« 緊急事態宣言を受けて … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 営業再開しモツを充填 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

臨時休業店が増える中 … 立呑み「やきや」(荻窪)

Img_2350a

 三日前(4月7日)に緊急事態宣言が発令され、基本的に完全にテレワーク(在宅勤務)の状態になった。

 運動不足の解消も兼ねて、一昨日は鷺ノ宮・都立家政方面を、昨日は野方方面を散歩してきたのだが、開いてる酒場もあるにはあるものの、多くの酒場が臨時休業(店によっては持ち帰りのみ営業)になっていた。

(上の写真は4月8~9日のもので、現在は各店とも営業されています。)

Img_2385a

 金曜日の今日は、在宅ながらタイムシフト(フレックス)勤務にして、早めの夕方に仕事を終え、トコトコと荻窪「やきや」までやってきた。

 わが家から「やきや」までは、歩くと40分ほどかかる。

 店に到着したのは、午後4時ちょうど。

 開店待ち行列の後ろに着いたところで、のれんが出され、「やきや」がオープンした。

Img_2387a

 行列の先頭の二人は、店の一番手前、焼き台前に立つ常連さん。次の二人は一番奥の、テーブル席を囲む常連さんたちだ。

 それぞれが自分たちの好みの定位置に立ち、私はカウンターの奥のほうに立った。

 みんなが常連さんなので、誰も注文していないのに、自動的にその人の好みの飲みものがずらりと出された。

 私の前にも「ホッピー」(360円)がやってきた。ありがとうございます。

 自宅ではお酒は飲まないことにしているので、今週の火曜日に、ここ「やきや」で飲んで以来、3日ぶりのお酒。休肝あけのホッピーがうまいのぉ!

Img_2388a

 開店直後なので、カウンター上の大皿料理も、すべての品がずらりとスタンバイされている。

 これが6時前になると続々と売り切れていくんだからすごいよね。

Img_2389a

 まずは「珍味わたあえ」(230円)をもらった。

Img_2391a

 「珍味わたあえ」をいただいた場合、2品めの品は必ず刺身だ。

 「いか刺身」(240円)と「いかみみ刺身」(240円)が選べるところ、今日は「いかみみ刺身」を注文した。

Img_2392a

 「いかみみ刺身」に付いてくるワサビを、「珍味わたあえ」の残りダレに混ぜ入れて、そのワサビダレで刺身をいただくのが、たまらなく旨いのだ。

 「なか(焼酎おかわり)」(170円)ももらって、ホッピーは2杯めに突入である。

Img_2390a

 さらに「なか」をもらって、3品めの料理を選ぶ。

 今日のメニューには、最初から「いかやき」(250円)があるので、これをもらうことにした。

 ちなみに、最初から「いかやき」が登場したことで、その下に隠れてしまったメニューは「いかみみ焼」(230円)と「いかげそ焼」(230円)の2品だ。

Img_2393a

 その「いかやき」は、スルメイカの身の部分を焼いて、食べやすく細切りにしたもの。

 通常は、他の焼きものがすべて売り切れた後、「いかやき」の短冊メニューが掲げられるのだが、今日はしょっぱなから「いかやき」がある。これは珍しい。

Img_2396a

 そしてソト1・ナカ4の4杯めとなる「なか」には、今夜も「めかぶ」(190円)をいただいた。

 やぁ、これで落ち着いた。

 1時間半ほど楽しんで、今日のお勘定は1,780円でした。どうもごちそうさま。

Img_2401a

 店を出ると、まだ明るい。荻窪駅へと向かいながら「煮込みや まる。」の前を通ると、ここにも店頭に貼紙が出ている。

 「ここも臨時休業なのかな?」と思いながら、その貼紙を確認してみると……。

Img_2402a

 「出産中」って!

 常連さんが貼ったのであろう「出産おめでとうございます」の貼紙にもほっこり。

 「臨時休業」の貼紙が多いなか、なんだか微笑ましくて、癒されました。おめでとうございます。

店情報前回

《令和2(2020)年4月10日(金)の記録》

(次回)20.07.05 久しぶりの3点セット … 立呑み「やきや」(荻窪)

|

« 緊急事態宣言を受けて … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 営業再開しモツを充填 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 緊急事態宣言を受けて … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 営業再開しモツを充填 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »