冬はやっぱりイカ大根 … 立呑み「やきや」(荻窪)

Img_3290a

 荻窪「やきや」の冬はやっぱり「いか大根」(350円)。

 これを食べなきゃ冬を越せないほどの逸品なんだけど、残念ながら昨シーズンはいただくことができなかった。

 こうして、普通に「いか大根」が食べられるということが、とってもありがたいということを再認識させられますよねぇ。うれしい。

Img_3288a

 仕事納めでもあり、「やきや」の年内最終営業日でもある今日は、午後4時半に店に到着した。

 この時間なら、まだ入れるかと思いきや、なんと店内は満員状態。さすが人気の「やきや」である。

 目を凝らして、店内最奥部のテーブル席を見てみると、いつも午後4時の開店と同時にやってくる常連さんたち5人が、立ち飲みテーブルを囲んでいる。

 よーし。ご常連のみなさんに無理をお願いして、立ち飲みテーブルに入れてもらおう。

 立ち飲みカウンターにずらりと並ぶお客さんたちの後ろの狭い空間を、「すみません、後ろ通ります」と言いながら通過させてもらい、奥の立ち飲みテーブルへ。

「すみません。もうひとり、入れてもらっていいですか」

 と立ち飲みテーブルを囲むご常連さんたちにごあいさつして、仲間に入れていただいた。

 すぐに女将さんが「ホッピー」(360円)を出してくれたので、それを受け取りながら「いか大根」を注文したのでした。

Img_3293a

 数ある「やきや」のイカ料理の中でも、この「いか大根」は、毎年11月末~2月末までの3ヶ月ほどしか提供されない、季節限定のメニューなのだ。

 八戸のスルメイカの旨みがたっぷりとしみ込んだ、やわらかい大根のなんと美味しいことよ!

 「いか大根」は、ボリュームもたっぷりなのがありがたい。これだけで、最初の「ホッピー」に、「ナカ(おかわり焼酎)」(170円)を2杯、合計3杯のホッピーをいただきました。

Img_3294a

 ここのホッピーは、最初の「ホッピー」に「ナカ」を3回おかわりして、ソト1・ナカ4で楽しむことができる。

 その4杯めとなる「ナカ」をもらうのと同時に、「げそ揚げ」(230円)も注文した。

 「げそ揚げ」は、カウンター上のバットに並んでいるのをお皿に取り分けてくれるだけなので、サッと出てくるのがありがたい。

Img_3296a

 「いか大根」の後に「げそ揚げ」をもらったのにはワケがある。

 「げそ揚げ」は、そのまま食べてももちろん美味しいのだが、「いか大根」を食べ終えた後の残り汁に浸していただくと、そのうまさが倍増するのだ。

 っくぅ~~っ。たまらんねぇ!

Img_3298a

 いつもなら、ホッピーを一巡(ソト1・ナカ4)飲み終えたところでお勘定して店を出るのだが、まだ時間も早いので、2巡めとなる「ホッピー」(ソトとナカのセット、360円)を注文した。

 ちなみにこの時点で、入店から1時間。1巡めの「ホッピー」を終えたところでお勘定していたら、1,450円となるところでした。

 これくらいが、ここ「やきや」の標準的な予算額ですね。

Img_3292a

 壁のメニューを再確認して、次なる料理を検討する。

 おっ。今日は「いか焼」(250円)があるではないか!

 「いか焼」は、普通は遅い時間に、メニュー上の料理の多くがなくなってから登場する一品で、午後8時過ぎに「やきや」を訪れないと巡り合えないレアものなのだ。

 逆に今日は「いかみみ焼」(230円)がないらしく、その「いかみみ焼」のメニューの上に「いか焼」の短冊が貼られている。

Img_3300a

 「いか焼」は、スルメイカの胴の部分を焼いた後、1センチ幅ぐらいにスライスし、マヨネーズを添えて出してくれる料理だ。

 同じ部位を刺身にした「いか刺身」(240円)も美味しいのだが、こうやって焼いたものもいいですよねぇ。

 もし見かけたら、ぜひ注文してみてください。

Img_3304a

 最後に焼いてもらったのは「いかなんこつ焼」(230円)だ。

 これはスルメイカの頭部の身を串に刺して焼いたもの。

 スルメイカの足の上部にあって、口や目がある頭部の身は、脳や目を衝撃から守るために、ちょっと硬めになっている。

 まさに軟骨といった感じの、コリコリとした食感が美味しいのです。

Img_3306a

 多くの常連さんたちと一緒に、ゆっくり、たっぷりと4時間半も立ち飲んで、ホッピーがソト2・ナカ8、料理4品でのお勘定は2,800円でした。

 どうもごちそうさま。

店情報前回) 《YouTube動画

《令和3(2021)年12月28日(火)の記録》

» 続きを読む

| | コメント (0)

しみじみと旨いもつ煮 … お食事処「まつせい」(小山)

Img_8282a

 小山(栃木県)への出張で、同行のAさんと共に夕食にやって来たのは、この地で昭和24(1949)年に創業したという、お食事処「まつせい」だ。

 創業当初は精肉店だったが、昭和47(1972)年に食堂に転向し、それから半世紀。現在の店舗は昭和63(1988)年に建て替えたものなんだそうな。

Dsc07166a

 店内は、入口から見て右側がテーブル席、左側が小上がりの座敷席になっている。奥の厨房の手前にはカウンター席もあるようだ。

 我われは、入って左手の座敷席の一卓に腰を下ろした。

Dsc07147a

 まずは「ビール大びん」(680円)を注文すると、一緒に出してくれたお通し(サービス)は、小さな袋入りの「柿の種」である。

Dsc07156a

 ビール用のつまみとして「餃子」(5個350円)を注文。

Dsc07154a

 メニューには、「ラーメン」や「定食」の他に、つまみにもなる「一品料理」として、この「餃子」の他に、「春巻」(350円)、「もつ煮」(450円)、「野菜炒め」(600円)、「麻婆豆腐」(600円)、「とんかつ」(660円)、「焼肉」(660円)、「コロッケ」(150円)、「サラダ」(220円)、「枝豆」(350円)、「冷奴」(330円)、「からあげ」(660円)、「カキフライ」(660円)などが並んでいる。

 飲みものも、ビール、日本酒、焼酎、ハイボールとそろっているので、食堂と言いつつも、酒場としても楽しめる。

 ただし、夜の営業時間は午後5時から8時までの3時間のようなので、ちょっと早めに来ないと、ゆっくりとは飲めないですね。

Dsc07162a

 「餃子」をつまみに「ビール大びん」を飲みきった後、「もつ煮定食」(800円)と「日本酒」(440円)の熱燗を、それぞれ2人前ずつ注文した。

 すると「日本酒」は、徳利と猪口のセットで出された。

 コップ酒もいいけれど、やっぱり徳利と猪口でチビチビとやるのがいいですねぇ。

Dsc07159a

 すぐに「もつ煮定食」もやってきた。

 「もつ煮」(単品450円)に、「ライス」(単品200円)、「お新香」(単品80円)、「サラダ」(単品220円)、「みそ汁」(単品180円)が付いて、単品合計1,130円のところが定食なら800円と、約3割(330円)お得になる組み合わせだ。

Dsc07160a

 老舗食堂の歴史ある「もつ煮」が、しみじみと旨い。

 「もつ煮、美味しいですねぇ!」と話しかけると、「手を抜いちゃダメなのよ、何ごとも」とニッコリとほほ笑む女将さん。

 それこそが長く続く店に共通するポイントなんだろうなぁ。

 Aさんも私も、燗酒をもう1本ずつ、おかわりした。

Dsc07172a

 1時間半ほど楽しんで、今日のお勘定は二人で4,390円(ひとり当たり2,195円)でした。

 どうもごちそうさま。

 店に入る時はまだ明るかったのに、外はすっかり暗くなっていました。

店情報YouTube動画

《令和3(2021)年4月25日(日)の記録》

» 続きを読む

| | コメント (0)

店情報: お食事処「まつせい」(小山)

  • Img_8282z 店名: お食事処 まつせい
  • 電話: 0285-25-0298
  • 住所: 323-0026 栃木県小山市本郷町3-3-15
  • 営業: 11:00-14:30 & 17:00-20:00、水休
  • 場所: JR宇都宮線・小山駅より徒歩7分
  • メモ: 1949(昭和24)年11月に精肉店として創業し、1972(昭和47)年に食堂となった。現在の店舗は1988(昭和63)年に建て替えたもの。二代目店主の松嶋毅(たけし)さんが2018(平成30)年に亡くなり、現在は奥様の高代(たかよ)さんと、三代目の淳(じゅん)さんとで店を切り盛りしている。公式サイトあり。
    〔ラーメン(大盛+170・中盛+100)〕しょうゆラーメン580、ワンタン580、月見ラーメン630、ワンタンメン730、わかめラーメン730、もやしラーメン730、みそラーメン730、タンメン730、麻婆メン730、チャーシューメン830、もつ煮ラーメン830、つけめん730、冷やし中華(夏季限定)830。スペシャルセット(しょうゆラーメン、とんかつ、ライス、お新香)1,180。
    〔セット(お好きなラーメン+370)〕Aセット(麻婆豆腐、半ライス、サラダ、お新香)、Bセット(半チャーハン、サラダ、お新香)、Cセット(半カレーライス、サラダ、福神漬)、Dセット(もつ煮、半ライス、サラダ、お新香)。
    〔定食(ライス大盛+100)〕ラーメンライス730、とんかつ定食950、野菜炒め定食950、焼肉定食950、餃子(6個)定食800、もつ煮定食800、カキフライ定食950、からあげ定食950、手作りメンチカツ定食(火・金限定20食)800。
    〔飯類(大盛+150)〕チャーハン700、カレーライス700、麻婆丼700、かつ丼1,180、カツカレー1,180、大盛りライス300、ライス200、半ライス150。
    〔一品料理〕まつせいメンチ(火・金限定50個)150、餃子(5個)350、春巻350、もつ煮450、野菜炒め600、麻婆豆腐600、とんかつ660、焼肉660、からあげ660、カキフライ660、コロッケ150、サラダ220、枝豆350、冷奴330、みそ汁180、スープ180、生たまご50、お新香80。
    〔お飲み物〕ビール大びん680、生ビール(中ジョッキ)580・(小ジョッキ)440、日本酒440、焼酎(麦・芋・鏡月)440、ハイボール440、ウーロン茶300、アイスコーヒー350、コーラ350、サイダー350、オレンジジュース350。(2021年4月調べ)

