« 4軒目はもつ串煮込み … 「ささや」(北千住) | トップページ | 新名物の予感!豚皮焼 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

最後は荻窪で締め括る … たちのみ酒場「よるべ」(荻窪)

Dsc03272e

 南千住、北千住での4軒のハシゴ酒を終えて、北千住駅の改札前で解散。

 ここからみんな自宅方面に向かうんだけど、ふと気がつくと倉嶋編集長がいない。

 「千代田線のほうに向かってましたよ」と宇ち中さん

 ん? 千代田線? どうやって帰るんだろう?

 今日の昼間、南千住に来たとき、日比谷線で来たので、そのルートしか思い浮かんでいなかった。

 埜々さんも同じく日比谷線方面なので、一緒に乗車。

 倉嶋さんともすぐに連絡がつき、今日の5軒めは、荻窪「よるべ」で締めくくることにした。

 荻窪あたりならば、倉嶋さんの自宅も、私の自宅もわりと近いので都合がいいのだ。

 電車内で改めて調べてみると、北千住から千代田線を使って荻窪に戻る場合、御茶ノ水で中央線に乗り換えて所要時間は約45分。

 私が乗っている日比谷線だと、秋葉原で乗り換えて、全行程が約55分。

 なるほど! 千代田線のほうが着くのが早かったか。さすが倉嶋さんである。

 実際、「よるべ」に到着したのは倉嶋さんのほうが早くて、ちょっと遅れて私も到着した。

倉嶋スペシャル

 いただく飲みものは、もちろん「倉嶋スペシャル」である。

 これは、この店で普通に出されている「珈琲酎の豆乳割り」に、シナモンスティックを投入したものです。

 私が「よるべ」に着いたのは、午後11時40分頃だったのだが、この時間帯でも店内は大いににぎわっている。

 「よるべ」は、午前0時ラストオーダーで、午前1時に閉店。

 今、店内にいるお客さんたちで、今日の営業はほぼ終了ってことですね。

 ゆっくりと1時間ほど立ち飲んで、楽しかった1日を振り返ったのでした。

《一連の南千住・北千住~荻窪の記事でご紹介した営業時間は、新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛要請が出される前のものです。現在は営業時間が異なる可能性があることにご留意ください。》

店情報前回

《令和2(2020)年3月21日(土)の記録》

|

« 4軒目はもつ串煮込み … 「ささや」(北千住) | トップページ | 新名物の予感!豚皮焼 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4軒目はもつ串煮込み … 「ささや」(北千住) | トップページ | 新名物の予感!豚皮焼 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »