« 職場からの帰り道には … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 緊急事態宣言を受けて … 立呑み「やきや」(荻窪) »

在宅勤務も土日は休み … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

Dsc03504a

 テレワーク(在宅勤務)になって、曜日の感覚がなくなりつつあるものの、土日はやっぱり休みである。

 土曜日の今日は、夕方5時過ぎに、トコトコと歩いて「すっぴん酒場」にやってきた。

Dsc03505a

 いつものように「黒ホッピー」(450円)を注文し、小銭入れの中にあった100円玉5枚をカゴに入れ、千円札を2枚、カゴの下に置いた。

 小銭入れには10円玉や5円玉、1円玉もあるのだが、この店では不要。食べものも飲みものも、すべて50円刻みの値付けになっているので、50円より少額のコインは出番がないのだ。

 黒ホッピーとほぼ同時に、「お通し」(150円)のお新香が出され、「合わせて600円ね」と、千円札から400円のお釣りをカゴに入れてくれた。

 上の写真は、ちょうどその時点のものである。

 カウンターの奥のほうにいる常連さんたちと乾杯し、ググッと喉をうるおす。

 そしてこれまたいつものように「れば」「ちれ」「しろ」(各100円)を注文した。

 何はともあれ、この3種3本は食べないと始まらないのだ。

Dsc03508a

 「れば」。味付けはおまかせだけど、いつもタレ焼きで出してくれる。

 たいてい、この「れば」を食べきったあたりで、1杯めのホッピーを飲み終えて、「ナカ(おかわり焼酎)」(250円)をもらうことになる。

Dsc03509a

 そこへ「ちれ」がやって来る。これは塩焼きだ。

 一切れ、一切れのチレの間に、網脂(アミアブラ)が挟まれているのが、この店の「ちれ」の特徴だ。この網脂がコクを足してくれるのだ。

Dsc03510a

 「しろ」はタレ焼き。

 表面はカリッと焼けてるんだけど、中はトロッとやわらかい。

 「れば」「ちれ」「しろ」の3本は、それぞれ個性が違うから面白んだなぁ。

 毎回、必ず食べてるけど、食べ飽きることがない。

Dsc03512a

 3杯めとなる「なか」をもらって、「さがり」(100円、写真奥)と「あぶらにんにく」(100円、写真手前)を注文した。

 「あぶらにんにく」は早めに売り切れてしまう一品なのだが、さすがにこの時間帯(午後6時過ぎ)だと、まだ大丈夫だった。

Dsc03514a

 新たに入ってきた常連さんが、「煮込み」(400円)を注文したので、私もすかさず便乗注文。

 ここの「煮込み」は、豚モツと野菜を煮込んだ状態で、小ぶりの寸胴鍋ごと冷蔵庫に保管されていて、注文を受けてから人数分を小鍋に取り分け、豆腐も投入して最終煮込みをして仕上げてくれるのだ。

 そしてソト1・ナカ4の4杯めとなる「ナカ」もおかわりした。

Dsc03516a

 ゆっくりと2時間半の立ち飲みタイム。カゴの中には100円玉が2枚、残っている。

 ということは、品物と引き換え払いの総合計は2,300円ということですね。

 どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年4月4日(土)の記録》

(次回)20.06.22 営業再開しモツを充填 … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

|

« 職場からの帰り道には … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 緊急事態宣言を受けて … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 職場からの帰り道には … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 緊急事態宣言を受けて … 立呑み「やきや」(荻窪) »