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年の振り返り … やきとり「串八珍(くしはっちん)」(市ヶ谷)

Dsc06894a

 新年、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 今日は、昨年3月に訪問した「炭火焼き鳥 串八珍 市ヶ谷店」をご紹介しながら、昨年1年間の酒場巡りを振り返ってみたいと思います。

 さて、まずは「串八珍」のこと。

 ここは東京を中心に飲食店を展開している、豊創フーズチェーンの1軒。

 都心部でもチェーン居酒屋であれば安価に楽しむことができるので、呑兵衛にとっての強い味方です。

 また、コロナ禍の今、チェーン居酒屋の多くは、しっかりとした対策がされているのもいいですね。

 「ひとりです」と入店すると、仕切り板で2名分ずつぐらいの間隔に分けられている、大きなテーブル席に案内されました。

Dsc06890a

 飲み物としてホッピーの「白セット」(462円)を注文すると、合わせて出された「つき出し」(330円)は小鉢の「きんぴられんこん」だ。

 2021年を振り返ってみると、1年間で行けた酒場は、のべ129軒。

 2019年までは平均的に年間のべ400軒ぐらいだったものが、コロナ禍が始まった2020年は212軒(約53%、半数)に減り、2021年はさらに129軒(約32%、3分の1以下)にまで激減した。

Dsc06895a

 「つき出し」に続くおつまみとして、「鳥皮ポン酢」(385円)を注文。

 2021年に出張で訪問した先は15都道府県におよんだ。

 しかしながら、第2回(2021年1月8日~3月21日)、第3回(4月25日~9月30日)と、緊急事態宣言が続けて発出され、さらに8月20日からは13都府県に、8月27日からは21都道府県にその宣言範囲が広がったことによって、都市圏のみならず、出張で行く先々がすべて緊急事態宣言下となり、酒場で飲むことができなくなったのがつらかった。

 出張中も、ホテルの部屋でコンビニ弁当と缶チューハイでしのがざるを得なくなったのだ。

 酒場の大切さを、身に染みて感じた1年となりました。

Dsc06898a

 ホッピーの「中(おかわり焼酎)」(220円)をもらって、つまみには「塩もつ煮込み」(418円)を追加する。

 そんな呑兵衛にとってつらかった2021年の中で、自分が行った酒場の都道府県別ベスト3は、1位が地元・東京都でのべ38軒、2位は広島県ののべ22軒、そして3位が栃木県ののべ10軒でした。

 個別の酒場で見ると、1位が福山「自由軒」の6回、同率2位が長崎「紫羊」と野方「すっぴん酒場」の、それぞれ5回でした。

 もっとも行けた酒場でも年間6回(平均して2ヶ月に1回)というのが、本当に少なくて残念です。

Dsc06901a

 さっくりと1時間半ほど楽しんで、「串八珍」のお勘定は1,815円でした。どうもごちそうさま。

 2021年10月以降、落ち着いていた新型ウイルスが、新種の感染拡大でまた予断を許さない状況になってきてはいますが、昨年よりは多くの酒場に行ける年になってもらいたいですね。

 今年もみんなでがんばろう!

店情報YouTube動画

《令和3(2021)年3月29日(月)の記録》

| | コメント (0)

店情報: やきとり「串八珍(くしはっちん)」(市ヶ谷)

  • Dsc06901z 店名: 炭火焼き鳥 串八珍 市ヶ谷店
  • 電話: 03-3263-2237
  • 住所: 102-0076 東京都千代田区五番町3-1五番町 グランドビル1F
  • 営業: 11:30-14:00 & 17:00-23:00(土は11:30-23:00)、日祝休
  • 場所: 地下鉄市ヶ谷駅3番出口・JR市ヶ谷駅から徒歩1分ほど
  • メモ: 店内禁煙、予約可(45人まで)、カード可・電子マネー可、総席数141席(カウンター18席、テーブル89席、数寄屋18席、いろり16席)、公式サイトあり。(2021年3月調べ)

» 続きを読む

| | コメント (0)

跡継ぎも決まり一安心 … 屋台「一二三(いちにっさん)」(呉)

Dsc07127g

 朝10時半から呑み始めた呉ハシゴ酒。

 6軒目のバー「アンカー」を出たところで午後11時半だ。

 いやぁ、今日もよく飲みました。

 最後の1軒は、呉に来る前から決まっている。蔵本通りの屋台「一二三」である。

 一時期休業していたが、今年に入って店主ご夫妻の娘さんが跡を継ぐことになって、営業が再開されているという噂を聞いていたのだ。

Dsc07128g

 屋台の内部は長方形の形をしていて、一番奥側の長辺が調理場となり、残る3辺が、コの字カウンターのような感じで、お客さんが座る場所になっている。

 全体で10人ぐらいは入ることができるだろうか。

 その一角に腰をおろし、さっそく「焼酎」(450円)を水割りでもらう。

 店は娘さんと、お父さんのお二人で切り盛りしているようだ。

 ここの焼酎は、そのお父さんの『焼酎は濃くなければ美味くない』というポリシーの下、以前から濃いめに作られていた。

 その味わいは変わらないですねぇ。うましっ!

