« 油そうめんで黒糖焼酎 … 居酒屋「大吉(だいきち)」(恵比寿) | トップページ | 常連さんたちとの再会 … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »

絶妙ミディアムウェル … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

Dsc04127a

 週に3回程度の時差出勤(フレックス勤務)での仕事を終えて、野方の「すっぴん酒場」に到着したのは午後5時前。

Dsc04134a

 金曜日ということもあってか、店内にはすでに6~7人のお客さんがいて、私もその並びに立つことができた。

Dsc04128a

 そしてまずはホッピー(黒ホッピー450円)である。

 十数年ぶりに自宅飲みを解禁して以来、自宅ではもっぱら「TaKaRa 焼酎ハイボール レモン」を飲んでいる。

 アルコール度数がやや高めの7%。レモンの風味が強すぎず、サラッとどんな料理にも合うのが気に入ったポイントだ。

 でもこうやって、「すっぴん酒場」の、焼酎が超濃いめの黒ホッピーを飲むと、やっぱりうまいよねぇ!

Dsc04130a

 すぐに出されるお通し(150円)のお新香(大根、キュウリ、カブ)をつまみながら、焼き台のスタンバイができたところで、いつものように「れば」「ちれ」「しろ」(各100円)の3種3本セットを注文した。

 この店に来たらどうしても、この3本は必ず食べたいのだ。

Dsc04133a

 ブラジルに行く前は、「もつ焼き」は、どっちかというとレア気味な焼き方が好きだった。

 とくに「れば」は絶対に『若焼き派』だった。

 ところが、ブラジルでよく焼いた肉の美味しさを知って、好みが変わった。

 帰国後してからは、「もつ焼き」も『よく焼き派』に転向した。

 ここ「すっぴん酒場」では、特に指定しなくても『よく焼き』(ミディアム・ウェル)で出してくれるのが、今の好みにピタッと合うのだ。

Dsc04135a

 いつもは「れば」の次には「ちれ」が出てくるのだが、今日の2番目は「しろ」。

 焼き台のスタンバイができて、みんなが一斉にもつ焼きを注文したときに、「しろ」の注文が圧倒的に多かったので、先に「しろ」をまとめて焼いたんだろうな。

 カリッとした表面の内側が、トロッとやわらかいのが、ここの「しろ」の大きな特長だ。

Dsc04136a

 そして「ちれ」。

 「ちれ」というと、プニュプニュとした、なんとも頼りない食感が特徴的な「もつ焼き」のだが、「すっぴん酒場」の「ちれ」は、その焼き加減のおかげか、それほどプニュプニュとしておらず、網脂(あみあぶら)と一緒に焼かれていることもあって、旨みが強いのだ。

 「ちれ」は、「すっぴん酒場」に通い始めてから大好物になった一品だ。

Dsc04137a

 ママから、「辛いのを付けて味変する人も多いよ!」とオススメいただいたので、カウンター上の辛味調味料を、あれこれと試してみる。

 常連さんたちが、自分の好みに合う辛味調味料を持ってきては置いていくんだって。

 それぞれ違いがあって面白いなぁ。

Dsc04139a

 焼酎ナカ(250円)もグイグイとおかわりしながら、2巡目は「あぶらにんにく」「はつみみ」「ハラミナンコツ」(各100円)の3種3本を注文。

 人気の「あぶらにんにく」は、いつも早い時間に売り切れてしまうので、早めに注文するのがポイントだ。

Dsc04140a

 「はつみみ」は、ハツ(心臓)のヘリ(みみ)のあたりの肉を、白ネギやピーマンと一緒に焼いたもの。

 この店にはもちろん、普通の「はつ」(100円)もあるのだが、私はこの店独自の「はつみみ」に引かれているのでした。

Dsc04141a

 「ハラミナンコツ」も他の店ではお目にかからない一品だ。

 串の先のほうには、ハツの弁の部分や動脈の部分が刺さっており、まん中あたりには喉頭(のどがしら)をたたいた軟骨部分が、そして根元のほうにはハラミが刺されていて、食べるにつれて味わいや食感が変わるという、食べるのがとても楽しいミックス串なのである。

Dsc04144a

 ソト1・ナカ4の4杯めとなるナカをいただいて、最後は「ピーマン肉詰」(200円)で締めくくる。

 ツクネもまた、この店の名物のひとつ。

 「ピーマン肉詰」は、そのツクネを、半分に切ったピーマンの中にぎっしりと詰めて焼き上げた一品だ。

Dsc04145a

 ゆっくりと2時間半の立ち飲みタイム。品物と引き換え払いでの総支払額は2,050円でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年6月26日(金)の記録》

|

« 油そうめんで黒糖焼酎 … 居酒屋「大吉(だいきち)」(恵比寿) | トップページ | 常連さんたちとの再会 … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 油そうめんで黒糖焼酎 … 居酒屋「大吉(だいきち)」(恵比寿) | トップページ | 常連さんたちとの再会 … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »