« 名物ホイスハイボール … 「うぐいす酒場」(南千住) | トップページ | 4軒目はもつ串煮込み … 「ささや」(北千住) »

南千住ハシゴ酒3軒目 … 「大坪屋(おおつぼや)」(南千住)

Dsc03245c

 「丸千葉」→「うぐいす酒場」と、南千住の大衆酒場の名店を巡り、3軒めも、これまた南千住を代表する大衆酒場の1軒、「大坪屋」にやってきた。

 ビシッときびしい女将の怒声もまた、この店の大きな名物のひとつ。

 上のような店頭の写真を撮ってたら、入口引き戸がガラリと開いて、女将が顔を出し、

「写真を撮っちゃダメよっ!」と叱られた。

「はーい」と返事しながら、店内へと入った。

Dsc03237c

 「丸千葉」がある日本堤から南千住駅に戻ってくると、順番的には「うぐいす酒場」よりも「大坪屋」のほうが先にあるのだが、その時点(午後4時40分)では、午後5時開店の「大坪屋」は、まだ開いてなかったのだ。(上の写真がその時に撮ったもの。)

 それで先に「うぐいす酒場」へと回ったのでした。

Dsc03200c

 「うぐいす酒場」の創業は、東京オリンピックの年、昭和39(1964)年だったけど、ここ「大坪屋」の創業は、関東大震災が発生した大正12(1923)年。

 あと3年で創業100年を迎えるという老舗大衆酒場なのだ。

Dsc03203c

 店頭に掲示されているメニューがこれ。

 元祖「焼酎ハイボール」が200円! 「牛にこみ」や「小はだ酢」が250円!

 この値段の安さと品ぞろえ(これでも一部だけど)に、下町大衆酒場の素晴らしさを感じますねぇ。

 いちばん下に「全品、値上致しません」という強力な宣言があるのがいいではありませんか!

 ちなみにこの写真は、今日の昼間、「丸千葉」に向かう途中、叱られることのない時間帯に撮影したもの。

 開店前の「大坪屋」前で倉嶋編集長と待ち合わせて、「丸千葉」へと向かったのでした。

Dsc03246c

 店内は、ドーンと大きい変形コの字カウンターと、壁際に数卓のテーブル席。

 我われ4人はテーブル席の1卓を囲んで、元祖「焼酎ハイボール」で乾杯だ。

 宇ち中さんは、料理の注文を記入してくれている。

Dsc03248c

 「牛にこみ」(250円)は、ここに来たら必ず食べるべき一品。

 店頭の看板にも「元祖25度酎ハイ、どぜう、おでん、牛煮込」という4品が書き出されているのだ。

 ここ「大坪屋」は、倉嶋編集長も出演されている「二軒目どうする? ~ツマミのハナシ~」(テレビ東京、土曜深夜0時50分~)の2017年8月27日放送分で登場したお店でもある。

 その時も、もちろん「牛にこみ」は注文していた。

Dsc03249c

 200円メニューの中からは「チーズ」。

 シンプルだけど、どんなお酒にも合うよねぇ、チーズは。

 4切れのチーズを立てた塔の中に、キャベツもあるのがいいではありませんか。

Dsc03250c

 「にら玉」は250円。

 200円メニュー、250円メニューが充実しているのが、この店のいいところだ。

 女将さんも大将も、「古典酒場」の取材や、「二軒目どうする?」の収録で倉嶋編集長が来られたことはよく覚えてくださっていて、ニッコリと笑顔を見せてくれた。実にやわらかい、やさしい空気の「大坪屋」である。

Dsc03252c

 マグロぶつ切りが入った「ぶつ納豆」が、なんと250円!

 ちなみに「まぐろぶつ切り」も250円です。びっくりだね!!

 「まぐろさし」は400円なり。

Dsc03253c

 酎ハイもおかわりしながら、焼き鳥は「砂肝」(3本200円)を塩焼きでいただく。

 他にも「レバ」「ハツ」が3本で200円。「焼鳥」は3本300円、「つくね」が3本350円だ。

 4人で3本は分けにくいので、砂肝は串からばらして分け合いました。

Dsc03257c

 倉嶋編集長おすすめの「肉どーふ」(300円)は、「二軒目どうする?」のときにも注文された一品。

 出てくる姿もおもしろいね。

Dsc03258c

 「大坪屋」も、たっぷりと2時間。

 このお店でピリピリ感を覚えることなく、ゆったりと思いっきり楽しく過ごせたのは、今回が初めてかも!

 さすが倉嶋さんパワーですね。ありがとうございます。

 お勘定の詳細は失念しましたが、とにかく安かったです。ごちそうさま。

 それにしても、1地域で3軒もハシゴする場合には、1軒ごとがカラスの行水のように30分~1時間ぐらいでホッピングすることが多いのだが、今日のメンバーは1軒めが2時間半、2軒めが2時間、ここ3軒めもまた2時間と、移動時間を外して、店で飲んでる時間だけを合計しても、ここまでですでに6時間半だ!

 実にツワモノぞろいである。さぁ、次に行くぞぉ~っ!

店情報前回

《令和2(2020)年3月21日(土)の記録》

|

« 名物ホイスハイボール … 「うぐいす酒場」(南千住) | トップページ | 4軒目はもつ串煮込み … 「ささや」(北千住) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名物ホイスハイボール … 「うぐいす酒場」(南千住) | トップページ | 4軒目はもつ串煮込み … 「ささや」(北千住) »