« 久しぶりの3点セット … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 東京アラートも明けて … やきとり「たつや南店」(恵比寿) »

家呑みで胃が巨大化!? … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

Img_6796a_20200705173401

 フレックス勤務での仕事を終えて、そぼ降る雨の中を野方「すっぴん酒場」にやって来た。

Dsc04050a

 店に着いたのは午後4時50分。店の奥のほうには、すでに5~6人のお客さんたちが立ち飲んでいて、私はその手前、ちょうど焼き台が見えるあたりに立って、いつものように「黒ホッピー」(セットで450円)からスタートした。

 お代は品物と引き換え払い。カウンターに立つと同時に出される支払用のザルに小銭(500円玉、100円玉、50円玉)を、そしてザルの下に、千円札を1~2枚、敷いておくのが一般的。

 品物が出ると、ここからその代金を持って行って、お釣りを入れてくれるのだ。

 ちなみに、この店のメニューの料金は50円刻みになっているため、10円玉、5円玉、1円玉は不要です。

Dsc04052a

 すぐに出される「お通し」は定番の大根、カブ、キュウリのお新香。

 この定番のお新香が無くなると、これと同じ、小さいガラスの器に盛られたポテトサラダやマカロニサラダなどが出されるのだ。

 「お通し」には新品の串2本が添えられる。この2本を箸代わりにするのである。

 箸代わりの串2本は、これから店を出るまで、ずっと箸代わりとして使わないといけないので大事に扱うことが肝心だ。

 そしてお代は品物と引き換え払い。

Dsc04053a

 もつ焼きも、これまたいつものように「れば」「ちれ」「しろ」(各100円)の3種3本セットからスタートする。

 「すっぴん酒場」に来ると、この3本からスタートしないと始まらない。これはもう、自分のルーティンとして定着してしまっているのだ。

 お通しのお新香を食べながら喉をうるおしているうちに、まずは「れば」のタレ焼きが焼き上がってくる。これには七味唐辛子をかけていただく。

Dsc04054a

 2番目に焼き上がってくるのは「ちれ」の塩焼き。

 この店では、ネタの名前だけ指定して、味付けは指定しない常連さんが多い。

 私もいつも味付けは指定せずに注文しているが、「れば」は必ずタレ焼きで、「ちれ」は必ず塩焼きで出してくれる。

Dsc04055a

 そして3番目の「しろ」は必ずタレ焼き。

 3種3本は、いつもこの味付けで出されるんだけど、それでもこれら3本の味付けに飽きることがないんだなぁ。

Dsc04057a

 奥のお客さんから「セロリ漬け」(150円)の注文が飛んだので、私も思わず便乗注文。

 そのセロリを小鉢に盛ってくれながら、「今日、ラッキョウも漬けたからねぇ。あと1ヶ月ぐらいしたら食べられるよ」とママ。

 おぉ~っ。それは楽しみだ。

 この店で自家製で漬けたラッキョウが、すっごくうまくて人気が高いのだ。

 あと1ヶ月ってことは、7月の中旬以降ってことだな。楽しみだ。

Dsc04058a

 黒ホッピーの「中身」(250円)をおかわりしつつ、2巡目の焼きものとして、「さがり」「はつみみ」「あぶらにんにく」(各100円)の3種3本セットを注文した。

 先に焼き上がってきたのが「さがり」(上の写真手前)と「あぶらにんにく」(写真奥)の2本。

 どちらも人気が高くて、売り切れてしまうことも多い品だ。

Dsc04059a

 そして「はつみみ」。

 これは豚ハツ(心臓)のヘリ(フチ)のほうの部分なので、『ハツの耳』ということで「はつみみ」という名前。

 ハツミミの間には、ネギとピーマンが挟まれている。

Dsc04061a

 ソト1・ナカ4の4杯めとなる「中身」をもらって、焼きものは「れんこん」(150円)。

 「れんこん」は、つくねファミリーの中の1品で、レンコンの穴の中、そして表面に、たっぷりとツクネが付いている。

Dsc04062a

 さらに「ハラミナンコツ」(写真手前、100円)と「かしら」(写真奥、100円)も追加注文。

 この2本も含めて、ここまでで9本の焼きものをいただいたことになる。

 在宅勤務で、ずっと家呑みをしているうちに、胃袋が大きくなってしまったかなぁ。

 これは、やばいっ。

Dsc04064a

 と、そこへ!

 他のお客さんから「煮込み」(400円)の注文が飛んだ。

 当然のごとく、ママがチラッと目線を投げてくれる。

 言葉には出さないけれど、『どうする? 便乗注文する?』と目顔めがおで聞いてくれているのだ。

 これまでの私だったら、絶対に食べられないところだけれど、家呑みで鍛えた胃袋には、まだまだ入りそうな気がする。

「私もお願いします!」

 と元気よく返事してしまった。

Dsc04065a

 とは言うものの、すでに黒ホッピーもソト1・ナカ4で飲み干したところ。

 改めて「酎ハイ」(400円)を「レモン」(50円)と共にいただいた。

Dsc04067a

 ここに来るといつも「黒ホッピー」ばかり飲んでいるから、他のメニューをご紹介したことがなかったが、これがこの店のドリンクメニューである。

 各種酎ハイやビールはもちろんのこと、ホイスやトリハイ(トリスハイボール)に、日本酒、焼酎、ワイン、マッコリまで、いろんなお酒がそろっているのだ。

 この「酎ハイ」も本来ならソト1・ナカ2でいけるところだが、さすがに、この店でナカ合計6杯になると飲み過ぎになってしまうので、「酎ハイ」+「レモン」はソト1・ナカ1で飲みきった。

Dsc04068a

 たっぷりと3時間半に及ぶ立ち飲みタイム。

 これだけたくさんいただくと、品物と引き換え払いの総支払額も3,300円と、この店にしては高額となった。(たぶん自己最高額じゃないかなぁ。)

 超満腹。しかも、このところこんなに長時間立ってなかったので、立ち疲れた。

 店に出ると、朝から降り続いている雨が、まだ上がっていなかった。

店情報前回

《令和2(2020)年6月19日(金)の記録》

(次回)20.07.24 絶妙ミディアムウェル … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

|

« 久しぶりの3点セット … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 東京アラートも明けて … やきとり「たつや南店」(恵比寿) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久しぶりの3点セット … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 東京アラートも明けて … やきとり「たつや南店」(恵比寿) »