« 冷トマト+マヨネーズ … 立飲「やきや」(中野) | トップページ | やきや版エロうま豆腐 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

注文の品は決まってる … パブ「ブリック(BRICK)」(中野)

トリハイとグリルドサンド


 荻窪「やきや」、中野「やきや」とハシゴして、現在の時刻は午後9時過ぎ。

 せっかくなのでもう1軒、寄っていきますか。

 となると、やっぱりサントリーパブ「ブリック」か。

 しかも飲みもの、食べものまで決まってる。

 飲みものはいつもの「トリハイ」(200円)だし、食べものは前回久しぶりにいただいて、改めてその美味しさに感動した「グリルドサンド」(450円)だ。

 ここまで心が決まって、席がいてなかったらショックだなぁ。

『どうか空いてますように』

 そう念じながら、「やきや」のある中野駅南口側から、「ブリック」のある北口側へと移動する。

 「ブリック」に到着し、歴史を感じさせる木の扉を、よっこいしょと開ける。

 あぁ、良かった。カウンターに空席がある。

 ここ「ブリック」の本来の流れは、まず飲みものを注文し、その飲みものをいただきながら、手渡される料理メニューから料理を選んで注文する。すると、何品か用意されているお通しの中から、注文した料理と被らないお通しを選んで出してくれる、というもの。

 でも今日は、飲みものも食べものも、もう決まっているので、

「トリハイとグリルドサンドをお願いします」

 と、最初の注文で飲みものも食べものもいっぺんに注文した。

 するとあっという間に作ってくれるトリハイとともに、お通し(300円)には枝豆を出してくれた。

 トリハイは、「トリス」で作ったハイボール(ウイスキーの炭酸割り)のこと。

 「トリス」は、戦後間もない昭和21(1946)年に発売され、その後1955年ごろから、日本の各地に「トリスバー」ができ、トリハイがブームになった。

 銀座の「ブリック」(1951年創業)、松山の「露口」(1958年創業)なども、そのころに登場。ここ中野「ブリック」も、東京オリンピックが開催された1964年に、トリスバーとして開店した。

 しかし、高度成長期に入って、トリスは置かなくなったんだそうな。

 私が大学生だった、今から40年ほど前に、すでに「学生はホワイト、会社員はダルマ(オールド)、会社の偉い人はリザーブ」なんて図式ができてたぐらいだから、トリスやレッドはお呼びじゃなかったのかもしれない。

 ここ中野「ブリック」で、そんなトリスが復活したのは昭和60(1985)年のこと。

 そのころブームになった酎ハイに対抗するために、トリハイを復活させたんだそうな。

 大きめのグラスに、きっちりと1ジガー(45ml)分のトリスを計量して作られる「ブリック」のトリハイ。最後にピッとレモンピールで仕上げてくれる。

 これが200円なんだから、酎ハイもびっくりだ!

 グリルドサンドが焼き上がってきたところで、トリハイをおかわり。

 このグリルドサンドが、本当にいいつまみになるんだなぁ。

 さっくりと1時間ほど楽しんで、お勘定は1,270円なり。どうもごちそうさま。

 ちなみに1,270円の内訳は、注文合計の1,150円に、税+サービス料らしき10%(10円未満切り上げ)の120円が加算されたもの。とっても明朗会計です。

Img_0350c Img_0354c Img_0355c
「ブリック」 / トリハイ / お通しの枝豆

Img_0357c Img_0360c Img_0361c
トリハイおかわり / グリルドサンド / コンビーフ&玉ネギ

Img_0362c Img_0363c Img_0365c
ハム&チーズ / マカロニサラダ / ごちそうさま

店情報前回

《平成30(2018)年6月16日(土)の記録》

|

« 冷トマト+マヨネーズ … 立飲「やきや」(中野) | トップページ | やきや版エロうま豆腐 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 注文の品は決まってる … パブ「ブリック(BRICK)」(中野):

« 冷トマト+マヨネーズ … 立飲「やきや」(中野) | トップページ | やきや版エロうま豆腐 … 立呑み「やきや」(荻窪) »