P1140414g

 つまみは? と見ると、いつもの「豚足」(650円)、「豚耳」(650円)、「メザシ」(450円)、「ナスビ」(350円)などに加えて、これまでにはなかった「みそ煮」(330円)がメニューに並んでいる。

 「みそ煮」(鶏皮の味噌煮)もまた呉の名物料理のひとつ。さっそく注文したところ、残念ながら今夜はすでに売り切れでした。

 でも大丈夫。ここ「一二三」に来たら、絶対に食べたい「おでん」(各100円)は大鍋にたっぷりと並んでいる。

Dsc07131g

 そんなお鍋の中から、玉子と厚揚げの二つを取ってもらった。

 あぁ、美味しい。おでんの味も変わってなくてひと安心。

 もしかすると、お母さんは屋台には出てないけれど、料理の準備などは手伝っているのかもね。

 飲みものも、料理も、そして居並ぶお客さんたちの雰囲気も、以前の「一二三」のままだ。

 唯一、違うのは、注文を受けてくれるお母さんの、「よっしゃ!」という、元気な掛け声が聞こえないことか。

 「一二三」の中は、お母さんオンステージだったからなぁ。偉大なる主役が抜けたことで、ちょっとした寂しさを感じるが、これからまた時間をかけて、娘さん時代が構築されていくに違いない。

P1140395g

 振り返ってみると、昭和58(1983)年に就職して、最初の配属先が呉だった。

 その当時、呉の屋台は、飲み屋街のあちこちに点在していたのだが、それから4年後の昭和62(1987)年、蔵本通りの整備に合わせて、屋台も1ヶ所に集められ、ここに屋台街ができあがったのでした。

 呉の屋台は、基本的には空きができたときに一般公募されるのだが、すでに屋台営業をしていた人は、そのまま営業が許可された。昭和51(1976)年に創業した「一二三」も、その1軒である。

 呉市による営業許可は6ヶ月ごとに更新が必要で、営業許可を受けた人は、その権利を譲渡したり、「また貸し」したりすることはできないが、自分で営業することができなくなった場合には、その配偶者か子にならば承継することができるのだ。

 ここ「一二三」もその制度を利用して、子(娘さん)に営業許可を承継したんですね。

P1140327g

 屋台営業が許可されている時間は、屋台の設置及び撤去の時間を含めて、午後4時半から翌日の午前5時までの12時間半。

 それ以外の時間帯は、上の写真のように、まるで何もなかったかのように、普通の歩道に戻しておかないといけないのだ。

 歩道上に白線で区切られている間口4メートル、奥行3メートルの12平方メートル分が1区画。

P1140337g

 昼間の間、屋台はどこにいるかというと、すぐ近くにある屋台専用の駐車場に納まっています。

 閉じたときの屋台の大きさにも決まりがあって、長さ4メートル以内、幅1.5メートル以内、高さ2.2メートル前後。これに合わせて駐車場も仕切られているのです。

P1140349g

 いくらコンパクトに納まっているとはいえ、屋台の重量はけっこうなもの。

 毎日毎日、駐車場から引っ張り出して、自分の店の定位置まで引っ張っていくのは重労働です。

 しかも深夜、午前5時までにまた撤収して、駐車場まで引っ張っていかないといけない。

P1140361g

 この重労働が少しでも楽になるように、三輪バイクでけん引していく店主さんもいらっしゃいます。

 それにしても毎日2回(行きと帰り)のことなので大変ですね。

P1140362g

 「一二三」も、かつてはお父さんが引っ張って、お母さんが後押ししてと、店主ご夫妻の共同作業でご準備されていたものでした。

 今は父娘お二人でご準備されているのかもしれませんねぇ。(未確認です。)

P1140366g

 屋台を定位置にセットしたら、屋根を広げてお店の設営に入ります。

P1140328g

 大きなポイントは屋台設置場所の歩道ぎわにある、この鍵付きの扉。

P1140371g

 この扉の中に、2軒の屋台分の上下水道と電気の設備があって、各屋台はそこに接続して使うようになっているのでした。

 呉の屋台の強い味方です。

P1140373g

 屋台の、おでん鍋や鉄板が置かれる穴の内部にも、鍋や調味料、調理器具類が所狭しと、そして整然と整理して置かれており、準備が進むにつれて、いつもの定位置にセットされていきます。

P1140386g

 見る見るうちに準備は進み、おでん鍋に具材が投入されると、いつもの「一二三」に近い状態になってきました。

P1140410g

 そうこうするうちに陽も落ちてきて、午後6時半、いよいよ「一二三」の開店です。

 午後4時半から準備を開始しても、開店するまで2時間ほどは準備の時間が要るんですね。

 閉店するときも同じ。午前5時までには撤収を終えて、元の歩道の状態に戻さないといけないので、どんなに長くても営業は午前3時半頃まで。

 毎日、毎日、1日2回の引っ越しをしているようなものなんですね。

Dsc07132g

 「焼酎水割り」(450円)をおかわりして、午前1時ごろになると、店内は〆の「中華そば」(550円)の注文が多くなってきた。

 自分自身が若い頃もそうだったけど、よそでたっぷりと飲んだ後、〆の「中華そば」を食べるためだけに屋台に来たりしてましたもんね。

 今もその状況は変わらないようで、日付けが変わるころから、「中華そば」を目指してやって来るお客さんも増えてきた。

 その「中華そば」は、今も変わらずお父さんが作ってくれるんですね。

 私も最後に半ラーメン(スープと具は同じで、麺だけが半分になる)をいただいて帰ろうと思っていたのだが、この時間になってもまだお腹は空かず、たとえ半ラーメンであっても、もう入りそうにない。残念だ。

