« 店情報: 小料理「想樓門 -ソロモン-」(三宮) | トップページ | 店情報: 駅前「一天張(いってんばり)」(西舞鶴) »

路地裏の美人女将の店 … 小料理「想樓門 -ソロモン-」(三宮)

店内の様子


 神戸にやって来た。

 そして、神戸在住のMさんに連れてきていただいたのが、Mさん行きつけの小料理屋、「想樓門 -ソロモン-」だ。

 三宮各駅から北野坂へ徒歩5分ほどなんだけど、店は路地から、さらに小さな路地に入ったような場所にあって、まさに隠れ家風の店である。

 ひとりでもう1回行けと言われると、行けないかもなぁ。

 店名が「想樓門 -ソロモン-」で、和服に割烹着の美人女将がひとりで切り盛りしている店というと、ついついスナック風の店を想像してしまったりするが、この店は違う。

 入口を入って右手のカウンター席の上には、大皿料理のお惣菜が並んでいて、しかもそれらが安い。

 たとえば今日、黒板に書き出されているお惣菜は、きずし、出し巻、メザシ、板わさ、アスパラ炒め、ウインナー炒め、ししゃも、ギョーザ、レーズンバター、ハンバーグ、クリーミーコロッケ、エイのヒレ、剣先スルメ、湯どうふ、サンラータンとうふ入りなどが並んでいて、いずれも500円。

 おまかせコースも、ひとり2,000円からとリーズナブルだ。

 特に生ビールは、1杯が200円というから驚いてしまう。

 我われ5人は、入って左手のテーブル席に座り、さっそくその生ビールをもらって乾杯する。

 「料理はいつものように適当に出してね」とMさん。

 カウンター席には、会社員らしき男性二人連れ、男性ひとり客、そして女性ひとり客もいる。

 お惣菜系のつまみが多く、〆のごはんものも、ダッタンそば、チャーハン、出し茶漬、ソロモン丼(とうふ丼)、サンラータンメン、キムチ焼うどんなどと充実してるので、単身赴任族の夕食処としても良さそうだもんなぁ。

 生ビールに続いては、Mさんがキープしている芋焼酎「三代目 和助」を水割りでいただく。

 このあとの二次会も考慮して、満腹になってしまわないように、おまかせ料理の最後は、ギョーザを出してくれたんだけれど、「カレーも食べたいなぁ」とMさん。

 自家製ビーフカレーも、この店では名物的な料理なんだそうだ。

 女将さんはマグカップに自家製ビーフカレーを入れて、軽くトーストしたフランスパンと一緒に出してくれた。

 このカレーが美味しかったなぁ。

 それでもMさんは、「やっぱりごはんがいる!」と、がっつりとカレーライスもいただいてました(笑)。

 どうもごちそうさま。

 こっちに来る機会があれば、ぜひまた来たいお店です。

Img_4748ajpg Img_4758a Img_4750a
「想樓門 -ソロモン-」 / 店内のメニュー / 子持ちメカブ

Img_4751a Img_4752a Img_4756a
生ひじきの炒め煮 / 生さんま刺身 / 炙りまぐろ

Img_4763a Img_4766a Img_4765a
すじこん / ギョーザ / 自家製ビーフカレー

店情報

《平成30(2018)年8月29日(水)の記録》

|

« 店情報: 小料理「想樓門 -ソロモン-」(三宮) | トップページ | 店情報: 駅前「一天張(いってんばり)」(西舞鶴) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路地裏の美人女将の店 … 小料理「想樓門 -ソロモン-」(三宮):

« 店情報: 小料理「想樓門 -ソロモン-」(三宮) | トップページ | 店情報: 駅前「一天張(いってんばり)」(西舞鶴) »