過 生」が5本め。

Dsc03314a

 料理は〆の「お茶漬け」に進むが、これもつまみにして、まだ飲みます。

Dsc03316a

 6本めは「而今じこん 無濾過 生」。

Dsc03319a

 さらに「福小町 特別純米」が7本め。

 これで「今日はこちらも選べますよ」と出してくれた手書きメニューのお酒はコンプリートだ。

Dsc03321a

 ちょうど2時間楽しんで、会費はひとり6,000円でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年3月25日(水)の記録》

|

« 新名物の予感!豚皮焼 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 10周年、おめでとう! … やきとん「たつや」(沼袋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新名物の予感!豚皮焼 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 10周年、おめでとう! … やきとん「たつや」(沼袋) »