Img_8228g

 お父さんにお願いして一緒に写真を撮っていただいて、お母さんとも電話でお話しさせていただきました。

 お二人ともお元気そうで、本当に良かった。

Dsc07133g

 午前1時過ぎまで、1時間半ほど楽しませてもらって、今夜のお勘定は1,100円でした。

 呉に来たら、必ず寄りたいこの屋台。これからもますます繁盛することを祈念しながら店を後にした。

 どうもごちそうさま。

店情報前回) 《YouTube動画

《令和3(2021)年4月3日(土)の記録》

» 続きを読む

| | コメント (0)

いいね!塩もつ煮込み …たちのみ処「かすが」(品川)

Img_2720a

 品川駅港南口のエスカレーターで地上に降りて、そのまま直進。横断歩道を渡った正面の、「吉野家」と「やきとり鳥一」の間の細い路地に入っていく。

 ここから続く、人しか通ることができない迷路のような細い路地が、昔ながらの港南の飲み屋横丁なのだ。

 平成15(2003)年に東海道新幹線・品川駅が新たに開業したとき、たくさんの企業が品川駅港南口に進出してきて、この一帯は見る見るうちに高層ビル街になってしまった。

 しかし! そんな高層ビル街の一角にも、昔ながらの呑兵衛横丁が残ってるんですねぇ。

 以前、もつ煮込みで呑んだ、もつ焼き「マーちゃん」も、この路地の中にある。

 今日、目指しているお店は、そのもつ焼き「マーちゃん」のちょっと先にある、たちのみ処「かすが」である。

Img_2719a

 品川経済新聞の記事によると、この立ち飲み屋がオープンしたのは、今から10年前、平成23(2011)年10月26日のこと。

 地元育ちの店主・鄭明珠(てい・みょんじゅ)さんは、この近くのビルの3階で「韓国風居酒屋 かすが」を経営していたが、フロア改装のため閉店し、新たにここに「たちのみ処 かすが」をオープンしたのだそうな。

 1ヶ月ほど前に、品川での飲み会の前にこの辺りを散策していたときに、この店の雰囲気に引かれたのだが、その時は時間がなくて入れなかった。

 今日また、品川での飲み会の予定が入ったので、その前にちょっと早めに出発し、ひとりゼロ次会として、ここにやってきたのでした。

Img_2710a

 店内は、うなぎの寝床のように、奥に向かって細長い造りになっていて、その真ん中を、奥に向かって長い立ち飲みカウンターが貫いている。

 そんな立ち飲みカウンターの奥のほうに立って、カウンター内の厨房で、一人で切り盛りされている女将さんと思われる女性に、まずは「酎ハイ」(363円)と「塩もつ煮込み」(440円)を注文すると、あっという間に「酎ハイ」が出され、「塩もつ煮込み」は小鍋で再加熱して出してくれた。

Img_2709a

 あれれ?

 この「塩もつ煮込み」は美味しいぞ!

 「もつ煮込み」は大好きなつまみのひとつ。

 しかし、このお店は、もつ焼き・もつ煮込みの専門店でもないので、それほど期待せずに注文したのでした。

 ところが! この「塩もつ煮込み」は、そんな期待に(良い方向に)反していて、ものすごく美味しい!

 もつがしっかりとしていて、味付けもいいのだ。

Img_2711a

 改めて壁のメニューを確認してみると、その冒頭部分に「かすがおすすめ」として載っている4品のうち3品が、もつ系の料理。

 もつ系じゃないのは「スタミナ焼肉」(550円)だけである。

 それ以外にも、もつを使った料理が何品かある。

 店主が韓国の人であることに加えて、ここ港南は東京都中央卸売市場食肉市場のおひざ元。もつが美味しいお店が多いのだ。

Img_2714a

 「塩もつ煮込み」の美味しさに気をよくして、2杯めの「酎ハイ」に合わせて、今度は「がつ酢」(330円)を注文した。

 女将さんに、「辛いの大丈夫ですか?」と聞かれたので、「はい。大丈夫だと思います!」と返事した。

 そう返事はしたものの、『思いっきり辛いのが出てきたら、どうしよう……』とちょっと心配しながら、厨房での調理の様子を観察する。

 小鉢に、細かく刻んだガツ(ゆで冷ました豚の胃)がたっぷりと盛られ、そこに何種類かのタレがかけられた。

 最後にゴマと、たくさんの刻みネギがトッピングされたらできあがり。

 「いろいろかかってるので混ぜて食べてくださいね」と言いながら出してくれた。

Img_2716a

 そんな女将さんの言葉に従って、全体をよーくかき混ぜてから、まずひと口。

 あぁ、良かった。ちょうどよいピリ辛感。

 これも美味しいですねぇ!

 普段よくいただいているポン酢味のガツ酢とは、またちょっと違う味わいです。

Img_2718a

 いやぁ、もっと色んなものを食べてみたいけど、この後が飲み会(1次会)なので、この辺でやめておかねば。

 最後にもう1杯、3杯めとなる「酎ハイ」をいただいて、〆とした。

 さっくりと1時間ほどの立ち飲みは、1,850円でした。

 消費税の10円未満は、切り捨ててくれるんですね。どうもごちそうさま。

Img_2728a

 なお、同じ路地内のすぐ近く(もつ焼き「マーちゃん」の向かい)に、平成27(2015)年4月30日にオープンした姉妹店、焼肉「かすが」もあり、たちのみ処「かすが」の女将さんの息子さんたちが切り盛りしているようでした。

 このディープな路地、もうちょっと深堀りしてみたいですねぇ!

店情報YouTube動画

《令和3(2021)年12月10日(金)の記録》

» 続きを読む

| | コメント (0)

店情報: たちのみ処「かすが」(品川)

  • たちのみ処 かすが 店名: たちのみ処 かすが
  • 電話: 03-3458-0255
  • 住所: 108-0075 東京都港区港南2-2-5
  • 営業: 11:30-24:00、日休
  • 場所: 品川駅港南口の下りエスカレーターで地上に降りて直進。横断歩道の先の「吉野家」と「やきとり鳥一」の間の細い路地に入り、道成りに進む。左手に焼肉「かすが」が現れるが、それは姉妹店。右手の「もつ焼 マーちゃん」の先を右に曲がった先の左側にあるのが、たちのみ処「かすが」。品川駅港南口から徒歩3分(360m)ほど。
  • メモ: 2011年10月26日オープン。うなぎの寝床のように細長い店内は、奥に向かって長く続くL字の立ち飲みカウンター10名程度(店舗面積4.5坪、最大収容数20名)。店主は地元・港南口エリア育ちの鄭明珠(てい・みょんじゅ)さん。以下()内の価格は税込。
    〔食べもの〕《かすがおすすめ》牛すじ煮込み500(550)、塩もつ煮込み400(440)、スタミナ焼肉500(550)、辛味噌ホルモン500(550)。
    《スピードメニュー》ポテトサラダ300(330)、大根漬300(330)、オニオンスライス250(275)、枝豆250(275)、きゅうり250(275)、トマト250(275)、冷奴250(275)、韓国のり250(275)。
    《揚げ物・一品》鶏のから揚げ400(440)、もつ竜田揚げ380(418)、ごぼう唐揚げ380(418)、フライドポテト350(385)、チョリソー400(440)、玉子焼300(330)、ガツ酢300(330)。
    《食事メニュー》辛ラーメン(牛すじ入り)600(660)、コムタン麺(塩もつ入り)600(660)、すじ玉うどん600(660)、ナポリタン600(660)。
    〔飲みもの〕《ハイボール》角ハイボール360(396)、角ハイジンジャー450(495)、角ハイコーラ450(495)、ダブル+70(77)、サントリー知多 風香るハイボール480(528)。
    《焼酎(ロック・水割)(ソーダ割+50(55))》〈麦〉知心剣450(495)、二階堂450(495)。〈芋〉黒霧島450(495)、黒甕450(495)、一刻者480(528)。
    《サワー(濃いめ+50(55))》酎ハイ330(363)、レモンサワー330(363)、グレープフルーツサワー330(363)、ウーロンハイ330(363)、緑茶ハイ330(363)、トマトサワー400(440)、とうもろこし茶ハイ360(396)。
    《韓国焼酎(ロック・ソーダ割)》〈甲類〉JINRO DRY 360(396)。
    《ビール》〈生ビール〉ザ・モルツ380(418)。〈瓶ビール〉アサヒスーパードライ(中)580(638)。
    《カクテル》カシスソーダ430(473)、カシスウーロン430(473)。
    《果実酒(ロック・水割・ソーダ割)》梅酒400(440)、はちみつゆず酒400(440)。
    《日本酒》松竹梅400(440)、八海山580(638)。
    《マッコリ》マッコリ400(440)、マッコリサワー450(495)、純生マッコビー580(638)。
    《ソフトドリンク》ウーロン茶250(275)、緑茶250(275)、とうもろこし茶250(275)、ジンジャーエール250(275)、コーラ250(275)。(2021年12月調べ)

» 続きを読む

| | コメント (0)

なかなか通りの名酒場 … 「BAR ANCHOR(バー アンカー)」(呉)

Dsc07114f

 久しぶりの呉呑みの続きです。

 午前10時半の「森田食堂」から始まって、お食事処「寿」「くわだ食堂」ビヤハウス「オオムラ亜」「鳥乃家」と5軒の酒場をハシゴし、今日の6軒めは「BAR ANCHOR」だ。

 呉に単身赴任していたときに、このすぐ近くに住んでいたので、このバーには本当によく通った。

 呑みの始まりは必ず「オオムラ亜」で、〆はここか、呉の屋台のどっちかだったなぁ。

Dsc06981f

 以前の営業時間は『19:00~03:00、月曜定休』だったが、現在は『火~金は19:00~01:00、土・日は13:00~24:00、月曜定休』となっているようだ。

 土・日には昼呑みができるようになったというのが嬉しいなぁ。

 今日も土曜日。現在の時刻は午後10時過ぎながら、「BAR ANCHOR」は、昼からずっと営業してたんですね。

Nakanaka_f

 「BAR ANCHOR」の前の、本通りと中通りの間のこの通りのことを「なかなか通り」と呼ぶんだそうな。

 呉のタウン情報誌、月刊「くれえばん」の、2019年9月号で、「なかなか通り」のことが紹介されているので、その頃から、この呼び名が定着してきたのではないかと思われる。

 上の写真が、その「くれえばん2019年9月号」のページの一部。「なかなか通り」の札を手にして立っている男前が、「BAR ANCHOR」を一人で切り盛りされているオーナーバーテンダー、森貞慶章(もりさだ・よしあき)さんです。

Nakanaka2f

 この「なかなか通り」には、「BAR ANCHOR」のすぐ近くだけでも、ジンギスカン焼「關白」や「桐の木」、「花月」などの人気店が並んでいるのだ。

Dsc07119f

 さて「BAR ANCHOR」。

 以前から、ここに来るといつも、季節のフルーツカクテルをいただいている。

 オーナーバーテンダー・森貞さんの作るカクテルは、どれをいただいてもハズレはないのだが、瀬戸内というこの地域の特性もあってか、フルーツカクテルは特に美味しいように感じるのだ。

 他の店でバーテンダーとしての修業をつんだ森貞さんが、ここにご自身の店、「BAR ANCHOR」を開店したのは平成20(2008)年のこと。その時、森貞さんは28歳だった。

 それから13年。今や明らかに呉を代表するバーの1軒である。

Dsc07120f

 さぁ来た。今日のフルーツカクテルは、イチゴのカクテルだ。

 どこのイチゴを使っていて、そのイチゴにどんな特徴があるのか。

 そんなことも、きっちりと森貞さんにご説明していただいて、「なるほど、それでこんなに美味しいんですね!」と深く感動したのに、すでに6軒めでヘベレケのおじさんの記憶には留まっていないのが残念だ。

 カクテルの画像は、外部記憶装置であるカメラにしっかりと残ってるのになぁ。

 たくさん飲んだ後は、音声記録か動画記録で残さないとダメかもね。

Dsc07121f

 こちらはお通しのサンドイッチとチョコ。これも含んで、テーブルチャージは500円である。

 外部記憶装置が必要になるほど飲まなけりゃいいんだけど、久しぶりの呉なので、行きたい酒場には、できるだけ行っておきたい。

 本当は、焼肉・なべ「ほらふき」、ジンギスカン焼「關白」、料理屋「」、お好み焼き「のぶ」、「本家鳥好」、スタンド「シロクマ」、伊酒屋「ヴェッキオ」、お食事処「一つ家」、田舎洋食「いせ屋」などを始めとして、行きたい店は、他にもまだまだあるんだけれど、1日では時間が全く足りず、自分が飲み食いできるキャパシティーも全く足りないなぁ。

Dsc07122f

 2杯めは、これまたいつものようにウイスキーをもらう。

 「BAR ANCHOR」は、私のウイスキー勉強の場でもあるのだ。

 なにか珍しいものをとお願いしたら、出してくれたのが「THE GLENLIVET 12 ILLICIT STILL(ザ・グレンリベット12年イリシット・スティル)」だった。

 これは密造酒時代(Illicit Days)の、冷却濾過を行わないノン・チルフィルタード製法で造ったウイスキーなんだそうな。

Dsc07124f

 ちなみに、右側が通常の「THE GLENLIVET 12(ザ・グレンリベット12年)」。

 左側の丸っこいボトルは、最古の「ザ・グレンリベット」のボトルデザインに由来したものとのこと。

 いつ来ても、今まで飲んだことがないウイスキーがあるというのも、「BAR ANCHOR」の素晴らしいところなんだよなぁ。

Dsc07125f

 ゆっくりと1時間半ほど楽しんで、今夜のお勘定は2,900円でした。

 どうもごちそうさま。来れて良かった。

店情報前回) 《YouTube動画

《令和3(2021)年4月3日(土)の記録》

» 続きを読む

| | コメント (0)

久しぶり日曜よじかわ … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

Img_1711a

 久しぶり、日曜『よじかわ』である。

 『よじかわ』というのは、「寄り道Blog」の寄り道さんの造語で、開店時刻の午後4時から「川名」で飲むことを言う。

 なかでも、日曜『よじかわ』は、みんなで土曜日に思いっきり飲んだ後、日曜日の午後4時に、再び「川名」に集まって飲もうという、連日の厳しい飲み会を表す合言葉でもあったのだ。(詳細はこちら。)

Img_2223a

 そんな厳しい連日飲みとは無関係に、今日はひとりでゆっくりと日曜『よじかわ』である。

 振り返ってみれば、昨年の最初の緊急事態宣言(2020年4月7日~5月25日)以降、すっかり家飲みが定着。

 仕事帰りはもとより、こうしてお休みの日曜日に飲みに出かけたりすることもなくなっていました。

 アクリル板で、ひとり分ずつが区切られた「川名」のカウンター席の一角に腰をおろし、アサヒスーパードライ、サッポロラガー、キリンクラシックラガーが選べる「ビンビール(大瓶)」(528円)を、サッポロでもらってスタートする。

 合わせて出されるお通し(席料110円)は、2切れのみかん。「川名」のお通しは、必ず果物なのです。

 家飲みのときはいつも、手軽にスッと楽しめる「タカラ焼酎ハイボール<ドライ>」をいただいているので、久々のビールが、とても美味しく感じるなぁ!

Img_2224a

 1品めのつまみとして注文したのは「牛すじ煮込み」(330円)。

 早い時間に売り切れてしまうことが多い、人気の逸品なので、早めに注文しないといけないのだ。

 「牛すじ煮込み」と言いつつも、大根やゴボウなどの野菜が多いのも特徴のひとつ。特にゴボウが美味しいのです!

 ここ「川名」では、店頭でも持ち帰り用の焼き鳥を販売しているのだが、「牛すじ煮込み」も持ち帰ることができる。

 私も家飲み用に、ここで焼き鳥を買って帰る時には、残っていれば「牛すじ煮込み」も買って帰ってました。

Img_2230a

 「牛すじ煮込み」をつまみに大瓶ビールを飲み切って、続いては「燗酒2合」(528円)をもらって、今日のホワイトボードメニューから「銀鮭炭焼」(286円)を注文した。

 出張時の夕食で、全国各地の酒場で飲んでいると、改めて東京の大衆酒場のお酒やつまみの安さ、美味しさに気づかされる。

 ここ「川名」でも、「燗酒1合」が286円と、300円未満で1合の日本酒をいただくことができる。2合だと528円(1合あたり264円)とさらに安い。

 ちなみに徳利には「大関」、猪口には「白雪」と書かれているが、日本酒の銘柄は「蔵しぼり」とのこと。

Img_2227a

 こちらが今日のホワイトボードメニュー。

 定番のメニューに加えて、刺身など、その日の日替りメニューが、このボードに書き出されるのである。

 刺身も含めて、すべてのメニューが500円未満というのも嬉しいところ。

 そんなホワイトボードメニューの最後尾に書かれている「紋甲げそ串」(176円)も気になっていたのだが、あっという間に売り切れた。残念!

Img_2228a

 刺身も「川名」の自慢の品。

 「かつおブツ」(330円)も、今日の自信の逸品だったようで、他のお客さんから注文が入ったのに合わせて、少しだけ小皿に盛って、サービスで出してくれた。

 ビシッとエッジが立った「かつおブツ」。これまた美味しいですねぇ!

Img_2231a

 「銀鮭炭焼」も焼き上がってきた。

 ここの焼魚は、すべて焼き鳥を焼くのと同じ焼き台で、炭火で焼き上げてくれるので、なんだかとっても美味しく感じる。

 カリッと焼けているのに、中がジューシーなのがいいんだなぁ。

 「銀鮭炭焼」だけを写真に撮ったのでわかりにくいが、この一切れがけっこう大きいのもありがたい。

 添えられているレモンの大きさから、「銀鮭炭焼」の大きさを類推していただけるでしょうか。

Img_2242a

 「燗酒2合」も残り少なくなってきたので、次は何を飲もうかと、改めて店内のメニューを確認する。

 すると、テーブル席横に掲げられているメニューに、芋焼酎「一刻者いっこもん(紫)」があることを発見。

 水割、ロック、サワー、お湯割が、それぞれ418円とのことなので、お湯割で注文した。

Img_2233a

 すぐに出された芋焼酎お湯割を見てびっくり!

 なんと、生ビール用のジョッキにたっぷりとつがれている。

 うひゃひゃ。呑兵衛にとっては、なんとも嬉しいかぎり。ありがとうございます。

Img_2237a

 芋焼酎お湯割に合わせて注文したのは「豚皮串」(132円)。

 タレと塩で1本ずつ、合計2本を焼いてもらった。

 定番の「白もつ」(132円)や「鳥皮」(132円)、「ぼんじり」(143円)なども、もちろん美味しいのだが、よそでは食べられない「豚皮串」は、ここに来たら必食の逸品です。

Img_2241a

 最後にもう一品と注文したのが「キムチ」(198円)。

 ここ「川名」では、普通の「白才漬」(132円)も、ヌルキムチ(水キムチ)のような感じで、ちょっとキムチがかっているので、きっと「キムチ」も美味しいだろうと思って注文してみたのでした。

 出てきた「キムチ」は、色合いも濃くて、けっこう漬かってる感がありますねぇ。

 どーれどれ。

 うわっ! この「キムチ」は、ビリビリと、すっごく辛い!

 この辛さが、ふんわりと甘い芋焼酎お湯割のいいつまみになりますねぇ。

 ちょうど横を通りかかったエミさん(お店のママ)に、「これ、自家製?」と聞いてみると、違うとのこと。

 あれこれと試してみて、やっとこのキムチにたどり着いたんだそうな。

 辛いキムチが好きな人は、ぜひお試しください(笑)。

Img_2239a

 午後6時半まで、ゆっくりと2時間半の『酒場浴』。

 大瓶ビール、燗酒2合、ジョッキの焼酎お湯割りに、つまみが4品でのお勘定は、2,662円。

 いつものようにPayPayで支払って、お店を後にしたのでした。

 どうもごちそうさま。

店情報前回) 《YouTube動画

《令和3(2021)年11月21日(日)の記録》

» 続きを読む

| | コメント (0)

«都内での一人呑み再開 … 立呑み「やきや」(荻窪)